使えるアプリ

PayPayペイペイボーナス運用を他社のポイント運用と比較してみた!ポイント運用とポイント投資の違いも合わせて

PayPayボーナス運用と似た他のポイント投資との違いを比較してみましょう。

スポンサーリンク

「ポイント投資」と「ポイント運用」の違い

まず、ポイント投資系のサービスは、PayPayボーナス運用のようなポイントをポイントのまま運用する「ポイント運用」とネオモバや日興フロッギーのようなポイントで実際に株式やファンドを購入が可能な「ポイント投資」の2種類に大別できます。

※表は横にスライドできます。

項目 ポイント運用 ポイント投資
内容
  • ポイントのまま運用する
  • ポイントとして引き出す
  • ポイントで株や投信が買える
  • 売却すれば「現金」になる
具体的な
サービス
  • au PAYポイント運用
  • PayPayボーナス運用
  • dポイント投資など
  • ネオモバ
  • 楽天ポイント投資
  • 日興フロッギーなど
利用可能な
ポイント
  • Pontaポイント
  • PayPayボーナス
  • dポイントなど
  • Tポイント
  • 楽天ポイント
  • dポイントなど

 
将来的に、ポイントを現金化したいなら「ポイント投資」系サービス、ポイントをポイントのまま使うなら「ポイント運用」系を選びましょう。
次に、具体的に、ポイント投資・ポイント運用のサービスの特徴を比較していきます。

ポイント運用=ポイントのまま運用(ポイントで出し入れ)

※表は横にスライドできます。

PayPayボーナス運用 Pontaポイント運用 dポイント投資
証券会社 One Tap BUY 口座開設不要 NTTドコモ
利用可能な
ポイント
PayPayボーナス Pontaポイント dポイント
現金化の可否
利用可能な
投資商品
ETF auアセットマネジメントの投資信託 投資信託など
特徴
  • 手数料無料
  • 2種類の運用コース
  • 手数料は投資信託の信託報酬のみ
  • 1種類の運用コースは
  • 手数料無料
  • 7種類の運用コース

 

ポイント投資=ポイントで株や投資信託を購入(現金化)

※表は横にスライドできます。

Tポイント投資 楽天ポイント投資 フロッギー LINEポイント投資 ネオモバ
証券会社 SBI証券 楽天証券 SMBC日興証券 LINE証券 SBIネオモバイル証券
利用可能な
ポイント
Tポイント 楽天ポイント dポイント LINEポイント Tポイント
現金化の可否
利用可能な
投資商品
投資信託 日本株・投資信託 日本株 国内株・投資信託 日本株
特徴
  • 投資信託は100Pから
  • 投信の保有金額が応じて毎月ポイントが貰える
  • 投資信託は100Pから
  • 日本株は100株単位での購入が必要
  • 投信の保有金額が応じて毎月ポイントが貰える
  • 買付手数料無料
  • 期間限定ポイントも使える
  • 単元株の場合買付手数料無料
  • 単元未満株の場合手数料がやや割高
  • 月額制の料金体型毎月
  • 200ポイント貰える
  • 1株からIPOも

 
まず、大きく違う点は、ポイントの現金化の有無です。PayPayボーナス運用・Pontaポイント運用・dポイント投資の場合、ポイントをポイントのまま運用し、出し入れもポイントのままですが、他の投資サービスは、ポイントで実際に株や投資信託の購入をするので 投資商品売却後は現金になります。

基本的には、自分で貯めやすいポイントしか回せないので、投資か運用かは各ポイントの種類によって金融商品(株/投資信託)が限定されます。
少額ポイントで株式投資をするなら「ネオモバ」や「日興フロッギー」、投資信託の運用なら「楽天証券」や「SBI証券」を利用するのがオススメです。

↓↓↓ メイン記事はコチラから ↓↓↓

PayPay(ペイペイ)ボーナス運用はお得に稼げるのか?実際にノーリスクで始める方法で試してみた! 投資と運用ってよくわかんないけどやってみたい!でも損するのは嫌だ!という人におすすめなのが、ポイント運用が人気です。今はdポイン...

 

スポンサーリンク