不要品の現金化アプリ「CASH(キャッシュ)」は今もお得なのか?「モノ払い」機能が追加された新生CASH(キャッシュ)を検証

不用品がスマホ1つで買取してくれる!という情報をききつけて、CASH(キャッシュ)がリリースされた少しあとに数回利用した経験があります。その当時は、あんまり高価じゃないブランド服も最低300円くらいの買取をしてくれていたので、着なくなった服を大量に送っていました。その当時、ZOZO USEDの100円セールなんかも開催されていたので、対象ブランドの100円服を大量に買いあさって1枚あたり200円のもうけの小遣い稼ぎをしました。そのあと、買取ブランドの縮小と買取査定が下がったので速攻やめましたが、現在のCASH(キャッシュ)に旨味はまだあるのか?と気になったので調べてみました!

 

 

CASH(キャッシュ)とは?

CASH(キャッシュ)は「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わる」というキャッチフレーズで、不要物を現金化する質屋てきな内容アプリです。
これまでバンク社が運営を行なってきましたが、2019年9月12日に「解散」を発表し、2020年4月15日から株式会社BuySell Technologiesへ運営会社が変更となっています。
CASH(キャッシュ)の特徴は、「瞬時」にキャッシュ化できるところで、店頭に行って査定してもらう必要がなく、手元のスマホから手軽に現金化できます。この「速さ」と「手軽さ」がウケて、リリースから人気になりました。
そんな「CASH」ですが、2020年7月22日からアップデートし、AIと専門査定を導入しました。今後は、価格算出の一部をAIで実施し、従来よりも精度の高い査定結果となっているようです。査定額が10万円以上と見込まれる物や一部の時計ブランドは、専門の査定担当者が即時査定する「専門査定」を実施しています。これにあわせて、新たに「シューズ」「アクセサリー・ジュエリー」「バッグ」「ファッション小物」「時計」カテゴリを追加しました。

 

 

CASH(キャッシュ)の使い方

CASH(キャッシュ)の登録から買取までの流れは4段階です。

 

アプリのダウンロード会員登録
買取アイテムの入力&撮影
アイテムを送る
査定金額を引き出す

 

①アプリのダウンロード会員登録

まずは、スマホでCASH(キャッシュ)アプリをダウンロードして会員登録をしましょう。
CASH(キャッシュ)を始めるには、はじめに電話番号による認証が必要です。

 

①アプリを起動「はじめる」をタップ。 ②電話番号を入力し「規約に同意してSMSを送る」をタップ。 ③受信したSMSの4ケタの認証コードを入力。 ④登録完了。

 

会員登録は「SMS認証」だけなので簡単です。SMSが届かない場合は、認証画面の「通話で認証する」をタップし、音声通話で認証番号を受け取って入力すればOKです。

 

 

②買取アイテムの入力&撮影

①「いますぐ査定」をタップ ②各カテゴリーを案内順に選択

 

③商品撮影 ④査定額でOKなら「キャッシュにする」をタップ

 

CASH(キャッシュ)会員になったら、さっそく不要品の査定をしてみましょう。「いますぐ査定」か「まとめて査定」かを選択します。
この2つに査定方法の違いは下記の通りです。

 

いますぐ査定 まとめて査定
買取予想
金額の表示
写真査定時 なし
内容 ・おおよそでもまず金額が知りたい
・1点ずつ慎重に売りたい
・手間なくとりあえず売りたい
・色々なものをまとめて売りたい
確定金額 アイテム発送後の本査定時に確定
発送条件 予想買取金額1,000円以上 アイテム数5点以上
送料 一部お客様負担 なし
返送料 着払い(自腹)

詳しくは【ココ】から

 

①一番下の黒いバーの「送る」をタップ ②取消したい商品を選択して「キャッシュを取り消す」をタップ

 

いったん「キャッシュにする」を選択しても、あとから取消もできます。
一番下の黒いバーの「送る」をタップすると一覧が表示されるので取消したい商品を選択して「キャッシュを取り消す」をタップして、理由を選んで取消をタップするだけです。

「まとめて査定」は、案内通りに商品を箱にいれて査定の連絡をまちましょう。

 

 

③アイテムを送る

「いますぐ査定」の場合、合計金額が1,000円以上にならないと先に進めないので、ある程度アイテムが揃ってからやりましょう。

 

「キャッシュにする」を選択してから2週間以内に、「送る」よりアイテムを発送します。
黒いバーの「送る」から案内どおりに手続きをしてください。

 

アプリ内の「送る」ボタンをタップ
次に出てくる画面「集荷依頼」の部分に必要な情報を入力
入力が済んだら「集荷を依頼する」をタップする
注意事項を確認したら、集荷依頼完了
アイテムを梱包して集荷の日を待つ

 

①発送方法・集荷先・希望集荷日・希望集荷時間を選択
②「このアイテムを送る」をタップ
③集荷を待ち、出荷したら査定の連絡を待ちます。

 

ちなみに今回は合計買取額1,000円で申請した場合の画面ですが、「送料」に500円と記載されています。
買取予想額によって送料負担をしないといけないので注意してください。

 

買取予想金額 送料自己負担
3,000円未満 500円
 10,000円未満 300円
10,000円以上 無料

 

まとめて査定の場合は送料無料です。金券や外貨を買取希望の場合、簡易書留やレターパックで送る必要があります。

集荷の手続きはCASH(キャッシュ)アプリ内で進めることができて便利です。査定額が出てから2週間以内に集荷してもらいましょう。
集荷手続きが完了したら、キャッシュを引き出すことができます。

 

 

④査定金額を引き出す

CASH(キャッシュ)側で査定後に正式な買取金額の連絡が来ます。その金額でOKなら「キャッシュにする」を選択して、銀行振込されたキャッシュを引き出します。
金額に不満な場合は、アイテムを返送してもらいますが、着払いで送料負担となります。

 

「ウォレット」タブを開いて「キャッシュを引き出す」をタップ。
銀行口座を入力する。
引出手数料を差し引いた金額を確認し「申請する」をタップ。

 

引出手数料¥250はユーザー負担で、引出可能金額は¥300からです。

 

 

査定金額の有効期限

CASH(キャッシュ)のウォレットにあるキャッシュは「キャッシュにする」を選択した日の月の末日から1年後に自動失効するので注意が必要です。
例) 2020年9月1日にキャッシュにした場合、2021年9月30日に失効

 

 

査定が終了するまで次のCASH(キャッシュ)はできない

査定済みのアイテムを送るのは、キャッシュを引き出す前でも後でも大丈夫ですが、相手にアイテムが届くまでは、新たにキャッシュすることはできません。
アイテムを指定の期日までに送らないと、ユーザー評価が下がり、機能制限や今後の査定金額に影響するペナルティがあるので、早めに送っておきましょう。

 

 

買取上限が2万円がなくなった?

「モノ払い」の場合は30点10万円までの買取上限があると記載されてるけど、CASH(キャッシュ)のほうには上限の記載がないので、現状は上限がなさそうな感じですね。
以前は、スマホやタブレットなど以外の買取金額の上限は20,000円だったようですが、高級ブランド品が20,000円なんてふざけた査定はありえない( ;∀;)
最近のアップデートで変わったかも?

 

 

CASH(キャッシュ)の「モノ払い」とは

CASH(キャッシュ)の「モノ払い」とは、売った金額で他の商品の支払いに充てることができる機能です。モノ払いの合計金額が購入金額を超える場合の差額はCASHアプリから銀行振込で受け取りできます。モノ払いで足りなかった分はクレジットカード決済で支払いとなります。現状支払いが使えるお店は、旅行予約サイト「エアトリ」と「ナノ・ユニバース」のオンラインショップだけなのであまり使えるお店はありません。

 

 

査定額が不満なら別の場所で売ろう

CASH(キャッシュ)のメリットは、瞬時に現金化できる手軽さなので、査定額の高さで人気があるわけではありません。「いくらでもいいから現金化したい!」人以外はよくよく考えましょう。特に入ブランドのバッグなどは他の買取専門店に出すほうが高いかもしれません。「まとめて査定」の場合、気に入らない金額だと返送の送料は自分で負担しないといけないのでマイナスとなります。なので、いったん「いますぐ査定」でだいたいの金額をみるだけでもいいかもしれません。

 

 

CASH(キャッシュ)の買取対象のカテゴリー

CASH(キャッシュ)の買取対象になるカテゴリーは次のとおりです。

 

バッグ シューズ アクセサリー
スカート ワンピース 帽子
トップス アウター ジャケット
パンツ スーツ・ネクタイ ファッション雑貨
時計 スマホ タブレット
金券 商品券

 

 

CASH(キャッシュ)の買取対象のブランド

大量のブランドが対象となっています。時期によっても対象・対象外が違うので2020年10月時点での対象ブランドを記載しておきます。
昔買取できたブランドの消えていたりするので、変動やブランド自体の存続しているかも関係あるかもしれません。ハイブランドならだいたい買取対象となっているので査定金額を高く!という人以外は現金化は確実ですね。

 

↓↓↓ CASH(キャッシュ)の買取ブランドはココから ↓↓↓

【2020年10月】不要品買取アプリ「CASH(キャッシュ)」の買取ブランド一覧(ファッション)

 

CASH(キャッシュ)で偽物ブランドを売ったら犯罪

CASH(キャッシュ)に限らずですが、偽ブランドを売ると商標法違反で立派な犯罪になります。
もし手元にあるブランド品が本物かどうかわからないときは売るのを控えましょう。

 

 

CASH(キャッシュ)で買取できないアイテム

買取対象ブランド以外は対象外です。ファストファッションも買取不可になっています。
カテゴリーにもよりますが、大まかな目安として下記のような条件のアイテムは
買取ができないので注意してください。

 

記載のないブランド品
縫い付けブランドタグがない
洗濯表記や品質表示タグがない
サンプル品
ブランド品の付属品
イニシャルが刻印されている
大きな傷や目立つ汚れがある
タバコや香水などの匂いが付着している

 

 

アイテムを送れない場合は必ずキャンセルする

すでに説明済ですが、査定にOKなら2週間以内にアイテムを送る必要があります。万が一アイテムを送れない場合は、必ずキャンセルの手続きをしてください。
【詳しくはココから】

そのままにしておくと利用停止や法的措置になることがあります。
一度現金化してしまったあとはのキャンセルはできません。

 

 

CASH(キャッシュ)のメリット

アイテムの写真を撮るだけでその場で査定額が表示され、時間も査定しに行く時間も短縮でき家にいながら手軽に査定ができます。
アプリ上から集荷予約もできるので、宅配業者が自宅まで来てくれるのでアイテムは自宅にあるダンボールや袋に詰めればOKです。

 

 

まとめ

本当に少ない作業で現金化ができるCASH(キャッシュ)なので、捨てるよりはマシという人にはおすすめします。本当に高額で買取希望の人には、ブランド専門の買取が一番お得だと思いますし、それほど高くないブランド服も100円とか30円もありえるので、メルカリに出品したほうが高額で売れると思います。
ただ、メルカリの場合は、「いつ売れるかわからない!」「出品や配送が面倒!」というデメリットがあるので、細々した作業が苦手な人にもCASH(キャッシュ)が向いています。
捨てるに捨てられないものをおトクに処分するにはとても便利なアプリです。皆さんもCASHを活用して、ちょっとしたお小遣い稼ぎに使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

Follow me!