おすすめアプリ

#377【VLOGでみんな持ってる謎のアイテム】シャレ感しかないBULY(ビュリー)って何やねん?雰囲気ブランド?

ここ数年、「オシャレ」というものから遠ざかっていたように思います。
が、最近YouTubeのVLOGでオシャレ心に火が点いたを観ていて、やたらみんな持っている

BULY(ビュリー)

何なん?一種の宣伝か?というくらいオサレVLOGで出てきます!
そこで、今回はBULY(ビュリー)とはどんなブランドなのかを調べてみました!

スポンサーリンク

BULY(ビュリー)とは

画像引用元:BULY公式HP

BULY(ビュリー)とは、ジャン=ヴァンサン・ビュリーという調香師が18世紀後半から香粧品の開発に着手し1803年パリのサントノーレ通りオフィシーヌ・ユニヴェルセル1号店を構えたお店(ブランド)です。当時の製造法とは一線を画したビュリーの香粧品は、人気となり、「蒸留師」「調香師」「美容専門家」としても一目置かれる存在となりました。
まとめると、1803年創業の「香水」「基礎化粧品」を取り揃えた総合美容薬局というカテゴリーです。
一時期はブランドの休止となっていましたが、2014年にアートディレクターのラムダン・トゥアミと美容専門家のヴィクトワール・ドゥ・タイヤック(Victoire de Taillac)夫妻によってリブランドされ復刻オープンしています。

BULY(ビュリー)の素敵すぎるパッケージ

画像参考元:BULY公式HP

BULY(ビュリー)の商品が釘付けされる理由のNO,1の理由は、

「パッケージが素敵すぎる」

パッケージビジネスを疑いたくなるほどの素敵さといったら!!!
さすがアートディレクターが再建したブランドです♪
いかにも「西洋!」なデザインが女子なら絶対にハマるデザイン!中身を使わなくても部屋に置いておくだけでテンション上がるのは間違いない!

さらに、購入した商品のパッケージにカリグラフィーの文字入れのサービスもあるんです!商品の箱に名前やメッセージ(単語レベル)をスタッフが直筆で書いてくれるので、ギフトとしてもクオリティは高い!!!

あと、リップクリーム等のケースはカスタマイズができます。蓋のベースとイニシャル(大文字2文字)刻印ができるので自分用のオリジナルを楽しめるのでさらにテンションupupでございます!

BULY(ビュリー)の店舗

画像引用元:BULY公式HP

そして、そんな素敵すぎるBULY(ビュリー)の商品なので、もちろん店舗も

スゲェ

です。異空間。。。完全海外。。。そんな言葉がピッタリの店内はおしゃれすぎです。
各店舗によって独自の店構えなので、京都店と代官山店では店内デザインも違いますが、BULY(ビュリー)の世界観は残しつつのすんばらしいデザイン性です。

2022年9月時点での営業店舗は下記の通り。

店舗 営業時間 住所・電話番号
【北海道】
札幌店
10:00〜21:00 〒060-0005
北海道札幌市中央区北5条西2-5
札幌ステラプレイス センター1F
TEL: 011-209-5572
【東京】
松屋銀座店
(月~土)
10:00〜20:00
(日)

10:00〜19:30
〒104-8130
東京都中央区銀座3-6-1
松屋銀座1階
TEL:03-6263-2566
【東京】
新宿店
(月~土)
11:00〜21:00

(日・祝)
11:00〜20:30
〒160-0022
新宿区新宿4-1-6
NEWoMan SHINJUKU 1F
TEL:03-6380-6200
【東京】
丸の内店
11:00~20:00
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-6-1
丸の内ブリックスクエア 1F
TEL:03-6256-0188
【東京】
代官山店
11:00~20:00 〒150-0021
渋谷区恵比寿西1-25-9
TEL:03-6712-7694
【東京】
渋谷店
11:00~20:00
AU MUSEE DU LOUVRE
は1F
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町15-1
渋谷パルコ2F
TEL:03-6416-1888
【東京】
トゥモローランド店
11:30〜20:00 〒150-0002
渋谷区渋谷1-23-16
cocoti 1F
TEL:03-5774-1711
【東京】
日本橋店
10:30~20:00 〒103-8265
東京都中央区日本橋2-5-1
高島屋S.C.本館ガレリア1F
TEL:03-6262-1605
【東京】
青山骨董通り店
11:00~20:00 〒107-0062
東京都港区南青山5-11-5
TEL:03-6712-5455
【東京】
二子玉川店
10:00~20:00 〒158-8701
東京都世田谷区玉川3-17-1
高島屋S・C 本館 1階
TEL:03-6431-0507
【横浜】
横浜店
(月~金)
11:00~20:00

(土日祝)
10:00~20:00
〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸1-1-1 NEWoMan 横浜 1F
TEL: 045-534-5700
【名古屋】
栄店
11:00~20:00
無休(不定休)
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-29-1
名古屋パルコ西館1階
TEL:052-212-8990
【名古屋】
名古屋店
10:00 〜21:00 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3
タカシマヤゲートタワーモール2F
TEL:052-566-6222
【大阪】
難波店
10:00~20:00
無休(不定休)
〒542-8510
大阪府大阪市中央区難波5-1-5
大阪高島屋1階
TEL:06-6632-9781
【大阪】
梅田店
10:00~20:00 〒530-8350
大阪市北区角田町8-7
阪急うめだ本店 2F
TEL:06-6313-0650
【京都】
京都店
11:00-20:00 〒604-8032
中京区山崎町251
京都BAL 1F
TEL:075-286-3584
【福岡】
福岡店
10:00-20:00 〒810-8717
福岡県福岡市中央区天神1-4−1
大丸福岡天神店 1F

TEL:092-753-6575

やっぱ都会にしかない…。田舎者にはこの日常のハイセンス商品は受け入れにくいって感じもします(笑)需要なさそう…(*´Д`)
海外も主要都市に店舗があります。

店舗 営業時間 住所・電話番号
【フランス】
パリ
ボナパルト店
(月~土)
10:30~19:00

(日)定休
6, rue Bonaparte 75006 Paris
TEL:01-43-29-0250
【フランス】
パリ
マレ店
(火~土)
10:30~19:00

(日)11:00~18:00
(月)定休
45 rue de Saintonge 75003 Paris
TEL:+33-142-72-2892
【フランス】
パリ
LE BON MARCHÉ店
(月~土)
10:00~20:00
(日)11:00~20:00
24 rue de Sèvres 75007 Paris
TEL:-
【イギリス】
ロンドン
SELFRIDGES店
(月~土)
9:30~21:00

(日)
11:30~18:00
400 Oxford Street W1A 1AB London
TEL:-
【イタリア】
ミラノ
ミラノ店
Via Monte di Pieta 1A 20121 Milan
TEL:+390236633501
【ドイツ】
ミュンヘン
MUNICH店
2, Promenadeplatz,Bayerischer Hof80333 München
TEL:+49 (0) 89-649-625-76
【中国】
香港
セントラル店
11:00~20:00 20 Wyndham St Hong Kong
TEL:+852 2191 9005
【台湾】
台北
大安店
11:00~21:00 No. 263, Section 1, Dunhua S Rd
00106 Taipei
TEL:+886 2 2703 1898
【韓国】
江南
江南店
11:00~21:00 80-13, Cheongdam-dong 135000 Seoul
TEL:+82 2 511 3439
【タイ】
バンコク
CHIDLOM
Central Chidlom, 1027 Phloen Chit Rd, Lumphini, Pathumwan
10330 Bangkok
TEL:02793777
【フィリピン】
マニラ
MAKATI CITY店
Unit 21, Level 1, Greenbelt 3, Ayala Center Manila
TEL:-

海外は21時まで営業している店舗も多いので、海外旅行のついででもゆっくり買い物ができそうですね。パリのお店は老舗だけあって店内の雰囲気もオシャレゆーか、本格的すぎて重厚感ありすぎ!店舗によっていろんな顏のBULY(ビュリー)がみれてインテリアの参考にもなります♪

BULY(ビュリー)の商品のこだわり

BULY(ビュリー)の商品は主に「香り」「化粧品」ということですが、商品構成は下記のように3本柱になっています。

オリジナル商品 ・水性香水
・ミルク
・化粧水
・中性石鹸
・ろうそく
パッケージ
のみの商品
・精油
・クレイ
セレクト商品 ・櫛
・フェイスブラシ
・ボディブラシ
・歯ブラシ
・爪切り

BULY(ビュリー)の商品は、創業当初の製法に基づきながら改良を加え、

  • 防腐剤のパラベン
  • フェノキシエタノール
  • シリコン

などを一切含まない無添加の製品です。さらに、原料の香りを最大限に引き出すためグリセリンやアルコールなどの香りを妨げるような成分を含まない製法で商品づくりをしています。いろんなアレルギーをもつ人には体にも優しい商品といえます。

BULY(ビュリー)の商品

BULY(ビュリー)の代表的な商品をチェックしてみます。

BULY(ビュリー)の水性香水
「オー・トリプル」

画像引用元:BULY公式HP

BULY(ビュリー)の水性香水「オー・トリプル」は、水をベースにした世界初の水性香水です。水性香水とは、水と油/オイル、香料が含まれたフレグランスのことで、アルコール・エタノール不使用なので、アルコールにかぶれる敏感肌の人やアレルギーの人にもおすすめです。香水独特のキツイ感じがないので赤ちゃんやペットがいる家でも使える優しい香水です。
アルコール未使用のデメリットとしては、寿命が短いこと。普通の香水で開封後1年くらいで香りの変化が起きてきます。水性の場合もっと短いのでパーフェクトな香りを楽しみたい人は使い切りまで急がないと…。ただ寿命が過ぎてもルームフレグランスとしても使えるので問題はなさそうです。
BULY(ビュリー)の代表作の水性香水ですが、

と・に・か・く

お値段がぁ(;_;)

なので、実店舗で香りを確認してからじゃないと「ネットで気軽にお試し購入♪」なんてできませんね。

BULY(ビュリー)の化粧水「オー・スゥペールフィヌ」

画像引用元:BULY公式HP

BULY(ビュリー)の化粧水「オー・スゥペールフィヌ」は、ダマスクローズの蒸留水がベースの化粧水です。お肌をいきいきとなめらかに整え、穏やかに落ち着かせるベースの化粧水。190mlローズ系の香りは個人的には苦手なのですが、このボトルよ!!!
インテリアで欲しいわぁ♪
化粧水で5,000円前半なら普通の価格帯といったところでしょうか。

BULY(ビュリー)のハンドクリーム「ポマード・コンクレット」

画像引用元:BULY公式HP

手の平のイラストがかわいいハンドクリーム。シアバターをベースに、ごま油(再生と再構築)と、蜜蝋の特性をミックスして、カモミール水が手足の肌荒れや乾燥を滑らかにしてくれます。カラーも最高なデザイン性♪

 

BULY(ビュリー)のボディオイル「ユイル・アンティーク」

画像引用元:BULY公式HP

BULY(ビュリー)のボディオイル「ユイル・アンティーク」は、古代ギリシアより医療や美容法、温泉療法から浸透力を高める手法)インスパイアされた商品です。入浴後濡れたままの肌にのばすタイプの蜜のようなボディオイルです。ボディオイルは沢山種類があるので香りが選べます。

  • セサミオイル=肌を柔らかく
  • アプリコットオイル=肌の乾燥防止
  • ココナッツオイル=肌の柔らかさとハリ、ツヤ

1834年からスタートしたこのボディオイルは、古典主義が流行した19世紀初頭に絶大な人気を博した歴史ある商品で、現代的な製品として生まれ変わっています。
また、乾燥した髪の毛先に少量なじませて香りを楽しみながら保湿ケアができます。

ドライオイルはパッケージもフォントだけなので選びやすいですが、絵柄のあるほうが断トツ素敵です( *´艸`)

BULY(ビュリー)のボディミルク「レ・ヴィルジナル」

画像引用元:BULY公式HP

「レ・ヴィルジナル」は、プトレマイオス朝時代のエジプトや古代ローマ期の伝統的な美容法から着想を得たボディミルク。肌の保湿効果があり、キメが整いなめらかな手触りの高貴な肌に導いてくれます。ほのかに香りで入浴後の睡眠時にラグジュアリーな気分になれます。
コチラのシリーズも香りが複数あるので自分好みの香りが選べます。オイルより軽めの肌触りが希望の人にはおすすめ。パッケージは香りに関係なく統一されたイラストです。

BULY(ビュリー)の中性石鹸「サヴォン・スゥペールファン」

画像引用元:BULY公式HP

サヴォン・スゥペールファン(SAVON SUPERFIN)は、植物由来のpH中性石鹸。 ソーダフリー、 グリセリンフリーでつくられていて、肌を柔げてくれるミルキーで細やかな泡立ちと香り高さが魅力です。効能や香りもさることながら、石鹸自体のデザインされた幾何学的なフォルムは、洗練されたフランス庭園の雰囲気でオサレ感強め!使うのがもったいない!

BULY(ビュリー)の歯磨き粉「オピア・ダンテール」

画像引用元:BULY公式HP

オピア・ダンテール(POPIAT DENTAIRE)は、蛇のイラストで知られる歯磨剤。しなやかなテクスチャーの歯磨き粉は、主成分は口内の悩みに効くと言い伝えられるフッ化物を含まない天然の温泉水です。 温泉水の原産地南仏ジュルス地方のカステラ・ヴェルデュザンに湧き出る水は、硫酸塩(サルフェート)やカルシウム、マグネシウムを豊富に含んだ自然の水の恩恵を受けています。この湧き水は喉の痛みに効くと言われ、歯磨きのあとの爽やかさを実感できます。フランスの厚生労働省当局より温泉水として初めて歯周病の治療および口内や舌の粘膜の病気を防ぐとして認定されました。
これ一目ぼれした理由がやっぱフォルムで…別売りされているコレ↓

画像引用元:BULY公式HP

このキャップとチューブを合体してスタンドしてくれます!
もぅ、悶絶級のオサレ感!!!
このキャップがメインで歯磨き粉はおまけっちゅうくらいデザインの天才♪
これ並べたら眠い朝もテンションMAXで歯磨きできそう♪なんて小学生みたいなことも言いたくなるくらいのハイセンスっぷり(‘◇’)ゞ脱帽

まとめ

てなわけで、歴史あるすんばらしい商品ということが分かったと思いますが、個人的には9割パッケージデザインに惹かれます!!!「香り」がメインの商品が多いので実際に店舗に行って購入するのがオススメ!1回気に入ったものがあればネットでリピートできるので便利です。パッケージと店舗構えからして世界観が出来上がったブランドなので、そりゃ魅力はありますよね♪
個人的には、ハイブランドの店内より魅力的と思います!世界のハイブランドって店内がどこも同じ風に感じるのは私だけでしょうか?
ハイブランドも歴史あるところが多いのにBULY(ビュリー)のようなこの世界観は伝わっていないような…アパレルと美容品との違いはあるのかな?
近いBULY(ビュリー)で買えるのに旅行の際にはその土地のBULY(ビュリー)に行ってみたい!とアミューズメントパークのような空間を味わいたいという店舗は珍しいと思うので是非是非一度店舗で味わってほしいです!

オンラインSHOPはココ】から

スポンサーリンク