nanacoナナコにクレジットカードでチャージ方法!チャージポイントが貯まる?

 

この記事は「nanacoポイントの全貌」のクレジットカードチャージにフォーカスした記事になります。

メイン記事の「nanacoポイント」はココから↓

幻のセブンペイからおかえりなさい!再度nanaco(電子マネーナナコ)とポイントの魅力と全貌を解き明かす!

 

 

クレジットカードチャージでnanacoポイントを貯める

nanaco(ナナコ)カードやnanaco(ナナコ)モバイルには4つのチャージ方法があります。

現金でチャージ
クレジットカードでチャージ
nanacoギフトでチャージ
nanacoポイント(交換)

 

上記4つのチャージ方法のうち、効率よくポイントを獲得する方法は、2番目のクレジットカードによるチャージです。
現金、nanacoギフト、nanacoポイントの交換とちがって、クレジットカードのポイントが別途に貯まるからです。
以前は数種類のクレジットカードからチャージでチャージポイントも付与されていましたが、2020年3月12日からセブンカード4種類のみ(●セブンカード・プラス●セブンカード・プラス/ゴールド●セブンカード●セブンカード/ゴールド)以外のクレジットカードがnanacoに新規登録できなくなりました。
しかも「セブンカード・プラス」以外現在は発行中止しているので、これから新規でnanacoチャージでポイントを貯めたい人は「セブンカード・プラス」1択となりました。

 

セブンカード・プラスの詳細はコチラ↓

【2020年4月最新】改悪にあたりnanacoポイントでポイ活するならセブンカードプラスを持つしかない!

クレジットカードのチャージポイントがあれば、

 

「チャージ分のクレジットカードポイント」

「商品購入時のnanacoポイント」

2回のタイミングでポイント還元

 

 

というふうに、Wでポイントが受けられます。いわゆるポイントの二重取りです。
たとえば、nanacoに月10,000円チャージするとします。現金でチャージしてもポイントはもらえません。もらえるのはnanacoで支払いした分の50ポイントです。
nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを使った場合「セブンカード・プラス」(還元率0.5%)で検証してみましょう。

 

 

つまり、現金チャージした場合にもらえるポイントと比較すると2倍以上お得になります!!セブンカード・プラスの場合は、ポイントシステムとしてnanacoポイントを取り入れているため交換せずnanacoポイントの二重取りとなりますが、その他のクレジットカードを利用した場合には、各カード会社のポイントで還元となります。

 

 

既存登録済でnanacoチャージポイントが貯まるクレジットカード

「新規」にnanacoに登録できるクレジットカードが「セブンカード・プラス」だけですが、今まで「セブンカード・プラス」以外のクレジットカードを登録していた人はそのままポイントが付与されます。

既存で登録済でチャージポイントが貯まるカードの一部です。↓

券名 国際
ブランド
年会費 還元率 付与
ポイント
セブンカード・プラス JCB・VISA 無料 0.5% nanacoポイント
リクルートカード JCB・VISA・MasterCard 無料 1.2%
上限3万円/月
Pontaポイント
●セディナカード
●セディナカードJiyu!da!
JCB・VISA・MasterCard 無料 0.5% わくわくポイント
ファミマTカード JCB 無料 0.5% Tポイント
リーダーズカード JCB・VISA・MasterCard 初年度無料
2年目2,500円(税抜)※
0.34% Reader’s Cardポイント

※年間カード利用額30万円未満の場合有料

 

オートチャージもOK「セブンカード・プラス」

 

 こんな人におすすめ


●何枚もポイントカードを持ちたくない
●ポイントをすぐ失効させてしまう
●チャージの手間が面倒だ

 

セブンカード・プラスなら、nanacoカードとクレジットカードを1枚にまとめられ、チャージで貯まるのもnanacoポイントなので、ポイント管理がとても楽です。ポイントは貯めたいけど面倒な作業は嫌だ…という、面倒くさがりな人におすすめです。年会費300円のnanacoカードも無料で発行できるメリットもあります。セブンカード・プラス (クレジット決済) でセブンイレブンで買い物すると、200円で2Pポイント貯まります。(加盟店以外や公共料金の支払だと200円で1P)なのでセブンカード・プラスで、セブンイレブンの通常商品はクレジット決済で購入し、ボーナスポイント対象商品はカード内蔵のnanacoで購入すると、MAXでポイントが貯まります。

ちなみにnanaco番号 (nanacoカード/ nanacoモバイル) と紐付け済のセゾンカード、またはUCカード (クレジット決済) でセブンイレブンで買い物すると、1,000円につきnanacoポイントが5ポイントと永久不滅ポイントが1ポイントが貯まります。しかしセゾンカード/ UCカードよりもセブンカード・プラスの方がnanacoポイントは貯まりやすいので、セブンカード・プラスを選ぶ方が良いと思います!このカードは、クレジットカード決済すると、そのままnanacoポイントが貯まります。他社カードの場合、nanacoカードにチャージして他社のポイントが貯まり、nanacoポイントに交換して貯める流れになるので、ここはかなりの魅力です。いろんなところにポイントを分散させていると、交換するのが面倒ですし、使用期限忘れてポイントを無駄にしてしまう事もあります。それを防ぐためにも、チャージ用のクレジットカードとnanacoカードが一体になっているところが便利です。お財布の中のカードが一枚少なくなるのも嬉しいですね。

さらに、お会計の時の残高不足のとき、自動でクレジットカードからチャージしてくれる「オートチャージ」が使えるのもセブンカード・プラスだけです。セブンイレブンとイトーヨーカドーのみでの利用になりますが、チャージのタイミングを気にせず気軽にお買い物できますよ。セブンイレブンのみですが、オートチャージでも通常のチャージと同様ポイントが貯まります。イトーヨーカドーのチャージポイントは付与対象外となってしまいました…。

セブンカード・プラスは2020年1月10日から永年無料に変更となり、かなりのメリットとなりました。
そして毎月8,18,28日の「8がつく日」は、イトーヨーカドーでのお買い物が5%オフになる特典もついてます。

 

【2020年4月最新】改悪にあたりnanacoポイントでポイ活するならセブンカードプラスを持つしかない!

 

 

安定の高還元率1.2%「リクルートカード」

 

 こんな人におすすめ


・一番還元率の高いカードでとにかくポイントを多く貯めたい
・リクルートのウェブサービスをよく利用する
・Pontaポイントも貯めたい
・学生や主婦で審査が心配だ

 

リクルートカードは、ブランドがJCBとVISA、MasterCardの3種類ありますが、どれでチャージしてもnanacoのポイントが貯まります。ただし、VISAとMasterCardの方が、電子マネー「楽天Edy」にも対応しているため、VISAかMasterCardがおすすめです。リクルートカードは、1.2%という還元率の高さが魅力的な一押しカードです。 nanacoチャージ1000円につきリクルートポイントが12ポイント貯まります。

ただし、nanacoチャージに関しては、月の上限3万円の限度額があり、3万円を超えた分に関してはポイントがつきませんので注意してください。

リクルートが運営するネットサービス(・じゃらんnet・ホットペッパーグルメ・ホットペッパービューティ・ポンパレモール等)のリクルートが提供するサービスの利用で、さらにポイント還元されます。 じゃらんnetで3.2%に還元率アップや、ポンパレモールで購入で4.2%に還元率アップなど、リクルートカードを持ちながらリクルートサイトを利用すれば、「普段の買い物で貯まるカード利用ポイント」+「リクルートサイトを利用した時に貯まるリクルートポイント」でWでどんどんポイントを貯めれます。ここにnanacoチャージのポイントも加わり、かなりお得な条件がそろっています。 毎月たくさんのポイント数を貯めることができそうです。

貯まったリクルートポイントは、リクルートのネットサービスで使えますが、Pontaポイントに交換することも可能です。PontaWebの会員登録をして、リクルートポイントをPontaポイントに交換することができるので、リクルート500ポイントを、Ponta500ポイント に交換でき、そのままPontaポイントの加盟店で使えるようになります。Pontaポイントの加盟店は、ローソン・GEO・ケンタッキーなど大手のチェーン店が多く、全国的にポイントを消化しやすいです。これなら、普段ネットサービスを利用しないような方も、ポイントを有効活用できますね。セブンイレブンの電子マネーnanacoにチャージで、ローソンのPontaポイントが貯められる…不思議な感じですが、コンビニは定価の物も多いので、どちらで使用しようと、さほど差はないでしょう。

それから、18歳以上であれば学生や専業主婦でも作れるカードなので、審査が心配な人にもおすすめです。

 

 

リボ専用のセディナカードJiyu!da!

 

 こんな人におすすめ


●イオンで大きな買い物をする機会が多い
●幅広い補償やサポートサービスが欲しい
●リボ払いカードが欲しい

 

リボ払い専用のカードです。設定にさえ気をつければ、大手が運営している補償サービスのしっかりしたカードなので、安心して使えます。サービス内容をしっかり理解した上で計画的に使える人におすすめのカードです。セディナカードJiyu!da!を利用すると、200円につき1ポイントの「わくわくポイント」がもらえます。これまで紹介してきたのは、TポイントやPontaポイントが貯まって、いろんな場所でポイントが使えるカードでしたが、わくわくポイントはセディナカードが独自に運営しているポイント制度のため、「せっかく貯めても使えるの?」と思う人もいるかもしれませんが、nanacoユーザーにとっては嬉しい内容が用意されています。

食品・家電などのポイント交換グッズ/寄付/キャッシュバック(口座振込)/抽選参加/商品券/ポイント交換

このように、バリエーションに富んだ使い道が用意されています。
特にnanacoユーザーにとって嬉しいのは下の2つではないでしょうか。

 

商品券…チャージが入ったnanacoカード
(5,000わくわくポイントで5,000円分)

ポイント交換…nanacoポイント
(1,000わくわくポイントで1,000 nanacoポイント)

 

nanacoチャージでコツコツポイントを貯めたら、2つのうちどちらかを選べば、貯めたポイントをセブンイレブンで使えます。カードが2枚になると面倒なのので、チャージ入りnanacoカードよりポイント交換の方がいいかもしれません。

セディナカードJiyu!da!を、セブンイレブンあるいはイオン・ダイエー・宇佐美で利用すると、わくわくポイントが3倍貯まります。イオンで大きな買い物をする時なんかはすごく得した気持ちになれそうですね。ちなみに、このカードはショッピング保険の内容が充実していて、180日以内に購入した商品の破損・盗難による損害を補償してくれます。だから、現金払いよりも安心して高額商品を購入することができますよ。

このカードの一番のデメリットは「リボ払い専用カード」だということです。リボ払いとは、毎月の支払額を「5000円」など一定に分割するサービスですよね。ただ、返済期間が長くなるため、利子の支払額がかさみます。ポイント以上の利子を払うならマイナスなので、結構リスクが高い支払い方法です。ちなみに、セディナカードJiyu!da!を1回払いで利用する方法も1つだけあります。それは「毎月の支払額までしか利用しない」ということです。セディナカードJiyu!da!は5000円以上5000円単位で毎月の支払額を自分で決めることができます。なので、1回の分割金を15000円に設定したとして、月に15000円までしか使わないようにするんです。そうすれば、リボ払いの設定になっているとしても1回払いのように使うことができます。

 

 

ファミマユーザーにおすすめ「ファミマTカード」

 

 こんな人におすすめ


・とにかくファミリーマートしか行かない!

 

nanacoチャージにおすすめなカードの紹介ですが、ファミマ?となりますね。ファミマ限定のキャンペーンなどを利用している方であれば、メリットはあります。それ以外は特にメリットがないので、ファミマのヘビーユーザー向けのカードとなります。そもそもファミマ愛好家の方がセブンイレブンに行くのか?という疑問は残りますね。

ファミマTカードは、「Yahoo!JAPANカード」と同じくクレジットとTポイントの機能が一緒になったカードです。Tポイントカードとしてショッピングの際に提示すればポイントが貯まります。もちろんクレジット決済に使えば、使用金額に応じてさらにTポイントが貯まります。

【ファミマTカード公式HP】

 

 

新規登録NG!還元率1.25%!リーダーズカード

 

 こんな人におすすめ


●通常の買い物でポイント還元率が高いカードを持ちたい人
●ネットショッピングをよく利用する人
●旅行(海外含む)によく行く人
●カッコイイ見た目のカードを持ちたい人

 

JACCSから出ている「リーダーズカード」も、クレジットチャージでnanacoポイントが貯まります。nanacoチャージのポイント還元率は0.3%と、今回紹介する中で一番低いですが、nanacoチャージ以外の通常ショッピングのポイント還元率1.25%と、一番高くポイントが貯まるので、普段使いのカードとしては良いと思います。さらに、Amazonや楽天で買い物をするときに、JACCSモールを経由すれば、還元率は1.75%まで高くなります。

Amazonや楽天でのネットショッピングはあたり前になっていますので、この点もすごく魅力的です。国内・海外旅行時の保険サービスや、カード盗難保険なども充実しているので、よく旅行に行く人にとっては安心です。さらに、インターネットで不正利用されたときのための、損害補償サービスもついています。ポイントの高還元率と合わせて、ネットショッピングヘビーユーザー向けのカードです。あとは、黒字にシンプルなデザインなので、見た目がCOOLなカードを持ちたい人にもおすすめです。実際のところYahoo!カードのデザインは安っぽくてあまり好きではないです…。

 

 

nanacoポイントが貯まらないクレジットカード

下記のカードでもnanacoチャージはできますが、クレジットカードのポイントは貯まりません。ポイントゲッターになるにはクレジットカードを使うほかに迅速に貯める方法はありません。nanacoチャージしている人は、上に挙げた「ポイントの貯まるカード」の導入をおすすめします。

 

●リクルートカードプラス
●Yahoo!カード
●ミレニアムカード セゾン
●ライフカード
●楽天カードJCB
●セブンカード
●LINEpayカード
●dカード
●ANA JCBカード
●MUJIカード
●AMEX
●REXカード
●ビックカメラsuicaカード
●三井住友カード
●JP BANKカード
●セゾンカードインターナショナル

 

 

以上、nanacoナナコへのクレジットカードチャージについてのまとめでした。

本記事はココから↓

幻のセブンペイからおかえりなさい!再度nanaco(電子マネーナナコ)とポイントの魅力と全貌を解き明かす!

ポイントバブルをnanacoで実現!nanacoポイントをガツンと貯める技だけ集めてみました!今からでも遅くない!

 

Follow me!