auPAY (auペイ)お得すぎる裏技でP最大60倍?Pontaポンタポイントが貯まる基本情報のまとめ

 

実のところ、私、ドコモユーザーのなのでauPAY初心者です。アッという間に終了した『au PAY 誰でも!毎週10億円もらえるキャンペーン』につられて登録しました。

と、いうことで、「まだ使ったことない!」「これを機にポイント稼ぎしたい!」という方!
初心者の私が登録から仕組みまで徹底調査したので、ビギナー目線で解説できるハズ!?では、スタートです!

幻の10億円キャンペーンは終了

大盤振舞の「au PAY」のキャンペーン『au PAY 誰でも!毎週10億円もらえるキャンペーン』。これがあったから、まんまと乗せられて「au PAY」を登録しました!
毎週たった2日間で終わるとは驚異のイベントでした。

 

 

au PAYとは

なんとか、このポイント還元に乗っかりたい!と思ったあなたに、基本情報からご説明します。

「auPAY」とは、2019年4月からスタートした携帯会社のau(KDDI株式会社)が運営するスマホ・QRコード決済サービスです。

ドコモが運営する「d払い」、ソフトバンクの「PayPay」と同じ立ち位置です。2社に遅れを取りましたが、KDDIも2019年4月より始動しました。2018年11月にKDDIと楽天が決済・物流・通信分野で業務提携して、その流れで「楽天Pay」加盟店の全国120万店舗でも「au PAY」も利用できるようになりました。
さらに、従来はauユーザーのみのサービスでしたが、auユーザー以外にも利用できるようになりました。

使い方は、「d払い」や「PayPay」と同じく、支払い時にスマホでQRコードをスキャンだけで決済が完了します。
ポイント還元率は+0.5%のPontaポイント(ポンタポイント)が貯まり、貯まったPontaポイント(ポンタポイント)は1ポイント1円で決済に利用できます。

 

auユーザー以外も利用可能

2019年8月29日からauユーザー以外でも利用可能になりました。これで、ドコモの「d払い」やソフトバンクの「PayPay」と同様に、すべての方が利用できるようになり利便性が上がりましたね!auPAYのキャンペーンもお得なものが多く、携帯会社すべてのキャンペーンを利用できるようになったので、毎日どこかのキャンペーンでポイ活ができそうですね!

 

【ご利用memo】
● au IDの取得とau PAY アプリが必要 ※後述
● au PAY利用規約への同意が必要 ※後述
※au携帯電話ユーザーは、au WALLET プリペイドカードの申し込みが必要

 

 

 

au PAYの還元率は?

ポイント還元率は0.5%で200円につきPontaポイント(ポンタポイント)が1ポイントが貯まります。貯まったPontaポイント(ポンタポイント)は1ポイント1円で決済に利用できます。

  • ポイントは後日付与で、最大で2カ月程度かかる場合があります。
  • auユーザーは、au PAYを利用するには「au WALLET プリペイドカード」の申込みが必須。
  • 1回あたりの支払上限は250,000円(税込)。

 

au PAYはポイント2重取りできる

「au WALLET クレジットカード」はauユーザーなら必ず持っておきたい、年会費無料で高還元のお得なクレジットカードです。ポイント還元率は1%。一般的なクレジットカードと一緒ですが、「au PAY」とあわせると1.5%の高還元カードとなります。「au PAY」に「au WALLET クレジットカード」を連携させておけば、ポイントの2重取りが可能になります。
「au WALLETポイント」を貯めているauユーザーには必須のクレジットカードです。「au WALLETクレジットカード」の利用でたまったPontaポイント(ポンタポイント)を、カード請求に充てることもでき、ポイントを利用して請求額を減らせます。
また、セブンイレブンやマツモトキヨシなどのポイントアップ店で「au WALLET クレジットカード」を利用で、ポイントがさらに貯まります。

 

 

au PAYの特徴

それでは、au PAYのメリット・デメリットなどの特徴を確認していきましょう。とは言っても、他のQRコード決済と基本的な内容は同じです。

 

「au WALLETポイント」に貯めたポイントがそのまま使える

「au WALLETポイント」が貯まるキャンペーンが多数あるので、「au PAY」を利用すると「Pontaポイント(ポンタポイント)」が加算されお得に活用できます。
「au PAY」に残高が足りない場合でも、「Pontaポイント(ポンタポイント)」をチャージすれば、支払に充てることがが可能です。
チャージ方法は多数あり、コンビニなどで現金チャージするほかに、じぶん銀行からのチャージや「auかんたん決済」などもあります。※後述

 

「au PAYの三太郎の日」はポイントupで貯まる

「au PAY」で支払うたびにポイントが貯まるのは大きなメリットと言えます。SuicaやiDなどは利用ポイントがないので、その分お得と言えます。還元率は0.5%。
他のスマホ決済サービスと比較すると最低ラインですが、「au WALLETクレジットカード」を使えば還元率1.5%にupします。
さらに、「auスマートパスプレミアム」というauユーザー限定の月額有料サービス(月額499円)ですが、三太郎の日(毎月3・13・23日)にポイントupが開催されたりします。通常の三太郎の日はポイント還元20%が開催されていましたが、2020年2月は10億円キャンペーンのせい?か対象外の様子!毎月必ずという訳ではなさそうです。いいときは20%還元だったりするので、毎月確約ならはいったほうがお得ですね。

 

常時1.5%還元
(200円ごとに3P)


三太郎の日にau PAY決済で17.5%還元
(200円ごとに35P)


ポイントアップ店でのお買い物で
0.5%~1%還元


最大20%還元

 

楽天ペイ加盟店が追加で使えるお店が広がった!

2019年6月25日から「楽天ペイ」加盟店およそ120万店舗で「au PAY」がつかえるようになりました。それまでは、加盟店少なく、デメリットでしかありませんでしたが、「楽天ペイ」と提携したことで相互のお店で利用できるようになり、一気にメリットに生まれかわりました!

店頭利用では「ローソン」「ミニストップ」のコンビニ業界。また「笑笑」「魚民」などの居酒屋などで利用可能です。
ネット通販では「BUYMA」「TOHO CINEMAS」「無印良品」で利用できます。

 

Edy派必見!楽天Pay(ペイ)が断トツお得ってホント?倍の差がでる新事実!

 

 

チャージの種類とチャージ上限金額

「au PAY」のチャージ方法はいくつか用意されているので、ユーザーの環境により選択できます。まずは、「アプリでチャージ(現金チャージ以外)」か「現金でチャージ」かで分かれるのでひとまず、この振り分けで説明します。

※スマホの方は横に倒すと全画面表示されます。

アプリでチャージ
チャージ方法 チャージ条件 チャージ単位 チャージ上限/回 チャージ上限/月
auかんたん決済 auユーザーのみ 通話料金と合算のため
単位なし
~12歳 1,500円
13~17歳 10,000円
18~19歳 20,000円
20歳以上 100,000円
じぶん銀行 じぶん銀行の
口座開設
1,000円~20,000円
(1,000円単位)

25,000円~45,000円
(5,000円単位)
45,000円 1,000,000円
クレジットカード 対応可能な
クレジットカード
発行
3,000円
5,000円
7,000円
10,000円~
45,000円
(5,000円単位)
45,000円 250,000円
ポイント
au WALLET ポイント 100円~20,000円
(100円単位)

1ポイント→1円
20,000
20,000円
Pontaポイント
(ポンタポイント)
100円~20,000円
(100円単位)
1.2P⇒1円
au WALLET
チャージカード
au WALLETチャージカード購入者  2019年6月末をもって新規販売は終了

※スマホの方は横に倒すと全画面表示されます。

現金でチャージ
チャージ方法 チャージ条件 チャージ単位 チャージ上限/回 チャージ上限/月
auショップ 1,000円
2,000円
3,000円
5,000円

10,000円
20,000円
25,000円
45,000円
45,000円 1,000,000円
ローソン au WALLET
プリペイド

カード必須
1,000円~45,000円
(1円単位)
45,000円 1,000,000円
セブン銀行ATM au WALLET
プリペイド

カード必須
1,000円~500,000円
(1,000円単位)
45,000円 1,000,000円

 

 

【クレジットカードからチャージ時にエラーが表示された】

エラーコード 内容
ER321 クレジットカード会社の「本人認証サービス」に登録を済ませていないカードということになります。
「au PAY」にクレジットカードチャージしたい場合は、先にカード会社の本人認証サービスに登録しておく必要があります。
ER322 そもそも、そのクレジットカードが本人認証サービスに対応していないということになります。
このエラーの場合は、「au PAY」残高へチャージができないクレジットカードということになります。

 

【本人認証サービスとは?】
「本人認証サービス」とは、ネットショッピングの際に、クレジットカード情報に加え、自分が設定した「本人認証パスワード」を入力することにより、クレジットカード情報の盗用による「なりすまし」などの不正使用を未然に防止するサービスです。各カード会社のHPで設定できます。各クレジット会社でこんな画面で設定して、利用時にパスワードを送信して初めて使えるセキュリティーシステムです。

※スマホの方は横に倒すと全画面表示されます。

クレジットカード
au WALLET × クレジット会社問わず
セゾンカード
UCカード ×
MUFGカード ×
DCカード ×
NICOSカード ×
TS CUBICカード
エポスカード ×
その他の
クレジットカード
× ×

 

「au PAY」残高チャージに対応しているクレジットカードは表の通りです。「au WALLETクレジットカード」「マスターカード」「アメックスカード」であれば発行会社を問いません。基本的にOKです。

VISAおよびJCBに関しては、クレジットカードの発行元によってできないものもあります。ただ、VISAカードのいくつかは、本人認証サービスに対応していれば表に該当しないクレジットカードからもチャージができるものもあります。

●楽天カード(VISA)
●ビックカメラSuicaビューカード
(VISA)
●三井住友VISAカード

上記3枚のクレジットカードでも、上記の表に記載のなくてもチャージ可能ですので、一旦、手持ちのカードで登録してみるのもいいかもしれません。

au PAYは5枚のクレジットカードが登録OK

「au PAY」に登録しておけるクレジットカードは、合計5枚までとなっています。チャージする際にその中から選択できるので、クレジットカードのキャンペーンに合わせて使い分けすることもできます。

 

チャージした残高の送金や払出は可能?

できるものとできないものがあります。基本的に現金でチャージしたものは自由に動かすことができるイメージです。かんたん決済やクレジットカードは取引が完了していない未確定要素のお金になるので自由がきかない感じですね。他のQRコード決済も同じ感じの設定になっています。

 

送金・払出 〇 送金・払出 ✕
●じぶん銀行
●ポイント
●セブン銀行ATMチャージ
●ローソンチャージ
●auショップ
●au WALLETスマートローン
●auかんたん決済
●au WALLETチャージカード
●クレジットカード

 

 

 

au PAYと現金の併用

「au PAY」の残高を使い切りたい!となったとき、ピッタリのお会計になればいいですが必ず金額に差が出ますよね。そんなとき、不足分を現金で補って払いたい!となった場合、可能なのでしょうか?
答えは「可」です。が、店舗によっては対応できないこともあります。利用前に定店員さんに聞いてからりようしたほうがよさそうです。。

 

 

au PAYがつかえるお店

「楽天Pay」の加盟店でも利用できるようになったため、「au PAY」の利用先はかなり拡大しました。全国チェーンのコンビニなど、セブン・ファミリーマート・ローソンに関しては対応しているので普段使いなら問題ありません。他に有名どころのビックカメラ・ヤマダ電器などの家電量販店やドラッグストアやカラオケ店なども加盟店として利用可能です。
【詳しい店舗一覧はコチラから】

 

では、ここまでの利用に関する詳細を説明してきましたが、「登録してみよう!」と思った人は続き↓をどうぞ!

 

 

auユーザーじゃない人のau PAY登録方法(クレジットカード編)

「a uPAY」はauユーザー以外の人も利用可能ですが、先に「au ID」の登録が必要です。「au PAY」アプリから登録します。ちなみにiPhone7の私の場合の登録方法は下記のとおりです。

 

 

 

 

 

 

 

他のキャンペーンとの組み合わせで最大60%還元???

ネット上では「家電の買い替え」「生活用品のまとめ買い」「新生活用の家具を揃える」と高額を狙う声もたくさん出ています。高額を利用する際の還元ポイントはかなり大きいものですからわくわくしますね。買い物意欲が高まるのと同時に、他社の還元サービスとの組み合わせによっては最大60%還元になる?「裏技」を紹介する投稿も増えています。
私はまだ使えてないので、実証できないですが、参考にしてみてください。

 

+「三井住友カード20%」で最大40%還元?

『三井住友カード』の“新規入会者限定で20%還元キャンペーン” と “au PAY 誰でも!毎週10億円もらえるキャンペーン” のキャンペーンは両方組み合わせて使うことができます。

 

①『三井住友カード』で「au PAY」にチャージ。(チャージ金額の20%が還元)
②『au PAY』で支払う。(決済金額の20%還元)
③合計で40%還元!

 

これはスゴイ!の一言ですね。三井住友カードは申込から発行まで早ければ4日くらいでカードが届きますが、コレを狙っての発行が殺到していればもっと時間がかかる可能性もあります。
ラッキーなら間に合うかも?ですが、前回も2日で上限達成となると、届いた頃には終わってるかも?

 

+「ローソン」「ファミマ」で最大60%還元?

もうすぐ終了しますが、「ローソン」でdポイント20%還元「ファミマ」でdポイント40%還元のキャンペーン中です。上記の三井住友カードでのチャージで40%還元が実現しているので、プラス「ローソン」「ファミマ」で「au Pay」で支払いすると60%還元!という図式。これは前例にない還元率なので、やってみたい!けどまた早期達成して終了だと厳しそうですね。

 

 

まとめ

「au PAY」どうでしょうか?使うならこのキャンペーン中に利用したいですよね。特にauユーザーじゃない人にとっては、通常で利用する機会がないと思います。また他のキャッシュレス決済のように、しょぼいしょぼい・チマチマしたキャンペーンになるのが、目に見えていますから…。
次から次へと新しいキャッシュレス決済が増えるのも付いてけない!と思っていましたが、高還元キャンペーンがセットなら「やってみようかな?」という気にはなりますね。
このキャンペーンだけは、この時期ではかなりおいしい内容なので、トライしてみてください。auポイントは2020年5月からPontaポイント(ポンタポイント)になったので、ローソンで使い切ることもできますよ。
ぜひ、この機会に検討してみてください♪

 

 

 

 

 

Follow me!