比較

手数料高すぎ!「ココナラcoconala」と他のサービスを比較してみた!スキルのフリーマーケット

 

スポンサーリンク

ココナラcoconalaと他のサービスとの比較

ココナラの手数料は説明済ですが、他の個人販売サイトと比べて高めの設定です。「集客」「お金の取引が安全」という意味では他のサイトも同じ条件なのでちょっと損な気持ちになりますよね。ただ、「スキルを売る=ココナラ」という購入者側目線のメジャーさを考えるとココナラのほうがニーズは高いのでどっちがいいかは個人の選択になってしまいますね。ココナラと他のサービスと比較した手数料をまとめてみました。

↓↓↓ ココナラ全体のメイン記事はココから ↓↓↓

自分のスキルがマジでお金になる!「ココナラcoconala」とは?趣味レベルのスキルでも儲かるコツも調べてみた! CMで一気にメジャーになった「ココナラ」とうサイトは聞いたことはありますか?自分の本職やキャリアや趣味など一定のレベルを...

minne(ミンネ)

画像引用元:minne公式HP

項目 内容
作家数 66万人
出品数 1050万点
アクティブ
ユーザー数
108万人
サイト利用料
・登録料
無料
販売手数料 9.6%+税
手数料
の対象
  • 商品代
  • オプション代
  • 送料
売上金の
振込手数料
一律220円
月売上が1,000円以上で自動的振込

 
minneは、どちらかというとハンドメイド作家の販売サイトに特化したサイトです。ココナラは2019年8月までハンドメイドのジャンルを取り扱っていましたが、現在はサービスを終了し、スキル販売のみに特化したサイトになっています。なので、そもそも販売業種が違うので比較にはならないかもしれません。minneの利用には年齢制限はありません。海外販売にも対応しています。

Creema(クリーマ)

画像引用元:Creema公式HP

項目 内容
作家数 16万人
出品数 850万点
アクティブ
ユーザー数
89万人
サイト利用料
・登録料
無料
販売手数料 10%+税
手数料の対象
  • 商品代
  • オプション代
売上金の
振込手数料
3万円未満:176円

3万円以上:275円

ジャパンネット銀行のみ:55円

※申請で振込予約

 
Creemaも「minne」と同じくハンドメイドの販売サイトです。minneと同様に、利用料や登録料は無料で、売れた作品に対して手数料がかかります。minneは年齢制限がありませんが、Creemaは満18歳以上しか利用できません。海外販売にも対応しています。

ランサーズ(スキルパッケージ)

画像引用元:ランサーズスキルパッケージ公式HP

項目 内容
会員数 100万人
(ランサーズ自体)
出品数 95,000件
サイト利用料
・登録料
無料
販売手数料
※月売上が1,000円以上で自動的振込
20万円超 5%
10万円超~
20万円以下
10%
10万円以下 20%
手数料の対象 商品代
売上金の
振込手数料
楽天銀行
 110 円
楽天銀行
以外
550 円

 
ランサーズスキルパッケージは、クラウドソーシング「ランサーズ」のアカウントで取引できるスキル販売向けサービスです。ランサーズでは購入者が募集して作成者が応募するココナラとは真逆の販売方法でしたが、ココナラと同じ形態にしたのが、「スキルパッケージ」です。登録料は無料で、販売手数料は月の売上金額に対して5~20%かかります。
Web集客やコンサルティングなどのビジネス系のスキルがよく売れています。

SKIMA(スキマ)

画像引用元:SKIMA公式HP

項目 内容
会員数 15万人
出品数 46,000件
サイト利用料
・登録料
無料
販売手数料 1,000~20,000円 20%+税
20,001~50,000円 15%+税
50,001円以上 10%+税
手数料の対象
  • 商品台
  • オプション代
  • (5万円以上のチップは対象外)
売上金の
振込手数料
262円(税込)

 
SKIMAは、漫画やアニメ系のイラスト、キャラクター作成などがメインのサイトです。「こんな作品を〇円で描いてほしい」というリクエスト依頼もたくさん表示されているので、自分のスキルで対応できそうならスグ売上をつくれます。

BASE(ベース)

画像引用元:BASE公式HP

項目 内容
会員数 700万人
ショップ数 130万店
サイト利用料
・登録料
無料
販売手数料 注文総額(送料含む) 3%/回
BASEかんたん決済手数料 注文総額(送料含む)
×3.6%+40円/回
手数料の対象 商品代
売上金の
振込手数料
一律250円
振込事務
手数料
2万円未満 500円
2万円以上 無料

 
BASEは自分専用のネットショップが無料で簡単に作れるサービスです。BASEの規約で禁止されている商品以外は、基本的に何でも販売できます。販売手数料の他に、「BASEかんたん決済」の手数料がかかります。「BASEかんたん決済」は購入者がサイトで買い物をする際、利用できる決済方法(クレカやキャリア決済や銀行振込など)の総称した名前で、各決済方法によって本来店舗側が支払う手数料を「BASEかんたん決済手数料」として一律の手数料にしたものです。さらに、振込申請の際には、振込手数料+事務手数料がかかります。

Bizseek(ビズシーク)

画像引用元:Bizseek公式HP

項目 内容
会員数 1,000人
案件数 2,200件
サイト利用料
・登録料
無料
販売手数料 10万円以下 10%+税
10万円以上 5%+税
手数料の対象 募集金額
売上金の
振込手数料
楽天銀行  110 円
楽天銀行以外 550 円

 
Bizseekは、システム開発、Webデザイン、ライティング、軽作業などわりと知識が必要なクラウドソーシングサービスです。登録は無料ですが仕事を受注すると手数料が引かれます。ココナラとは逆で購入者が作成者を募集するカタチのサイトです。募集を集めやすくするためや情報の公開を防ぐ目的で有料オプションがあります。

ストリートアカデミー

画像引用元:ストリートアカデミー公式HP

項目 内容
会員数 53万人
先生:32,000人
生徒:50,000人
出品数 51,000件
サイト利用料
・登録料
無料
販売手数料
自己集客 10%
ストアカ送客 対面:20%
オンライン:30%
(ボリューム割あり)

リピーター
(2回目以降の受講)

10%
手数料の対象 商品代
 売上金の
振込手数料
2万円未満 250円
2万円以上 無料

 

ストアカ送客のボリューム割
月間売上条件 割引率 対面  オンライン
5万円以上 -3% 20% – 3% =17% 30% – 3% =27%
10万円以上 -6% 20% – 6% =14% 30% – 6% =24%
20万円以上 -10% 20% – 10% =10% 30% – 10% =20%

 
ストリートアカデミーは、先生と生徒をマッチングするサイトです。英会話やメイクやITなど塾的な感じでノウハウを売ったり買ったりできます。講座は先生側の設定にもよりますが、オンラインでも対面でもOKです。登録や掲載料は無料で、登録した講座に申込みがあって成立した場合に手数料が発生します。手数料は、集客経路や開催形式によって異なります。

自己集客とは

集客パネルで作成した集客用URLを自分で知り合いに送信してそのURLから予約をした場合が該当します。(QRコード・ブログパーツ・チラシでもOK)

タイムチケット

画像引用元:タイムチケット公式HP

項目 内容
会員数 20万人
出品数 35,000件
サイト利用料
・登録料
無料
販売手数料
5万円以下の部分  25%+税
5万円超10万円以下の部分 20%+税
10万円超の部分  15%+税
手数料の対象 チケット代
 売上金の
振込手数料
300円

 
タイムチケットは、個人の時間を30分単位のチケットで売買するサイトです。IT系、コンサル、占い、雑談などジャンルは多めでチケット制で売買します。現在は1時間あたり5,000円が最低価格で100,000円が最高価格です。有料チケットの販売実績がある人は、1,000,000円/hが最高価格です。チケットが売れると手数料が発生し販売価格によって手数料の率が変わります。

案件によっていろいろ併用しよう

ココナラは、メジャーで集客力は断トツですが、ジャンルによってはクラウドワークスの方が案件数も多かったりします。サイトによって強いジャンルがあるので、専門的な商品が欲しい人・売りたい人はココナラだけでなく複数のサービスで比較してみてください。

 

スポンサーリンク