Amazonギフト券も使えるようになったAmazon Pay(アマゾンペイ)の魅力とは?全貌を解説します!

 

Amazonの支払い方法で「Amazon Pay」(アマゾンペイ)」というものがあります。このAmazon Payですが、実はAmazonのサイト以外でも決済ができて便利です。
Amazonアカウントがあれば、Amazon Payを使うことで決済の手間を減らせます。「聞いたことはあるけどいまいちよくわからない」という人もいると思います。
今回は「Amazon Pay」(アマゾンペイ)」の仕組みから使い方まで詳しく説明します。

 

 

Contents

Amazon Pay(アマゾンペイ)とは

Amazon Pay(アマゾンペイ)とは、世界最大級のショッピングサイト「Amazon」が提供する決済サービスです。Amazonアカウントを持っていれば誰でも利用できます。
「Amazonアカウント」に登録したクレジットカードで決済するサービスです。Amazonに登録した情報を使ってAmazon以外のECサイトでも買い物ができ、面倒な会員登録や決済情報の入力が不要になります。
かんたんに言うと、Amazon以外でもAmazonのように買い物できるようになるサービスともいえるでしょう。利用できるサイトや店舗には、AmazonPay(アマゾンペイ)のロゴの表記があります。
Amazon Pay(アマゾンペイ)に対応している実店舗でも使えます。もちろん決済手数料などもとられません。
すでにAmazonを利用している場合、そこに登録した情報をそのまま別サイトで利用することができるため、初めてのお店でも即座に決済を完了させることができます。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)のメリット

Amazon Pay(アマゾンペイ)の最大のメリットは、面倒な会員登録やカード情報の入力をしなくていいという点ですが他にもメリットはあるのでしょうか?

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)は面倒な情報入力を省略できる

やはりAmazon Pay(アマゾンペイ)最大のメリットは、ECサイトでの面倒な会員登録や情報入力をいちいちしなくていい点です。
通常のオンラインショッピングでは、個々のサイトで会員登録やパスワードの入力などが必要です。クレジットカードの情報もその都度入力しなければいけません。
しかし、Amazon Pay(アマゾンペイ)ならクレジットカード番号を入力する手間もなく、普段Amazonで買い物をする時のように「ログイン→決済」の2タップで簡単に買い物ができます。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)は不正利用防止ができる

知らないサイトにクレジットカード番号を入力するのは不安ですが、Amazon Pay(アマゾンペイ)なら店舗にクレジットカード情報が伝わらないので安心です。個人情報はAmazonの高度なセキュリティで保護されるので、個人情報流出のリスクはほとんどありません。
Amazonは、世界最先端のセキュリティ技術で個人情報を保護しています。また、クレジットカードの情報は利用店舗に渡らず、Amazonによって管理されます。
万が一、Amazon Pay(アマゾンペイ)を不正利用された場合は、請求の異議申し立てができます。請求分の免除や返金の保証もしっかりしているので安心して使えます。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)はAmazonアカウントがあればすぐに利用可能

Amazon pay(アマゾンペイ)を利用するとき、「Amazonのアカウント」と「クレジットカード」があればOKです。普段Amazonを利用している人はすぐに利用ができます。
Amazonアカウントへクレジットカードを登録しておくだけなので、アカウントのみ持っている人はカード情報をAmazonアカウントへ登録しておきましょう。

 

 

Amazon pay(アマゾンペイ)でamazonギフト券が使える

以前は、Amazon Pay(アマゾンペイ)でamazonギフト券が利用できませんでしたが、2020年6月から支払に利用できるようになりました。
amazonギフト券の利用可否はお店によって異なるため確認が必要です。

 

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)のデメリット

Amazon Payのデメリットをみていきましょう。

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)はクレジットカード類が必須

Amazon Pay(アマゾンペイ)はクレジットカードが無いと利用することができません。ECサイトでも、実店舗のQR決済でもAmazonに登録したクレジットカード情報で決済を行います。
VISAやMasterCardなどのクレジットブランドが付帯している「デビットカード」や「プリペイドカード」も残高さえあれば、クレジットカードと同様に使えます。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)でのキャンセルや返金は店舗次第

Amazon Pay(アマゾンペイ)はAmazonのシステムを使った決済方法ですが、商品のキャンセルや返金・返品には、各ショップの規定が適応されます。
もしキャンセルや返金が必要な場合、Amazonではなく商品を購入した店舗が対応となります。
Amazon Pay(アマゾンペイ)で支払った注文のキャンセルは各販売店に問い合わせる形になります。購入したお店でキャンセル可能であれば、注文をキャンセルすることはできます。
お店ごとにキャンセルや返品・返金できるか対応が違ってくるので、販売店に直接聞いてみることをおすすめします。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)でamazonポイントは利用できない

Amazon Pay(アマゾンペイ)は、Amazonのポイントをアマゾンのサイト以外で利用することができません。共通ポイントではないので、Amazon利用者以外はあまりメリットがあるポイント
ではありません。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)は利用できる実店舗が少ない

Amazon Pay(アマゾンペイ)は、ネット決済の場面ではかなり優秀ですが、実店舗では利用できるお店が少ないので使いづらいです。2020年7月現在では、利用できるコンビニがありません。
他のスマホ決済と比べると断トツで少ない状態です。大手チェーンもほぼないので、現状ネット決済のペイという感じです。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)で決済ポイントは貯まらない

PayPayなど代表的なスマホ決済の場合、利用ポイントとしてポイントが貯まる仕組みですが、Amazon Pay(アマゾンペイ)は決済(利用)ポイントはありません。
しかし、登録したクレジットカード会社のポイントが貯まります。Amazonのクレジットカードなら還元率がアップするので、Amazonの利用頻度が高い人は発行したほうがお得です。貯まるのはあくまでもクレジットカード会社のポイントです。各店舗のポイントが貯まるわけではないので注意しましょう。

 

 Amazon Payでポイントについて
Amazon内で買い物をするとAmazonポイントが貯まります。商品に対してのポイントです。クレジットカードで決済しても、Amazon Pay(アマゾンペイ)を使ってもAmazonポイントは貯まります。商品詳細ページに「ポイント:○○pt(○%)」と記載がある場合は、Amazonポイント付与対象です。
貯めたポイントは1ポイント=1円として、アマゾン内の支払いに使うこともできます。Amazonポイントの有効期限は、Amazonでの最終注文日から1年間です。
ちなみに、Amazon Pay(アマゾンペイ)を使ってネット決済をしても、各サイトのポイントは付与されません。たとえば、出前館では現金やクレジットカードで支払いをするとTポイントがもらえますが、Amazon Pay(アマゾンペイ)で決済した場合はTポイントはつきません。それぞれのお店でポイントを貯めたいのであれば、Amazon Pay(アマゾンペイ)以外の支払い方法がおすすめです。

 

 

 

AmazonPayの利用でポイントが貯まるクレジットカード

AmazonPay(アマゾンペイ)の利用でポイントを貯める方法がひとつだけあります。それは、「Amazon Mastercard」のクレジットカードをAmazon会員の決済カード情報に登録することです。
Amazon Mastercardには、クラシックとゴールドの2種類あり、それぞれ利用金額に応じてポイントが付与されます。付与率が1%ですからAmazonPayで1,000円の決済をした場合10ポイントが付与されることになります。
他のクレジットカード登録では、AmazonPay(アマゾンペイ)の利用分はポイント付与対象外となりますから、無駄なくポイントを貯めたい方におすすめです。さらに、Amazonでの買い物をした場合、Amazon Mastercardクラシックは1.5%の還元率(prime会員の場合は2%)、Amazon Mastercardゴールドは2.5%の付与率となりAmazonでの買い物もお得になります。

 

クラシック ゴールド
ポイント還元
無料会員 1.5% 2%
プライム会員 2% 2.5%
年会費・入会費
初年度無料
2年目以降1,250円(税抜)
※2年目以降は年1回以上の利用で年会費無料
10,000円(税抜)
・利用状況により最大6,480円割引
加入年齢
高校生を除く満18歳以上
未成年の場合は親権者の同意が必要
・満20歳以上
・本人に安定した収入がある方
プライム会員
料金

年会費4,900円(税込)
月会費500円(税込)
負担額なしで使い放題
保険
お買い物安心保険:年間100万円まで ・最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険
・お買い物安心保険:年間300万円まで
その他
ETC利用可能:初年度年会費無料
※2年目以降の年会費500円(税抜)
(前年度1回以上の利用で次年度以降も無料)
・全国主要空港のラウンジを無料で利用可能 電子マネーiD利用可
・ETC利用可能:初年度年会費無料
※2年目以降の年会費500円(税抜)
(前年度1回以上の利用で次年度以降も無料)

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)は利用してもAmazonポイントは貯まりませんが、「Amazon Master Card」をAmazon Payに登録することで、Amazon内の買い物なら最大2.5%が常にポイント還元されます。Amazon以外でも、購入金額の1%がポイント還元されるので、還元率が高いクレジットカードです。

気軽に利用できるという意味では、年1回の利用で2年目以降の年会費も無料になるクラシックがおすすめです。しかし、クレジットカードの利用状況によっては年会費が最大6,480円も割引になり、Amazon primeが無料で利用できるゴールドも魅力たっぷりです。AmazonPay(アマゾンペイ)の利用頻度や目的に応じて、お得度は変わってきますがAmazon Mastercardクラシックまたはゴールドの申込みを検討してみてください。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)に登録できる他のクレジットカード

Amazon Pay(アマゾンペイ)は、Amazonアカウントに登録したクレジットカードで決済されます。Amazonカードの他にどのクレジットカードが登録できるのでしょうか。
Amazon Payで使える国際ブランドのクレジットカードは以下の通り。

 

VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス・カード
Diners

 

決済方法はクレジットカードのほか、デビットカード・プリペイドカードも登録できます。ただし、J-Debitは使えません。
ほかのクレジットカードを使ってAmazon Pay決済した場合、Amazonのポイントはつきません。各クレジットカード会社のポイントが付与されます。

 

 

Amazonカード以外のおすすめのクレジットカード

Amazon Pay(アマゾンペイ)に適したおすすめのクレジットカードを紹介します。ポイント還元率の高さや貯めたポイントの交換先など、Amazon Pay(アマゾンペイ)をフル活用できるクレジットカードを厳選しました。Amazon Pay(アマゾンペイ)の利用している人は参考にしてください。

 

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

通常還元率1%ですが、Amazonでの利用で2%にアップします。なお、入会後半年間は通常還元率が2%になるので、Amazonの利用で3%の高還元率になります。
貯めたポイントは500ポイントからAmazonギフト券やiTunes、LINEなどのギフトコードに変えられます。1,000ポイント以上なら、EdyやWAONといった他社ポイントやマイルへの移行も可能です。年会費は永年無料、ETCカードと家族カードの年会費も無料です。

 

年会費 無料
ポイント還元率 1%~3%
ポイント名 オリコポイント
ETC年会費 無料

 

年会費無料のOrico Card THE POINTオリコカードザポイントはiDアイディとQuickpayクイックペイがW搭載の高還元ポイント

 

 

JCB CARD W(JCBカードダブリュ)

通常のポイント還元率は1%ですが、Amazonで利用すれば還元率が2%にアップします。貯めたポイントは「1ポイント=3.5円」としてAmazonで使えるため、Amazon のヘビーユーザーならお得になる1枚です。年会費は永年無料です。貯めたポイントはAmazonでの利用だけではなく、「JCBギフトカード」や「東京ディズニーリゾートのパークチケット」などに交換することもできます。Amazonの利用頻度が高くて、国際ブランドにJCBを選びたい人におすすめです。

 

年会費 無料
ポイント還元率 1%~5.5%
ポイント名 OkiDokiポイント
ETC年会費 無料

 

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)のクレジットカードの変更方法

Amazon Pay(アマゾンペイ)に使うクレジットカードは、Amazonアカウント作成後でも簡単に変更できます。クレジットカードの変更手順は下記のとおりです。

 

Amazon Pay公式サイトにログインして「アカウント設定」を選ぶ
「クレジットカード情報を編集・削除する」から、編集したいカードを選ぶ
カード情報を変更する
「確定」を押して変更完了

 

編集では有効期限や名前、請求情報を変えられます。その他の情報を変える場合には、クレジットカードを削除したうえで、新たな情報を追加しましょう。

 

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)で領収書が欲しい場合

Amazon Pay(アマゾンペイ)の領収書は、Amazonではなく利用したオンラインショップで発行手続きを依頼します。領収書発行の流れは店舗によって異なりますが、各店舗の「マイページ」などからダウンロードする方法が一般的です。実店舗でAmazon Pay(アマゾンペイ)を使った場合は、レシートか通常の領収書を発行してもらうことも可能です。
ウェブショップで領収書をもらうだいたいの流れは以下の通り。

 

購入したウェブショップを開く
マイアカウントメニューから「Amazon注文履歴・キャンセル」を選ぶ
Amazon Payで購入した商品の領収書を発行する

 

ほかのオンラインショップで領収書を発行する場合も、大体同じような流れになります。

 

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)の決済方法

Amazon Pay(アマゾンペイ)には2つの決済サービスが存在します。

 

●ECサイト
(ソーシャルログイン+決済)

●実店舗(QR決済)

 

「Amazon Pay(アマゾンペイ)」はAmazonアカウント内に登録しているクレジットカードで決済するサービスの総称です。決済は、ネットと実店舗の両方で可能です。
ネットのECサイトでは「ソーシャルログイン+決済」、実店舗では「QR決済」という2つの決済方法があります。この2つのAmazon Pay(アマゾンペイ)決済について解説します。

 

 

 ECサイト(ソーシャルログイン+決済)
ECサイトで利用できるAmazon Payは「ソーシャルログイン+決済」の機能を使います。Amazon Payが導入されているECサイトで、Amazonアカウントでログインをして、そのままAmazonに登録されているクレジットカードで支払いができます。

 

【ソーシャルログインとは?】
ソーシャルログインとは、SNSアカウント(例えば、Amazon,Google,twitter,facebookなど)を利用して、その他のWebサイトにログインできるサービスです。

 

例えば、初めて利用するECサイトで買い物する場合、必ず次の情報を入力しなければいけません。

● 名  前      
● 配送先住所     
● メールアドレス   
● クレジットカード番号

 

これらの情報を入力するには地味に面倒です。しかし、このECサイトがAmazon Payに対応していれば、これらの情報を新たに入力する必要がなくなります。Amazonアカウントでログインをしただけで購入することができます。
クレジットカードの番号や住所に間違いがないかあらかじめ確認しておきましょう。

 

 

 実店舗(QR決済)
実店舗で利用できるAmazon Payは「QRコード決済」の機能を使います。

 

【QRコード決済とは?】
支払い時にQRコードを読取ってもらう決済方法で、PayPayやLINE Payなどと同じ機能です。

 

QRコード決済のAmazon Payは、ユーザーがQRコードを提示して、店頭レジでそれを読み取ってもらうことで決済が完了します。
料金は「Amazonアカウントに登録してあるクレジットカード」から引き落とされる後払い形式となります。

 

 

 

実際にAmazon Pay(アマゾンペイ)を使ってみよう

 

①まずはAmazon 会員登録をする

Amazonアカウントを持っていない場合は、アカウント登録が必要です。Amazonの公式サイトからアカウント作成ページへ行き、名前・メールアドレス・パスワードなどを順番に入力するだけです。アカウント作成後は、買い物したいサイトの決済画面の支払い方法で“AmazonPay(アマゾンペイ)で支払う”を選択し、Amazonアカウントにログインをしてください。
登録内容を確認して決済確定ボタンを押せば決済手続きが完了します。

 

Amazon会員登録には種類がある

ちなみに、Amazon会員には3つの種類があります。

会員の種類 費用
無料会員 0円
Amazon prime月間会員 月500円(税込)
Amazon prime年間会員 年4,900円(税込)

 

無料会員の他に、Amazon prime会員という有料プランがあります。有料プランには月間会員と年間会員があり、月間の場合は1ヶ月500円、年間の場合は4,900円がかかります。無料会員でもAmazonPayは利用できます。長期的に有料会員を利用するなら、1ヶ月あたりの会員費用は408円となる年間会員の方がお得です。

 

Amazonプライム会員を選ぶメリット

Amazon prime会員を選ぶメリットは、「お急ぎ便やお届け日時指定便」がいつでも使い放題という点です。最短で翌日の配達が可能で、急ぎで商品が欲しい人には便利です。
さらに、prime video(映画やTV番組が見放題のサービス)、prime music(100万曲以上の聴き放題のサービス)、写真を保存し放題のサービス、本・マンガ・雑誌の読み放題サービスが利用できます。ネットショッピング以外のサービスも豊富なので、Amazon prime会員は人気です。初回30日は無料お試しができますので、サービスの内容を体験したい人はお試し利用で判断しできます。

 

 

学生ならPrime Studentがおすすめ

Amazonには、Prime Studentという学生向けの会員プランがあり、6ヶ月間はAmazon prime会員サービスが無料で利用できます。prime videやprime musicは無料期間中サービス対象外です。月額250円か年会費2,450円の有料会員費が必要です。年会員なら1ヶ月あたり204円とリーズナブルにサービスが利用できますのでおすすめです。

 

 

②Amazon Pay(アマゾンペイ)の使い方

Amazonのアカウント登録後の「ECサイトでの利用手順」「実店舗でのQR決済」の2種類のAmazon Payの利用方法です。

 

 ECサイトでの利用方法
支払い方法の選択でAmazon Payを選ぶ
ログインする
内容を確認して注文を確定する
支払い完了

 

各オンラインショップの支払いにAmazonアカウントの情報を使えるので、住所やクレジットカードの情報を入力する手間が省けます。

 

 実店舗でのQR決済
アプリログイン後、「プログラムと特典」から「すべてを見る」を選ぶ
「Amazon Pay」を選びQRコードを表示させる
支払い時にQRコードを提示する
スキャンしてもらって支払い完了

 

実店舗でもカード情報などを入力する必要がないので、簡単に決済ができます。QRコードを店員さんに見せて、読み取ってもらうことでAmazon Payでの決済は完了です。
支払いが完了すると、登録してあるメールアドレスにメールが届きます。※QRコードは5分ごとに変わるので安全性は高いです。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)の提携店舗は1000以上

Amazon Pay(アマゾンペイ)を利用することができるお店は、ECサイトで約700、実店舗で約300くらいありますが、QR決済ができるはコンビニや大手チェーンはありません。
利用するシーンは少なめですが、一部抜粋して紹介しておきます。

 

デジタルコンテンツ
朝日新聞 mora Jスポーツ オンデマンド
めちゃコミック まんが王国 ソースネクスト
Renta! ムームードメイン お名前.com

 

アパレル系
BUYMA adidas ユナイテッドアローズ
三越・伊勢丹 COACH ナルミヤオンライン
SHOPLIST DIESEL JINS

 

本・漫画・音楽
漫画全巻ドットコム ウィンズスコア フォレスト出版
教文館 韓メディア ショップ 宝塚アン
プライムイングリッシュ フジフィルムプリント&ギフト Sonyミュージックストア

 

ドラッグストア・ビューティー
ドクターエア コスメランド ゲンナイ製薬
FABIUS Beauty Market エトヴォス
ラブコスメ ダイレクトテレショップ 阪急 Eストア

 

家電用品
サンワダイレクト MacPerfect Panda Mobile
japannext シマムセン マルエ
買えるAbemaTV社 Xperiaカバーストア アップバンクストア

 

旅行
スカイチケット SPRING JAPAN:春秋航空日本 JTB
るるぶとらべる ANA・JAL株主優待番号販売センター ena

 

食品
DEAN & DELUCA ベースフード LeTAO
ふくや 伊藤久右衛門 松阪まるよし
かにまみれ 上野アメ横 博多久松

 

カー用品
ピカキュウ カー・エイド tasモール
パインバレー USA AUDIO アンバーピース
谷川屋 HD-PARTS KUSHITANI

 

実店舗でのQRコード決済は、大手チェーンというよりも比較的小さめの店舗に導入されていることが多いです。先ほどお伝えしましたが、コンビニではまだQRコード決済は利用できないので今後に期待しましょう。全ての提携店舗を知りたい人は、【ココ】から確認できます。

上記以外にもAmazon Pay(アマゾンペイ)を導入し始めているので、今後使えるお店は増えていくでしょう。ただ、コンビニで使えないので(2020年7月現在)かなり出遅れ感はありますが、ネットにおいては多くのユーザーを獲得しています。
また、Amazonは無人店舗「Amazon Go」の展開もあるので、Amazon Pay(アマゾンペイ)が採用される可能性は非常に高いです。将来的にはAmazon Pay(アマゾンペイ)があらゆる店舗にとって、欠かせないサービスになっていくかもしれません。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)のQ&A

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)の利用履歴の確認方法

Amazon Pay(アマゾンペイ)の公式サイトから、Amazonのアカウントでログインすれば確認できます。
Amazon Payでの支払いがきちんとできているか確認したいときは、公式の利用履歴からチェックすることができます。

 

①Amazon Payの公式サイトにログイン

②「注文履歴の確認」をクリック

③日付・販売事業者・注文番号・ステータス・金額が表示される

 

トラブルや不正を防止することにもつながるので、利用履歴はこまめに見ておくことがおすすめです。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)の手数料

利用者に手数料は一切かかりません。店舗側が3.5%~4.5%の手数料を全て負担する仕組みです。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)の利用時にエラーが出る

Amazon Pay(アマゾンペイ)の支払いでエラーが発生した場合は、下記のような原因が考えられます。

 

①Amazonのアカウントにクレジットカードが登録されていない

②登録したクレジットカードが使えなくなっている

③Amazonアカウントを作成していない

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)を利用するためには「Amazonアカウントを所有」し、「アカウントにクレジットカードの情報を登録している」必要があります。
登録しているカードの番号や有効期限が間違っていないか、カードの有効期限が切れていないかなどもチェックしてみましょう。
これらを確認してもエラーが出る場合は、Amazon Payの公式サイトから問い合わせするしかありません。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)の退会・解約・アカウント削除

Amazon Pay(アマゾンペイ)を退会・解約したいときのために、アカウント削除の方法も確認しておきましょう。
Amazonの独自ポイントは、Amazon Pay(アマゾンペイ)ではなく本体のアカウントに紐づけられているので、クレジットカード情報を削除してもポイントは消滅しませんが、アカウントその
ものを削除してしまうとなくなってしまうので、あらかじめポイントの残高はチェックしておきましょう。
そして、アカウントを削除した場合、利用していたメールアドレスを再利用することができません。再度新規のアカウントを手に入れるときには、別のメールアドレスで登録しないといけません。退会を繰り返すと利用しづらくなってしまうので、安易なアカウント削除は避けましょう。

Amazon Pay(アマゾンペイ)自体を使わなくなった場合、「カード情報を削除する」または「アカウントを削除する」という2つの手段を選択できます。
なお、Amazon Pay(アマゾンペイ)に紐付けてあるカード情報を削除したりAmazon Pay(アマゾンペイ)のアカウントを削除したりせずに、「定期購入商品・サービス」を解約して特定の継続的な支払いだけを停止することも可能です。「定期購入商品・サービス」の支払いは、Amazon Pay(アマゾンペイ)の「お支払い方法設定一覧」の詳細ページから「お支払い方法設定の管理」に進み、「お支払い方法設定の解除」を選択することで停止できます。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)から「カード情報を削除」する方法

Amazon Pay(アマゾンペイ)からクレジットカード情報を削除するには、公式サイトにログインして情報を変更する必要があります。

 

公式サイトからアカウントの設定をクリック
支払い方法を表示して「クレジットカード情報を編集・削除する」を選択
削除するクレジットカード情報の横にある「削除」ボタンをクリック
「確定」を押して削除を実行する
クレジットカード情報が消えていれば完了

 

こちらのページではクレジット情報の削除だけでなく追加や編集も行えるので、新しい支払い方法を設定したいときも同じです。またここで変更した情報はAmazon.co.jpに保存されている内容にも反映されるので、Amazonで買い物をする際には注意が必要です。逆にAmazon.co.jp側で変更した場合も、Amazon Pay(アマゾンペイ)のアカウント情報が変更されることになります。

 

 

Amazon Pay(アマゾンペイ)の「アカウントを削除」する方法

クレジットカードなどの支払い方法だけでなく、アカウントごと削除してしまいたいときには、以下の流れです。

 

公式サイトからアカウントの設定をクリック
支払い方法を表示して「クレジットカード情報を編集・削除する」を選択
削除するクレジットカード情報の横にある「削除」ボタンをクリック
「確定」を押して削除を実行する
クレジットカード情報が消えていれば完了

 

自分だけでAmazonのアカウントを削除することはできないので必ず申請しないといけません。Amazon Pay(アマゾンペイ)で利用されるアカウントは本家のAmazonのアカウントと同一のものなので、本当に削除するのかよく考えてから実行しましょう。アカウントはずっと無料なので、トラブルがないかぎりはそのままでも問題ありません。

 

 

まとめ

Amazon Pay(アマゾンペイ)とは、Amazonのアカウントに登録されたクレジットカード情報を利用して、Amazon以外のECサイトや実店舗で支払いができるようになる決済サービスでした。
Amazon Pay(アマゾンペイ)の利用者は、会員登録や個人情報の入力を省略することができるので、かなり楽にネットショッピングを楽しむことができるようになります。

利用には注意点は、

 

・注文完了後には配送先を変更できない(配送先はAmazon Payに登録されているもの)
・支払い方法はクレジットカードのみ
・ショッピングサイトのポイントやAmazonポイントはつかず、クレジットカードの利用ポイントのみ付与される
・それぞれのWebサイトでログインが必要なサービスは使えない

 

ということ。

Amazon Pay(アマゾンペイ)のメリットは、「Amazonに登録している自分の情報をそのまま使える」点でしょう。買い物のたびに住所・名前・クレジットカード番号などを入力する面倒がありません。「最短で2クリックでOK」という素早い買い物ができます。また、QRコードによる支払いでお店にスマホの画面を読み取ってもらうだけで買い物が完了します。
ネットでの決済もQRコードもAmazonのアカウントを所有しているならすぐ利用できる点も魅力です。以上、Amazon Payの全貌でした!

 

 

Follow me!