お得なアプリ/サイト

#309【セブンネットショッピング】知らなかった!ネット通販で1番お得かもしれない説!?の詳細を調べてみた!

「セブンネットショッピング」正直1回も利用したことがありませんでした。
普段は、

  • Amazon(定期便専用)
  • Yahoo!ショッピング(最安検索あれば)
  • 楽天市場(最安検索あれば)
  • auPAYマーケット(ポイント消化用)

とういような使い分けをしています。
Amazon…正直プライム会員もったいない気が…。

そして縁の無かった「セブンネットショッピング」が一番お得かもしれない!という情報が!!!本当に一番オトクなのか?その内容を今回まとめてみました。

スポンサーリンク

セブンネットショッピングは送料無料?

セブンネットショッピングはコンビニのセブンイレブンを経営しているセブン&アイグループなので、全国のセブンイレブンの店頭で受取が可能となっていて、その場合送料がかからない!

…とネットでは好評ですが、セブンネットショッピングは雑誌や書籍・DVDなどの専門ショップなので楽天市場などのような全ジャンルを扱っているサイトではないので注意しましょう。

まず、セブンネットショッピングは「omuni(オムニ)7」というサイトの一部です。

omuni(オムニ)7
L セブンネットショッピング(←ココ)
L イトーヨーカドーネット通販
L アカチャンホンポネット通販
L ロフトネットストア
L 西部・そごうeデパート

他の「omuni(オムニ)7」内のショップには最低購入金額が設定されていて設定金額以上であれば店頭受取が無料になります。

店頭受取 店頭受取可能な
合計購入金額
セブンネット
ショッピング
なし
※一部除外品あり
イトーヨーカドー
ネット通販
2,200円
(税込)
ロフト
ネットストア
3,000円
(税抜)
西武・そごうの
eデパート
300円
(税抜)
アカチャンホンポ
ネット通販

 

公式サイトの抜粋画面ですが、上記したように全商品が対象ではないので注意が必要です。セブンネットショッピングなら全部OKみたいな記載がされていますが、実際のところ店頭受取ができない商品もあります!雑誌などは店頭受取が無料ですが、キャラクターのキーホルダーなどのグッズは宅配(有料)でしか選択できないものがあります。

セブンネットショッピング以外の、食品や日用品を販売しているストアでは、イトーヨーカドーの場合は2,200円以上など細かい合計金額が記載されています。

ちなみに宅配の場合の送料は下記のとおり↓

セブンネットショッピングはココから↓



セブンネットショッピングの支払方法

セブンネットショッピングでの支払方法は下記の通り。

セブンイレブンの店頭でも支払ができるのでクレジットカードがない人でもOKです。
セブンネットショッピングでのポイントと、店頭払いの際にポイントカードを出せばさらにnanacoポイントも貯まるのでオトクです。
そして商品によりますがマイルも貯まるのですごいオトクにショッピングができるのは間違いないですね。

セブンネットショッピングのメリットとまとめ

というわけでセブンネットショッピングのメリットとデメリットをピックアップしておきます。

セブンネットショッピングのメリット

  • コンビニ受取なら時間を気にしなくていい
  • クレジットカードがなくても買い物ができる
  • ネットでの購入ポイントと店頭支払ポイントが貯まる
  • マイルもたまる
  • nanacoポイント払いもできる

 

セブンネットショッピングのデメリット

  • 全商品が店頭受取無料の対象ではない

 

といった感じです。

結果として、

「書籍やDVDなどを購入するならオトク!」

という結果になります。
セブンネットショッピング以外のサイトも最低金額をクリアすればオトクな場合もあるので、いつも楽天やヤフショなので購入している人は1度のぞいてみて参考にしてみてください!

セブンネットショッピングはココから↓



スポンサーリンク