「PayPay(ペイペイ)モール」と「Yahoo!ショッピング」の違いって何?他のサイトより値段が安いのか検証してみた!

 

 

「Yahoo!ショッピング」で商品検索すると「PayPay(ペイペイ)モール」の商品も出てくるけど、繋がってんのかと思ってたら違うサイトだったのねーーー!

といまさら知ったのですが、わざわざ二分化する意味って何なんだろう?と思い今回は「Yahoo!ショッピング」と「PayPay(ペイペイ)モール」の違いについて調べてみました!

 

 

PayPay(ペイペイ)モールとは

画像引用元:PayPayモール公式HP

 

PayPay(ペイペイ)モールは、2019年10月17日にヤフーが新たにオープンしたネット通販サイトです。すでに「Yahoo!ショッピング」があるのになんで?となりますが、運営側のヤフー曰く「PayPay(ペイペイ)モールとは、厳選された店舗だけが出店できるYahoo!ショッピングの上位版」と説明しています。Yahoo!ショッピングの出店基準は非公開なので簡単に比較はできませんが、条件をみてみると確かにPayPay(ペイペイ)モールの出店はハードルが高いです。PayPay(ペイペイ)モールに出店するには下記のどれかひとつの条件をクリアしていないと出店できません。

 

 

【条件①】Yahoo!ショッピングベストストアアワード受賞歴があり、かつ、過去約90日間において80%以上の期間、「優良店」であること。
「優良店」とは、ヤフーが指定するストアパフォーマンスに基づき、「優良店」と認定された出店者。

 

【条件②】Yahoo!ショッピング経由での年間流通が1.2億円(税込)以上、かつ、過去約90日間において80%以上の期間、「優良店」であること。
「優良店」とは、ヤフーが指定するストアパフォーマンスに基づき、「優良店」と認定された出店者。

 

【条件③】上場企業または上場グループに属する企業であること。

 

【条件④】(グループを含む)企業年商 100億円以上(「家電」カテゴリのみ 500億円以上)であること。

 

主な出店ストアは、ZOZOTOWN LOHACO ヤマダ電機 ケーズデンキ コジマ ソフマップ ダイソン GODIVA 丸三食品株式会社 Joshin webなど、知名度のある店舗が集まっています。中には、小規模店も出店していますがヤフーが定める出店条件①をクリアしている「優良店」となります。安心して使えるストアだけを厳選することにこだわっているので、高品質な商品と配送は安心できます。テーマどおりの「ワンランク上のお買い物体験」を、実現するためにYahoo!ショッピングのお店と差をつけています。

 

・ストア評価の高いお店

・高評価商品レビューが多いお店

・商品が早く届くお店

 

PayPay(ペイペイ)モールもYahoo!ショッピングも、Yahoo!が運営しているショッピングモールですが、違いは出店する際の「条件」です。

 

 

 

Yahoo!ショッピングとPayPay(ペイペイ)モールの違い

 

画像引用元:PayPayモール公式HP

 

PayPay(ペイペイ)モールとYahoo!ショッピングの違いは審査基準です。それにともないPayPay(ペイペイ)モールは次の特徴があります。

 

ストア評価が高い

PayPay(ペイペイ)モールは「ストアレビューの評価が良い」ことを出店基準の一つにしています。評価の高いショップばかりなので安心して買い物ができます。

 

高品質な商品がそろう

PayPay(ペイペイ)モールは「商品レビューの評価の高さ」も審査基準の一つなので、購入者が満足した高品質な商品がそろっています。

 

商品が素早く届く

PayPay(ペイペイ)モールは「発送の早さ」も出店基準の一つです。商品を早く発送し遅延が少ないストアが選ばれています。PayPay(ペイペイ)モールアプリだと、商品が発送されると通知がくるので配送状況もリアルタイムで分かります。

 

商品の返品や交換ができる

商品を受け取って14日以内なら商品を返品・交換可能です。ストアによって受付期間が異なる場合もあるので確認は必要です。

 

公式ストアが充実している

PayPay(ペイペイ)モールはブランドなどの公式ストアが多いです。公式ストアなので偽物の心配がなく安心して買い物が楽しめます。

 

 

PayPay(ペイペイ)モールは検索がしやすいサイト構成

PayPay(ペイペイ)モールは、商品を探しやすいサイト構成となっているので、たくさんの商品の中から簡単に検索できます。大きくジャンルを分けると「ファッション」「家電」「食品」「コスメ」「インテリア」で、ジャンルごとに検索結果の表示は異なります。なかでも画像が重要な「ファッション」カテゴリーは、画像表示に重点を置いているので選びやすいです。さらにおすすめのコーディネート画像も多いので、ネットショップの弱点となる実物を手にできない部分を解消しています。
さらに、商品を閲覧をしたあとは、履歴から類似商品をピックアップしてくれるので、自分の知らないブランドとも比較ができて選択肢が広がる魅力的なサービスです。

 

 

PayPay(ペイペイ)モールに出店するメリット

出店するショップがPayPay(ペイペイ)モールに出店するメリットは何でしょう?1つめは「信用できるショップ」というアピールができるところです。厳しい条件をクリアしたお店だけが出
店できるので、「PayPay(ペイペイ)モールに出店=信用できる」と言えそうです。さらに、PayPay(ペイペイ)のキャンペーンが集客をしてくれるので広告的な効果も期待できます。

出店メリットがある分、それに見合った手数料も請求されます。PayPayモールでは売上の3%の手数料がかかります。Yahoo!ショッピングでは売上に応じた手数料は2013年に中止されています。Yahoo!ショッピングでは初期費用や月額利用料、売上のロイヤリティは無料なのでお店サイドはお得です。Yahoo!ショッピングで徴収している、売上の2.5%の「ポイント原資負担金」もPayPay(ペイペイ)モールで採用されています。

 

PayPay(ペイペイ)モールのメリット

次に消費者の側から見たPayPay(ペイペイ)モールの特徴をみてみましょう。

 

出店ストアが信頼できる優秀店

Yahoo!ショッピングでは、Yahoo!ショッピングへの出店数を増やすために採用していた「売上に応じた手数料制度」を2013年に廃止しました。
「売上に応じた手数料制度」は思惑どおり出店ストアは増えましたが、個人・法人が入り混じった状態で、対応のいいお店と良くないお店が混在する結果となります。
そこで、ヤフー側としては信用のおけるモールを構築するために厳しい条件を定め、線引きをするためにPayPay(ペイペイ)モールを上位ランクショップ専門店として質を高めました。
PayPay(ペイペイ)モールの出店基準は簡単ではなく、販売手数料もupすることにより、購入者からの信用を得るサイトを作りだしました。

全店共通で「14日間返品可能」

PayPay(ペイペイ)モールでは、商品到着後14日以内であれば返品ができます。これ、PayPay(ペイペイ)モール全体の共通ルールなんです!
Yahoo!ショッピングは、出店しているストアごとに返品の対応が決められていて、ほかのネット通販サイトも出品しているストアによって返品対応が変わってきます。
PayPay(ペイペイ)モールの「全店共通」の返品ルールは、いちいちお店ごとに返品ルールを確認する手間がなく利用しやすいサイトになっています。

 

サイト名 返品ルールの設定
Yahoo!ショッピング 各ショップごと
楽天市場 各ショップごと
ポンパレモール 各ショップごと
Amazon Amazon.co.jpの販売商品は30日以内の返品・交換が可能。
マーケットプレイスの出品者の一部の出品者は各ショップごと。

 

ネットショッピングでは自己都合での返品・交換がNGなことがありますが、PayPay(ペイペイ)モールなら、購入した商品を受け取ってから14日以内であれば、「商品の不具合やトラブル」や「購入者都合」でも購入した商品を返品・交換できます。(一部ストアは、返品・交換の受付期間が違う場合あり。)
返品や交換の連絡がつきにくいトラブルが発生しても、PayPay(ペイペイ)モールなら、カスタマーサポートでも対応してくれるようです。

 

 PayPay(ペイペイ)残高が貯まりやすい

「PayPay(ペイペイ)」の名のとおり、PayPay(ペイペイ)モールでは「PayPay(ペイペイ)残高」が貯まりやすい内容です。普段からPayPay(ペイペイ)を使っている人には、ネットでも使いやすい場所のひとつとしてPayPay(ペイペイ)モールの存在はうれしい存在です。PayPay(ペイペイ)残高のボーナス(ポイント)の貯まり方をみてみましょう。

 

 

PayPay(ペイペイ)モールで貯まるポイント

つぎは、PayPay(ペイペイ)モールでのポイントについて。PayPay(ペイペイ)モールのポイント還元では「Tポイント」と「PayPay(ペイペイ)ボーナス」の2種類のポイントが貯まります。

 

Tポイント ストアポイントで1%(通常ポイント)還元
PayPayボーナス PayPayモール(Yahoo!ショッピング含む)で獲得できるポイントは「PayPayボーナス」か「PayPayボーナスライト」のどちらかで、それぞれ有効期限や機能が違うので注意!PayPay決済での消化される優先順位は、機能が使いづらい残高から優先される。

 

PayPay残高
の種類
PayPayマネー PayPayマネー
ライト
PayPay
ボーナス
PayPayボーナス
ライト
内容 銀行口座・セブン銀行ATM・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金でチャージした残高。 「Yahoo! JAPANカード」や「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」でチャージした残高。 特典やキャンペーン等で進呈された残高。 特典やキャンペーン等で進呈された残高。

 

出金
送金
わりかん
有効期限
なし 60日間
ポイント消化の
優先順位

 

 

PayPay(ペイペイ)モールでのポイント還元率

画像引用元:PayPayモール公式HP

 

PayPay(ペイペイ)モールとYahoo!ショッピングのポイント還元率は画像のとおりです。(2020年11月現在)

 

内容 PayPay
モール
Yahoo!
ショッピング
PayPay
STEP
PayPay連携 +2% 0%
サービス利用 +2% +1%
ヤフーカード利用 +2% +1%
Yahoo!プレミアム会員 +2% +2%
PayPay残高決済  +1% +1%
ストアポイント +1% +1%
ソフトバンクスマホユーザー
じゃなくても(日曜日のみ)
+5% +5%
ポイント還元合計 最大15%還元 最大11%還元

 

このように、PayPay(ペイペイ)モールでは独自のポイント制度やキャンペーンポイントが付与されるので、Yahoo!ショッピングよりポイント還元率が高くなっています。

 

 

PayPay(ペイペイ)&ヤフーカードと連携したキャンペーンでお得

PayPay(ペイペイ)モールではPayPay(ペイペイ)と連携したサービスを受けられるのが特徴ですが、言い方を変えれば、PayPay(ペイペイ)残高やYahoo! JAPANカードを利用しない場合は還元がなく、結果的に割高な買い物になってしまう可能性があります。(ストアポイントだけはTポイントで対象金額の1%が付与されます。)
お得に買い物をするには、PayPay(ペイペイ)やYahoo! JAPANカードの発行をしましょう。どちらも無料で利用できます。

 

 

PayPay(ペイペイ)モールは安いのか?検証してみた

ポイント還元が魅力のPayPay(ペイペイ)モールですが、実際他のサイトと比べて安く買えるのか?検証してみました。
今回はパナソニックの電子レンジ「NE-FL221」で、ほかのサイトでの販売価格と比較してみました。(価格は2020年11月2日時点)

 

価格.comでの結果

まずは、価格.comの最安価格が、22,831円でした。

 

最安値 22,831円
獲得予定
ポイント
実質 22,831円

 

 

Amazon(アマゾン)での結果

Amazonでの価格は下記のとおり。

 

最安値 24,991円
獲得予定
ポイント
(Amazonポイント)
250円相当
差し引き
実質 24,741円

 

価格.comにランクすると第7位くらいです。Amazonポイントがたくさん貯まって使い切りたい人なら購入する価値はあるかもしれません。

 

 

楽天市場での結果

続いて、楽天市場での価格は下記のとおり。

 

 

最安値 23,800円
獲得予定
ポイント
(楽天ポイント)
833円相当
差し引き
実質 22,967円

※楽天会員1%・楽天カード2%・アプリ購入0.5%の場合

 

価格.comにランクすると第2位です。楽天のポイント変倍するキャンペーン日などを利用すればさらにポイント返還率はupするので、これ以上に実質安くなることもあります。

 

楽天市場での結果

続いて、PayPay(ペイペイ)モールでの価格は下記のとおり。

 

最安値 24,913円

獲得予定
ポイント
1,992円相当
差し引き

↑ 内訳 ↑ 【PayPayボーナス】
1,743円相当
【Tポイント】
249P
実質 22,921円

※「Yahoo!プレミアム会員」の場合

 

こちらも価格.comにランクすると第2位です。「Yahoo!プレミアム会員」の場合のポイント数なので一般会員の場合はコレ以下のポイント還元になるので注意してください。
PayPay(ペイペイ)モールの場合、毎週日曜日や5のつく日などのポイント還元率が多い日が定期的に用意されているので、その日めがけて購入すればポイント率はupします。
これ以上に実質安くなることもあります。

 

まぁ、検証結果によると(時期にもよりますが)一番安いのはPayPay(ペイペイ)モールでした。ただ、プレミアム会員かソフトバンクユーザーじゃないとポイント還元率はupしないの
で、そこがネックにはなります。

 

まとめ

PayPay(ペイペイ)モールとYahoo!ショッピングの違いは、掲載されている店舗数や質です。PayPay(ペイペイ)モールはYahoo!ショッピングとより審査を厳しくしているので、購入者に迷惑をかけない安心安全な取引ができる優秀ショップです。PayPay(ペイペイ)ボーナスの還元率も4%も違ってくるので、お得で安全という看板を掲げることができます。」厳しい審査の基準は、言ってみれば購入者側からのクレームがない対応ができるお店、と言い換えることもできるので、私たちがネットショッピングしやすい環境を整えてくれたモールとも言えますね。

 

【今さらながら検証してみた】知らんかったで損してたぁーー!ヤフーショッピングでPayPay払いすると1%損するってよぉー!

改悪?誰がクリアできるのだろーかというPayPay STEP(ペイペイステップ)の還元率条件とPayPayモール特典を添えて

【2020年10月改定版】驚異の還元率だったPayPay(ペイペイ)ボーナスでまだ稼げる?やるなら今すぐアレを準備して!

Follow me!