せどりの初心者なら月額無料の「NETSEA(ネッシー)」を仕入先にすると無在庫転売でノーリスク

 

せっかく副業するならお金をかけずリスクなくやってみたいですよね。と、なると、どこで仕入れたら良いのか?初心者がせどりをするなら、プロと同じ仕入れができる「NETSEA(ネッシー)」がおすすめです。NETSEA(ネッシー)では、会費無料・1個単位でも仕入れができるので、副業ビジネスに最適です。
今回はせどりに便利な「NETSEA(ネッシー)」についてまとめてみました。

 

 

NETSEA(ネッシー)とは

画像参照元:NETSEA公式HP

 

NETSEA(ネッシー)は個人事業主でも問屋・卸売業者から卸価格で直接仕入れられる企業間取引(BtoB)サイトで、「アパレル」「雑貨」「家具」「家電」「食品」などの幅広い
商品を仕入れることが可能です。利用には無料会員登録が必要で、登録しないと販売価格も見られません。

【公式サイトnetsea】

 

 

NETSEA(ネッシー)の特徴

NETSEA(ネッシー)は2006年にDeNAが立ち上げたサービスで、以前は一般消費者も登録できましたが、現在は法人・個人事業主のみの利用に限定されています。

 

NETSEA(ネッシー)の会員種別

NETSEA(ネッシー)には2種類の会員が存在します。

 

①サプライヤー会員

商品を供給する卸売業者・メーカー側のアカウントで、サプライヤーアカウントでは他のサプライヤーが出品した商品の価格を見ることができません。

 

②バイヤー会員

商品を仕入れる小売業者・個人事業主側のアカウントで、全てのサプライヤーの商品価格を見ることができます。
NETSEA(ネッシー)では卸売価格で大量購入できるので、仕入れ目的の小売業者以外にも、会社の備品購入を目的とした企業も登録しています。
バイヤーにも2種類ランクがあります。

 

ビギナーバイヤー 登録した直後はビギナーバイヤーです。
プレミアムバイヤー Paidに申請して審査に通るとプレミアムバイヤーになれます。
プレミアムバイヤーになると「後払いが利用可能」、「ビギナーバイヤー購入可のタグが無い商品も購入可能」となるので、仕入れる商品数が増え大量に発注することもできるので稼ぎやすくなります。

 

NETSEA(ネッシー)を卸し目的で利用するにせよ、仕入れ目的で利用するにせよ、バイヤーとサプライヤー両方の登録をおすすめします。卸し目的の場合は、バイヤー登録をしておけば他のサプライヤーの商品価格を確認できますし、仕入れ目的の場合もサプライヤー登録しておけば、販売先として良い小売業者が見つかることがあるからです。

 

NETSEA(ネッシー)の在庫リスク

NETSEA(ネッシー)は、消費者への直送ができる商品や、販売後の注文もできる商品がたくさん販売されているので、無在庫転売が可能です。すべての商品が対応しているわけではないので商品ごとに確認が必要です。

NETSEA(ネッシー)の仕入れサイトとしての評価

以前のNETSEA(ネッシー)では一般消費者でも購入できたため、仕入れた商品を転売しても利益がありませんでしたが、現在は企業・業者のみの利用に制限されているため、ヤフオクやメルカリなどに転売しても利益がでるようになっています。

 

 

NETSEA(ネッシー)の登録方法

NETSEA(ネッシー)では、スマホ1台で簡単に仕入れ会員登録できます。

 

①トップページの「仕入れ会員登録」をタップ ②登録は4工程 ③ビジネス用途のバイヤーのみ申込

 

④希望するID/パスワードを入力 ⑤副業の場合「その他」を選択
社名覧は個人名で入力
⑥登録した電話番号で認証

 

⑦申込完了で割引のクーポンがもらえる ⑧仕入先業者によっては店舗のある業者しか取引承認しない場合も。店舗があれば紹介文を記入しておく
(店舗紹介が空欄でも400店舗近くと取引可能)
⑨登録完了すると取引申請が可能なサプライヤーに一括で取引申請できる。

 

 

初心者がNETSEA(ネッシー)での仕入れのコツ

では、初心者がNETSEA(ネッシー)で商品の仕入れをするにあたり、むやみやたらに品揃えをしてもリスクしかありません。2つのコツを守ってスタートしてみましょう。

専門店になってジャンルを絞る

NETSEA(ネッシー)で無在庫転売をする場合、まずは売れるジャンルを絞ってみましょう。特定のジャンルに特化することで、「アレを買うならココだな!」というユーザーからの信頼もUPするので、商品を購入してもらいやすくなります。いわゆるセレクトショップのオーナーみたいなもので、OLさんが着るハイセンスなアパレル商品に特化したり、20代のストリート系のアパレルに特化してみたり、という感じですね。一つのジャンルをクリアしてから他のジャンルに拡大していくのがコツです。

無在庫転売で在庫リスクをなくす

そして、初心者がNETSEA(ネッシー)から仕入れる場合にオススメなのは無在庫転売です。NETSEA(ネッシー)には無在庫転売ができる商品がたくさんあります。
注文が入ってから発注することで無駄な在庫をかかえるリスクがありません。中には、画像の転用がOKな商品もあるので、最初は在庫がなくても受注できます。

 

 

NETSEA(ネッシー)のおすすめジャンル

NETSEA(ネッシー)の商品の中で、特にメルカリやラクマなどのフリマサイトで売れやすい商品ジャンルは次のとおりです。

 

・アパレルファッション
アパレル商品は、NETSEA(ネッシー)でも売れ行きが良いジャンルなので品揃えも豊富です。メルカリやラクマは女性が多いのでアパレル商品が人気です。

 

・ベビー用品

メルカリやラクマは主婦層も多いので、すぐ着れなくなる子供服・育児用品などは「安く」おさえたいジャンルなので大きな需要があります。NETSEA(ネッシー)にはベビー用品もたくさんの品揃えがあります。

 

・美容家電

家電系は転売で稼ぎやすいジャンルNO,1です。NETSEA(ネッシー)にもたくさんの家電が格安で出品されています。メルカリ・ラクマでは「ヘアアイロン」「ヘアドライヤー」「美顔」などをNETSEA(ネッシー)で仕入れると良いでしょう。

 

 

NETSEA(ネッシー)の無在庫転売の特徴

NETSEA(ネッシー)無在庫転売のメリットとデメリットを紹介します。

NETSEA(ネッシー)の無在庫転売のメリット

ヤフオク・メルカリ・Amazonなど、多くのサイトで無在庫転売が禁止されています。禁止の理由は発送の遅延・仕入れの失敗のリスクがあり、購入者にのクレームになりサイト全体のイメージが悪くなるからです。無在庫転売の容疑があるとアカウント停止になりますが、NETSEA(ネッシー)には受注後発注や消費者への直送ができる商品が多々あるため、無在庫転売特有のリスクがかなり低くなります。正直、出品サイト側も在庫の有無を直接確認できないので、発送が大幅に遅れたり注文のキャンセルなどがない限りは、無在庫転売を疑いません。
また、NETSEA(ネッシー)で購入者に直送してもらう場合は、無地のダンボール&あなたの名前で発送されるので、購入者に無在庫転売を疑われることもありません。

NETSEA無在庫転売のデメリット

ただし、NETSEA(ネッシー)には消費者直送・販売後注文に対応していない商品もあります。扱いたい商品が非対応だった場合は、事前に仕入れするか、別の仕入れ先を探すしかありません。また、NETSEA(ネッシー)は会費が無料なのでライバルも多く、売れ筋商品は価格競争が起きやすくなり利益率が低くなる可能性があります。

 

 

NETSEA(ネッシー)の商品をメルカリで無在庫転売する手順

NETSEA(ネッシー)に登録してから無在庫転売するまでの流れは以下のとおりです。

 

① NETSEA(ネッシー)の会員登録をする

NETSEA(ネッシー)のトップページの「仕入れ会員登録する」から会員登録をします。

② メルカリで売れている商品を探す

NETSEA(ネッシー)で商品を選ぶ前に、メルカリの売れ筋商品をチェックしましょう。メルカリで確認する場合は、「韓国レディース服」「美顔器」などのジャンルのキーワード、詳細検索で「売り切れ」にチェックを入れて絞り込むと、売り切れが多いものが人気商品ということがわかります。その際、どれくらいの価格で売れているのかもチェックできます。

③ NETSEA(ネッシー)で商品を検索する

次に、調べた売れ筋商品がNETSEA(ネッシー)にあるか確認します。検索結果に同じ商品があれば、その商品ページを開いて詳細を確認してます。「販売後注文可」のタグがあることを確認してください。会員登録したばかりの人は、「ビギナーバイヤー購入可」のタグも確認しましょう。そしてページ右にある表の「消費者直送」「ネット販売」「画像転用」に◯がついていることを確認してください。これらに◯が付いていないと無在庫転売ができません。

 

【間違った商品選び】

NETSEA(ネッシー)ではカテゴリ別に日間・週間・月間の商品ランキングを見ることができます。これを参考にしても必ず売れる訳ではありません。なぜなら、ランキング上位の商品はライバルが多いということと、NETSEA(ネッシー)で売れている商品がメルカリでも人気とイコールにはならないからです。

 

④メルカリで商品を出品する

商品が決定したら早速メルカリ出品します。NETSEA(ネッシー)の商品ページで「画像転載」「消費者向け商品説明」が◯になっている商品は、画像や説明文をそのまま転用できます。そうでない場合は、自分で画像と説明文を用意しないといけません。

⑤ NETSEA(ネッシー)に商品を注文する

メルカリで商品が売れたら、すぐにNETSEA(ネッシー)で注文してください。購入者に直送する場合は、送付先で「その他の住所(消費者直送)」を選択して、購入者の住所を入力します。納品書を同封したい場合は、「顧客直送用納品書を希望する」にチェックを入れてください。

 

 

NETSEA(ネッシー)で無在庫転売で稼ぐコツ

以下の2つのポイントを押さえれば、NETSEA(ネッシー)無在庫転売だけで生計を立てることも可能です。

人気に左右されない息の長い商品を狙う

トレンド商品は爆発的に売れ、ブームが終わるとパタリと売れなくなるので、常に新商品を探し続けなければいけないのでかなり手間です。
となると、安定して需要がある商品を扱っていくのが賢いやり方となります。NETSEA(ネッシー)の人気ランキング上位の商品は「旬の商品」となり販売時期が短く、ライバルも多いので、価格競争となりあまり粗利がありません。ランキング圏外の息の長い商品を探すほうが賢明です。

プレミアムバイヤーになる

説明済ですが、バイヤーアカウントには「ビギナーバイヤー」「プレミアムバイヤー」の2種類あり、「プレミアムバイヤー」はビギナーバイヤーが買えない商品も発注できるので、商品の幅が広がり差別化ができ稼ぎやすいです。

 

 

NETSEA(ネッシー)で仕入れをするメリット・デメリット

NETSEA(ネッシー)で仕入れをする、メリット・デメリットをまとめてみました。

NETSEA(ネッシー)はプロと同じ仕入れ先で安い

NETSEA(ネッシー)は、法人の卸売を前提としたオンラインの卸売市場なので、個人で仕入れする場合でも、プロと同じ商品を安価に仕入れられるのは大きなメリットです。
しかも会員料金もかからず経費をかけずに利用できます。

NETSEA(ネッシー)は転売ではないのでたたかれる心配はない

NETSEA(ネッシー)でのせどりは、悪質転売とはならず、卸問屋から仕入れて販売する一般的な商行為です。インスタなどでは、中国の通販サイトなどから安く仕入れた
商品を、フリマアプリで転売してたたかれているケースもあります。個人でだれでも安く買える商品を割高に転売するのは???な行為ではす。その点、NETSEA(ネッシー)
は一般ユーザーが利用できないプロ専用のサイトなので、転売行為をたたかれる心配がありません。

NETSEA(ネッシー)は在庫リスクがない

過去の展示会ベースの仕入れは、個数や金額しばりがあったりしてバイヤー側が在庫をかかえるリスクがありましたが、NETSEA(ネッシー)の場合は、自分の販売サイトで
注文を受けてから発注ができる無在庫転売が可能です。在庫をかかえるリスクがまったくなく、さらには発送までやってくれる商品も多いです。さらに、画像も転用してOK
という商品も多いので、これから開業する資金少ない人にはうれしいかぎりの内容となっています。

NETSEA(ネッシー)自体が有名なので商品がかぶってライバルが多い

こんなにおいしい内容のサイトなので、みんなこぞって利用します。ということは、販売商品が被ってしまいライバルはたくさんいるというのはしかたないことです。
商品ページの写真をそのまま使わずオリジナルの写真を撮るなど、同じ商品でも差別化する工夫が必要です。

 

 

まとめ

NETSEA(ネッシー)は、法人や個人事業主、開業準備中の人が利用できるオンラインでの卸売サイトです。販売ビジネスの利用サイトなので、商品を安価で仕入れられます。
アパレルを始めとする仕入れ先を探している人のは最適の条件で自分だけのセレクトショップを作ることが可能です。ネットショップがないと利用できないの?となりますが、副業での仕入れ会員登録もできます。NETSEA(ネッシー)で仕入れてメルカリに出品も可能です。

 

ぬるま湯かよっ!TOPWHOLE(トップホール)はとことん甘やかせてくれる仕入先!韓国レディース服せどり受注発注ができる

 

Follow me!