知ってた?Amazonアマゾンギフト券をクレジットカード決済よりお得に買う方法やメリット

 

 

amazon(アマゾン)ギフト券を使ったことがないけどメリットはあるの?

amazon(アマゾン)ギフト券を使ってみたいけれどお得なの?

amazon(アマゾン)ギフト券はプレゼントとしてアリ?

 

今回は、amazon(アマゾン)ギフト券のことをよく知らない人やメリットなどを紹介したいと思います!
amazon(アマゾン)ギフト券の内容をよく理解してお得に便利に買い物してみましょう。

 

 

Contents

Amazon(アマゾン)ギフト券とは

Amazon(アマゾン)ギフト券とは、ショッピングサイトAmazon(アマゾン)での買い物に現金と同様に使えるギフト券です。「アマギフ」という愛称で人気のギフト券です。券面が定額
タイプのものと金額を自由に設定できるタイプがあります。Amazon(アマゾン)ギフト券は、贈答品としてだけでなく自分の買い物の決済手段としても人気です。
「ネットショッピング=クレジットカード決済」が定番ですが、ネット上でクレジットカードを使いたくない人や、クレジットカードを持っていない人もいます。
そんな時に使えるのが「amazon(アマゾン)ギフト券」です。amazon(アマゾン)ギフト券があればクレジットカードを使わずにamazon(アマゾン)サイトで買い物ができます。クレジットカードでしか購入す
ることが出来なかった商品もamazon(アマゾン)ギフト券なら購入することができるので、買い物の幅も広がります。
Amazon(アマゾン)ギフト券の特徴は次のとおりです。

 

Amazon(アマゾン)ギフト券は取扱手数料が一切かからない

amazonギフト券は取扱手数料が一切かからないので購入金額分のすべてを買いものに使うことができます。

 

Amazon(アマゾン)ギフト券は代引き手数料が無料になる

ネットショッピングでネックなるのが「送料」。これはできれば無料にしたい!ネットショッピングだと価格を見ながら買えるのでセコイ感じになりますよね。なので「代引き」なんて手数料を使ってまで選ぶ人なんているのー?というイメージさえあります。ちゃんとモノが届くまで払いたくない!という人にはむいているのかもしれませんが。
そんな慎重派の人に朗報と言えるメリット!Amazonギフト券で購入すると「代引き手数料300円(税抜)が無料!」です。
今まで何回代引き手数料を払ったか分からない!という人には目が点…例えば代引きをトータル10回利用したらで3,000円…「なんか買えるじゃん!」という金額になります。
これくらいの金額がタダになると思ったらかなりのメリットです♪

 

Amazon(アマゾン)ギフト券なら時間や手間が解消される

今まで支払いをコンビニ支払いにしていた人は、コンビニまで支払いに行く手間がなくなり便利に買い物ができるようになります。さらに、支払いが終わるまで商品が発送されないので発送まで時間がかかっていた時間が、Amazon(アマゾン)ギフト券で決済すればその時間を短縮することができます。

 

Amazonギフト券はリアルタイムに利用金額を把握できる

クレジットカードで支払うと、カードの利用から請求までにタイムラグがあるのでいくら使っているのかわからなくなることがありますが、Amazon(アマゾン)ギフト券ならその都度清算されるのでAmazon(アマゾン)ギフト券の残高をチェックするだけでどのくらい使ったかをいつでも把握できます。

 

Amazon(アマゾン)ギフト券はポイントを貯められる

Amazon(アマゾン)ギフト券を購入すると、Amazon(アマゾン)ポイントも貯まります。支払い方法にもよりますが最大で2.5%のポイント還元があり、高額のAmazon(アマゾン)ギフト券を購入すればメリットといえます。貯まったポイントは次の買い物で利用できるので、実質最大2.5%の割引きとも言えます。

 

 

Amazon(アマゾン)ギフト券を自分用に買ってもメリットがある

Amazon(アマゾン)ギフト券は、贈り物専用のイメージですが、実はAmazon(アマゾン)ギフト券は自分で使うために購入する人も多いです。
上記のような条件はプレゼントされた側だけでなく自分自身の利用する際にも同じ条件になるので一度使ってみるのもいいでしょう。

 

 

Amazon(アマゾン)ギフト券はプレゼントにも最適

Amazon(アマゾン)ギフト券はプレゼントとして喜ばれるものなのか悩む人もいると思います。ネットショッピングができる人になら嬉しいハズです。
Amazon(アマゾン)ギフト券のプレゼントとしてのメリットを紹介します。このメリットは、贈る側・贈られる側の両方にメリットがあります。

 

Amazon(アマゾン)ギフト券を「贈る側」のメリット

まずは贈る側のメリットからみてみましょう。他のギフト券や商品券にないサービスです。

 

スマホやパソコンで簡単に注文でき、5分で相手に届く

パソコンやスマホでAmazon(アマゾン)ギフト券を注文することができ、相手のメールアドレスを知っていれば、Eメールタイプで贈ることができます。忙しいときや外出先からでもちょ
っとした合間に簡単にプレゼントを贈ることができます。
誕生日や記念日を忘れていた!というときもスマホがあればすぐに注文してEメールタイプならば時間指定をして送信することもできます。
配送タイプでもお急ぎ便を利用すれば当日か翌日には届きます。

 

ギフトを選ぶ時間を短縮できる

日々の生活が忙しくてプレゼントを選びにいく時間がない人や、プレゼント選びのセンスに自信がない人にとってはAmazon(アマゾン)ギフト券は最適です。Amazon(アマゾン)ギフト券は予算と券面のデザインさえ決めるだけで、買いに行く時間と悩む時間が短縮できるのでとても便利です。

 

配送料などは一切不要で相手に届けることができる

Amazon(アマゾン)ギフト券は、デジタルタイプも配送タイプも配送料は無料です。配送タイプは通常配送は無料で「お急ぎ便」は有料です。
プライム会員なら「お急ぎ便」も無料で利用できます。

 

複数に贈るときも簡単に贈れる

内祝いやイベントなどで贈答品として、年齢・性別もバラバラな人たちに贈るときにもAmazon(アマゾン)ギフト券は便利です。
大量の注文も簡単ですぐに届きます。カタログギフトよりAmazon(アマゾン)の品揃えは多いので喜ばれます。

 

ギフトラッピングが無料でついてくる

Amazon(アマゾン)ギフト券を注文する際「ギフト設定」にチェックを入れると、配送タイプについてくる封筒・カード・ギフトラッピング・のしシールを注文することができます。
付属品はすべて無料です。様々な用途にあわせたデザインがあるのでプレゼントに最適です。ギフトラッピングはギフト券がラッピングされメッセージカードと一緒に届けてくれます。のしシールは封筒などに貼付されギフト券が梱包された状態で届きます。

 

・ボックスタイプ
・封筒タイプ
・グリーティングカードタイプ
・マルチパック

 

上記4つの「配送タイプ」が対象です。

オリジナルのAmazon(アマゾン)ギフト券を贈れる

Amazon(アマゾン)ギフト券はオリジナルの画像をアップロードして贈ることもできます。写真やメッセージを添付して贈ることができるので記念のお返しにも使えます。
色々とカスタマイズしてオリジナルのギフト券を簡単に作ることができます。プレゼントする相手に合ったオリジナルギフト券を作ってみるのも楽しいですね。

 

贈られる側のメリットは本当に欲しい商品を選べる

ありがたいんだけど使わないよな…、せっかくもらうなら自分が欲しい物のほうがいいですよね?Amazon(アマゾン)は世界最大級のECサイトなので、品揃えは億にわたり、必ず欲しいものがあるハズです。送った相手も本当に使えるものをあげたいハズなので自分で選んだものを愛用して感謝の意を伝えてあげればお互いにうれしいプレゼントになりますよ。
※一部マーケットプレイス商品は購入できない場合があります。

 

Amazon(アマゾン)ギフト券の種類

Amazon(アマゾン)ギフト券は、いくつか種類があります。目的によっていろんなタイプを選びやすいのが魅力です。店舗によっては、扱っている種類が限られている場合があります。
コンビニで販売されているのは、「カードタイプ」「シートタイプ」です。価格は値段が指定されているものと、自分で好きな金額を設定する「バリアブル」があります。
Amazon(アマゾン)のサイトでは、複数のAmazon(アマゾン)ギフト券が購入可能です。「Eメール添付」「印刷タイプ」「ギフトボックス」など、プレゼントにバッチリなものが豊富です。
「10枚セット」や「チャージタイプ」は、自分で利用するにも向いています。店舗購入では基本現金支払いとなりますが、オンラインで購入する場合はクレジットカードのポイント還元もあったりします。それでは、実際にAmazon(アマゾン)ギフト券にはどんな種類があるのか覚えておきましょう。

 

購入場所 型式
コンビニなどの店頭 カードタイプ
シートタイプ
Amazonサイト
(データ送付)
チャージタイプ
Eメールタイプ
※SMS・ショートメール対応
印刷タイプ
Amazonサイト
(物品送付)
グリーティングカードタイプ
ボックスタイプ
封筒タイプ
商品券タイプ
※一部の店頭で取扱い有り
マルチパック

 

金額の種類も合わせて長いので別ページにまとめてあります。

↓↓↓ ココから ↓↓↓

Amazonアマゾンギフト券の種類まとめ

 

Amazonギフト券の購入でAmazonポイントが貯まる

1ポイント=1円として使えるAmazonポイントを、Amazonギフト券を使用して貯める方法が2つあります。

 

Amazonギフト券でポイント獲得商品を購入する

どこのECモールも同じですが、Amazon(アマゾン)サイトでも商品を購入するとAmazon(アマゾン)ポイントを獲得できます。(一部除外商品あり)ポイント対象商品であればAmazon(アマゾン)ギフト券で購入してもポイントを獲得できます。

 

チャージでポイントを貯める

2017年4月25日から「amazon(アマゾン)チャージ」というサービスがあります。サービス終了時期は未定で現在も継続中です。Amazon(アマゾン)ギフト券のチャージタイプに現金でチャージするとチャージ金額に応じて最大2.5%のポイントを獲得できます。支払方法がコンビニ・ネットバンキング・ATMに限られ、金額が5,000円以上という条件があります。

 

1回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1%
20,000~39,999円 1% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2%
90,000円~ 2% 2.5%

 

通常Amazon(アマゾン)ギフト券はポイント還元の対象ではありませんが、「チャージタイプ」は条件つきでAmazonポイントが還元されます。
「5000円以上」のチャージで還元対象になり、金額によってポイント還元率がアップしていきます。支払方法も条件があり、「コンビニ」「ネットバンキング」「ATM」での支払いが対象です。Amazon(アマゾン)ギフト券の購入でクレジットカード決済すればクレジットカードの利用ポイントが得られるケースもありますが、Amazon(アマゾン)ポイントの還元はチャージタイプ独自の特典です。Amazon(アマゾン)ポイント目当てで「5,000~19,999円」をチャージしても、ポイント還元率1%のクレジットカードで決済するのと変わりません。
「amazon(アマゾン)マスターカード」はポイント還元率が最大で2.5%なのでそもそもチャージする必要はありませんが、年会費が10,000円(税抜)かかるので、少しでも節約したい人は現金チャージのほうが無難です。
獲得したAmazon(アマゾン)ポイントは、Amazon(アマゾン)でのほぼ全ての支払いに利用できます。ポイント還元率1%クレジットカードよりお得にポイントを貯めたい人は、Amazon(アマゾン)ギフト券を利用すると最大2.5%お得に買い物ができます。
現金チャージの場合、金額によってポイント還元率が変化し、Amazon(アマゾン)の会員種別でも還元率が異なるため、最大限の還元を受けたいときは有料の「プライム会員」にならないと最大2.5%にはなりません。プライム会員は通常会員の還元率に0.5%が加算される仕組みです。
最大2.5%の還元になれば、10万円のチャージで2500円分がポイントとして還元されます。会員費も加味しながら、通常会員とプライム会員の還元率を比較してみましょう。
プライム会員は、月額500円(税込)または年会費4900円(税込)で入会できます。

 

対象外の条件や注意点

Amazon(アマゾン)ギフト券のチャージで注意したいのは、ポイント還元が「現金チャージ」かつ「5000円以上のチャージ」に限られる点です。「クレジットカードや電子マネーでのチャージ」は、還元の対象外となっています。対象の支払い方法であるコンビニやネットバンキングなどの支払い期限は、「番号発行日を含めて6日間」です。支払いができない場合は、自動キャンセルとなります。なお、「開設30日以内のアカウントからの購入」は支払い方法にかかわらずポイント還元の対象となりません。Amazon(アマゾン)ポイントでギフト券を購入することもできないため注意しましょう。

 

Amazonポイントがもらえるまでの流れ

Amazon(アマゾン)ポイントをもらう方法はたったの3ステップ。

 

「Amazonギフト券チャージタイプ」を注文する
コンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払う
ポイントを受け取る

 

クレジットカードや電子マネーで支払うとポイントはもらえないので注意しましょう。Amazonポイントの付与日はチャージした翌月の中旬頃です。

 

Amazon(アマゾン)ポイントは毎月中旬頃に付与される

チャージで付与されたAmazon(アマゾン)ポイントは、「翌月中旬頃」に付与されます。当月1日〜末日までに獲得したポイントは翌月中旬頃にまとめて付与されます。
ポイント数は、Amazon(アマゾン)にサインインすると「検索ボックス下」に表示され、「マイポイントページ」で獲得や利用履歴もみれます。
商品購入などで手に入るAmazon(アマゾン)ポイントは、いったん「仮ポイント」として予定され、商品発送が行われると「確定ポイント」に移行する仕組みです。チャージなどで付与されるポイントとは加算タイミングがちがいます。

 

Amazon(アマゾン)ポイントを買い物で使う方法

Amazon(アマゾン)ポイントを使うには、選んだ商品の「Amazon(アマゾン)ポイント」のチェックボックスにチェックがあればポイントが適用されます。なかには、ポイントを利用できない商品もあるので、実際に購入金額にポイントが適用されているかを確認してから注文をしましょう。kindle本以外のデジタルコンテンツやAmazon(アマゾン)コインの購入などには、ポイントは使えません。ギフト券とAmazon(アマゾン)ポイントを両方保有している場合は、原則「ポイント」から使用される仕組みです。ポイントを保有している状態で、ギフト券の期限が近い場合には注意しましょう。ギフト券の残高が余っているときは、「プライム会員の会費」に充てることもできます。Amazon(アマゾン)ポイントの有効期限は「最終の商品購入やポイント獲得から1年間」です。商品購入やポイント獲得があると、有効期限は延長されます。

 

 

コンビニで電子マネーやクレジットカードでAmazonギフト券が買える?

Amazon(アマゾン)ギフト券を購入するには現金できしか買えないのでしょうか?
実はコンビニでの基本的な支払い方法は「現金」となっていますが、コンビニによっては現金以外の支払方法もできます。現金以外でAmazon(アマゾン)ギフト券が購入できるのは3つのコンビニだけです。

 

店舗名 決済方法
セブンイレブン nanacoカード
(電子マネー)
ミニストップ WAONカード
(電子マネー)
ファミリーマート ファミマTカード
(クレジットカード)

 

ファミリーマートはファミマTカード(クレジットカード)で直接Amazon(アマゾン)ギフト券を購入することができます。
クレジットカードで直接Amazon(アマゾン)ギフト券を購入できるのはファミリーマートだけです。ファミマのレジで「Amazon(アマゾン)ギフト券のクレジット購入はできません」と断られることがあるかもしれませんが、実際には手続きできるので購入できます。利用出来るクレジットカードはファミマTカードのみなので注意してください!

セブンイレブンではクレジットカードでAmazon(アマゾン)ギフト券を購入することはできませんが、電子マネーの「nanaco(ナナコ)」でAmazon(アマゾン)ギフト券を購入できます。
nanaco(ナナコ)はセブンカードプラス(クレジットカード)からチャージできるので、nanaco(ナナコ)にチャージをしてからnanaco(ナナコ)決済でAmazonギフト券を買うのです。nanaco(ナナコ)をはさむことで、実質クレジットカードで間接的にAmazon(アマゾン)ギフト券を購入することになります。

ミニストップでは電子マネー「WAON(ワオン)」でAmazon(アマゾン)ギフト券を購入できます。
WAON(ワオン)もnanaco(ナナコ)のようにクレジットチャージが可能です。nanaco(ナナコ)と同様に、間接的なクレジットカードの利用でAmazon(アマゾン)ギフト券の購入が可能です。

 

ケータイ払い(携帯決済)は不可能に

以前は、Amazon(アマゾン)ギフト券をdocomoやauによる携帯決済に対応していましたが、2017年11月頃からできなくなりました。

 

 

Amazon(アマゾン)ギフト券の有効期限は

2017年4月24日以降に発行されたAmazon(アマゾン)ギフト券の有効期限は全種類発行から10年です。Amazon(アマゾン)ショッピングカードに有効期限はありません。
2017年4月24日より前に発行されたギフト券は券種によって有効期限が違います。Amazon(アマゾン)サイトやコンビニ等で購入したプラスチックカードタイプのもの(POSAカード)は有効期限は発行から1年です。コンビニ等の端末で発行したシートタイプの有効期限は発行から3年です。
最近購入したAmazon(アマゾン)ギフト券の期限が長いですが忘れないよう気をつけましょう。

 

Amazon(アマゾン)ギフト券の有効期限の確認方法

[Amazonトップページ]

[アカウント]

[Amazonギフト券]

上記の手順で、登録したギフト券ごとの有効期限が書かれています。
アカウントにコードを登録すれば有効期限がわかりますが、まだ登録していない段階では有効期限がわかりません(カードに書かれていないため)。
いつ発行したかわからないギフト券だと期限切れが心配なので、早めに登録してチェックしておきましょう。

 

 

Amazonギフト券の高額購入は審査される

Amazon(アマゾン)ギフト券にもデメリットと言えばデメリットとなることがあります。クレジットカードの現金化問題のせいか、高額のAmazon(アマゾン)ギフト券を購入するさいに審査されることがあります。購入金額の大小に関しては個人の利用状況によります。審査は、クレジットカード側とAmazon(アマゾン)側での内容です。10万円分のAmazon(アマゾン)ギフト券を購入する場合は、面倒ですが1万円を1枚ずつ10枚購入すれば、審査にならない可能性が高いです。

 

 

Amazon(アマゾン)ギフト券の買い方と使い方

Amazon(アマゾン)ギフト券の実際の買い方と、使い方の流れを見ていきましょう。

 

コンビニで購入する方法

コンビニや家電量販店に陳列されているAmazon(アマゾン)ギフト券をレジに持っていって支払いをするだけです。
このタイプはプリペイドカードやPOSAカードと呼ばれるもので、支払いを済ませた時点でカードが有効化されるので万引きしても使えないという仕組みになっています。
支払いは現金のみです。

 

デジタル(オンライン)で購入する方法

Amazon(アマゾン)ギフト券の購入ページで目的にあったタイプを選択します。

 

商品名 用途
Eメールタイプ メールでコードを送る
印刷タイプ コードの書かれた紙を自分で印刷して手渡し
チャージタイプ 自分で使うときに

 

↓↓↓ 全種類の購入方法はコチラで詳しく説明してあります ↓↓↓

Amazonアマゾンギフト券の種類まとめ

 

 

Amazon(アマゾン)ギフト券の登録方法、残高を確認する方法

Amazon(アマゾン)ギフト券の登録方法は次の通りです。

 

 

 

①ギフトカードやメールなどに記載されているコードを確認。

 

 

②ギフト券番号を入力する

 

[Amazonトップページ]
└[アカウント]
└[Amazonギフト券]
└[Amazonギフト券を登録する]

コード入力の際、ハイフンは入れても入れなくてもOKです。
登録すればすぐ残高に反映され使えるようになります。

 

 

 

Amazonギフト券をお得に購入する方法

Amazon(アマゾン)ギフト券をお得に買ったり、Amazon(アマゾン)ポイントを貯めたりする方法をまとめました。

 

5,000円以上の「チャージタイプ」のAmazonギフト券を現金で購入する

Amazon(アマゾン)ギフト券のチャージタイプを5,000円以上を現金購入すれば、購入額に応じてAmazon(アマゾン)ポイントをもらえます。ポイントがもらえる条件は現金払いのみなのでクレジットカードや電子マネーで買った場合はポイントがつかないので注意してください。

 

クレカ払いでもポイントをもらえるかも(一部ユーザー限定)

全てのユーザーが対象ではありませんが、クレジットカードでギフト券チャージを5000円以上すると0.5%のポイントをもらえるキャンペーンが実施されています。
終了日は現在のところ未定。キャンペーンページで自分が対象者かどうかサインインして確認してみてください。

 

お得なプライムデーのキャンペーンを利用する

Amazon(アマゾン)が年に一度開催するビッグセール「Prime Day(プライムデー)」が大きなチャンスです。毎年Amazon(アマゾン)ギフト券をおトクに買えるキャンペーンが開催されていて、「5,000円分のギフト券を買うと最大1,000ポイントもらえる」などかなりお得な内容です。2020年度の「Prime Day」では、Amazonギフト券(配送タイプ)か、Amazonギフト券
チャージタイプの購入を対象としたキャンペーンが開催されました。

 

初回購入限定! ギフト券を現金チャージで1000ポイントプレゼント

こちらは普段から開催されているもので、初回限定のキャンペーンです。

 

【対象期間】
2019年8月6日(火)
~ 終了日未定

 

このキャンペーンは、対象期間内に初めてAmazon(アマゾン)チャージで購入し、1回のチャージで5,000円以上注文された方限定です。キャンペーンにエントリーし、支払方法をコンビ
ニ・ネットバンキング・ATMを選択したら、の条件付きです。現金で5,000円以上チャージで1,000ポイントが付与されます。

 

 

Amazon(アマゾン)ギフト券は買取サイトで換金できる?

Amazonを利用しないけど、Amazon(アマゾン)ギフト券をもらう機会が多いという人は、Amazon(アマゾン)ギフト券は買取サイトで買い取り&現金化することもできます。わりと高いレートで買い取りしてもらえて安全性も高いのは、ネットの買取サイトを利用する方法になります。古物商許可番号・会社概要等がきちんと記載されている優良サイトであれば、基本的には高買取率がキープされ、かつ即日振込も可能です。

 

Amazonギフト券の買取や現金化は違法なのか?

Amazon(アマゾン)ギフト券の売買や現金化は法律的にOKなの?と心配になります。Amazon(アマゾン)のページをによると、売られているギフト券が不正取得したものだったり、詐欺・トラブルの可能性もあるので、利用しないほうがいい!という内容です。Amazon(アマゾン)以外のサイトでAmazon(アマゾン)ギフト券を入手しても、規約により予告なく凍結される可能性もあるみたいなので、おトクどころか大損するリスクもあるので、Amazon(アマゾン)公式サイトを利用するほうが賢明です。

 

 

Amazonギフト券が登録できない原因と対処法

Amazon(アマゾン)ギフト券を使えない。コードを入力してもエラーになる……。原因をいくつか紹介します。

 

①有効期限を過ぎていないか

2017年4月24日以降に発行されたギフト券は有効期限が10年ですが、それ以前のものは1~3年しかありません。自分で注文したものならAmazon(アマゾン)の履歴からいつ購入したものなのか確認してみてください。プレゼントでもらったカードだと有効期限がわからない(カードに記載はない)ので、くれた相手に問い合わせるしかなさそうです。ある意味不便ですね…。

 

②入力間違いをしていないか

単純に入力ミスをしている可能性もあります。

 

手入力の場合の原因
  • 0(ゼロ)とO(オー)
  • 1(イチ)とl(エル)
  • 6と8と9(印刷のかすれ)
  • Bと8
コピペの場合の原因
  • 先頭や末尾の1文字をコピーし忘れていないか
  • コード以外の余計な文字をコピーしていないか

 

上記のようなの誤入力が考えられます。コードのハイフンは入力してもしなくても構いません。

 

③使用済みのギフト券ではないか

コードを入力した際に「登録済みです」と表示されたら既にそのギフト券は入力済のカードになります。
複数のカードを入力して、入力済のカードをまた入力していませんか?
見知らぬ人と売買した場合は、使用済みギフト券を渡された可能性があります。

 

上記の項目をチェックしても解決しない場合は、Amazon(アマゾン)サポートに問い合わせてみてください。「カスタマーサービスに連絡」ページから、チャットや電話で問い合わせが可能です。

 

 

Amazon(アマゾン)ギフト券のメリットまとめ

手数料やユーザーに不利な条件は特になく、デメリットはほぼ無いといっていいでしょう。Amazon(アマゾン)が倒産でもしない限り無駄にならず、現金同然の使い勝手を実現しています。

 

人にプレゼントする際のメリット
  • Amazonならほ何でも買えるので確実に喜んでもらえる
  • ラッピングやおしゃれな梱包も無料
  • デジタルタイプならいつでもすぐ相手に送れる
自分で使うときのメリット
  • コンビニ、ATM、ネットバンキングで支払い可能で現金派に嬉しい
  • クレジットカードのように即時決済されすぐに配送対応になる
  • 一定額以上を購入するとポイントがついておトク
  • 有効期限が10年と長く失効するリスクがほぼ無い

 

 

まとめ

今回はAmazon(アマゾン)ギフト券の全貌をまとめてみましたがメリットはわりましたか?一番のメリットは、チャージタイプで条件を満たすとクレジットカードのポイント還元率より
お得に購入できるという点でした。少し手間ではありますがAmazon(アマゾン)ポイントの還元が最大2.5%のポイントが付与されます。Amazon(アマゾン)で、普段から買い物をしている人にとってはかなりメリットのある還元率になるので、Amazon(アマゾン)でお得に買い物をしたいときは利用してみましょう。付与されたAmazon(アマゾン)ポイントと併用ができるので、お得に利用したい人にとってはすんばらしい内容のギフト券ではないでしょうか?記念日のプレゼントとしてまわりのみんなにも広めやすい決済方法だと思います。

 

 

Amazonギフト券も使えるようになったAmazon Pay(アマゾンペイ)の魅力とは?全貌を解説します!

 

Follow me!