おすすめアプリ

スタバアプリはお得なのか調べてみた結果…メリットデメリットをまとめてみた

「スタバ」…。コーヒーが飲めないので普段あんまり利用しないんですが、コーヒー以外のメニューなら、フラペチーノとか暑い日限定で飲んだりするくらいです。なのであんまりスタバに詳しくはないのですが、最近暑い季節になったので、スタバでお得な体験はできるのかな?と思い調べてみました。

スポンサーリンク

スタバアプリでできること

まずは、スタバアプリでできることをまとめました。

スタバアプリでスマホ決済ができる

スタバアプリでは、QRコードを使った決済ができます。アプリを使ったキャッシュレス決済やポイント保有は当たり前のサービスの一つですが、人で混雑するスタバでは、サッサと会計くらいは終わらせたいので、是非!全員キャッシュレス決済に統一していただきたい!と願うばかりですよね。

アプリでの支払方法

①TOPの「Pay」をタップ
②「支払い」をタップ
③表示されたQRコードを店員に見せる
④店員がスキャンして完了

 

スタバアプリへのチャージできる

決済に必要になる残高は、スタバアプリ内でクレジットカードからチャージできます。チャージ金額は、「1,000円〜30,000円まで1円単位」とのことですが、私の場合は10,000円までしかできない…。

アプリへのチャージ方法

①TOPの「pay」をタップ
②「入金」をタップ
③「お支払い方法を追加」をタップ
④「クレジットカードを追加」をタップ
⑤クレジットカード情報を入力
⑥「同意する」にチェック後「確認画面へ」をタップ
⑦「登録」をタップ
⑧クレカ登録は完了
⑨「設定画面へ戻る」をタップ
⑩チャージ金額を設定
⑪「次へ」をタップ
⑫指紋認証や顔認証で認証
⑬「入金する」をタップ
⑭完了しすぐに残高に反映される

今回はアプリの話なのでアプリでのチャージ方法の説明ですが、店舗やLINEスターバックスカードでもチャージできます。

チャージ
場所
店舗 LINEPay
チャージ先 スタバカード
(プラスチックカード)
LINEスター
バックスカード
チャージ
方法
現金
クレジットカード
LINE Pay
チャージ
単位
1,000円以上
1円単位
1,000円以上
1円単位
チャージ
上限
30,000円 10,000円

 

店頭ではクレジットカードでも入金できるみたいなので、リアルカード派の人でネット決済したくない人はこちらのほうが安全に決済できます。

スタバアプリでオートチャージもできる

電子マネーではおなじみの「オートチャージ」ですが、スタバアプリでもオートチャージができます。初期設定は1,000円以下になったら2,000円チャージという設定ですが、変更できます。

設定ができるのは下記の範囲です。

選択範囲
残高の設定 1,000円未満
3,000未満

5,000未満
チャージ
金額の設定
2,000円
3,000
5,000
10,000

オートチャージを設定しておけば、残高不足で焦る心配がないので、スタバのヘビーユーザーにはおすすめです。クレジットカード側のポイントも貯まるので一石二鳥ですね。

スタバアプリで残高確認ができる

スタバアプリでスタバカードの残高を確認できます。

アプリでの残高確認方法

①TOPの「Pay」をタップ
②残高が表示される

スタバアプリには複数枚カードが登録できるので、それぞれのスタバカードの残高が一覧で表示されます。

スタバアプリは残高補償をしてくれる

スタバカードは盗難・紛失の場合に残高補償をしてくれます。(*’▽’){素晴らしい♪
ただし、「My Starbucks会員」で「カードをアプリに事前登録」してあるのが条件です。紛失の申請が受理されてからの補償なので、その間に不正利用された分は補償されません。

残高補償の申請方法

My Starbucksにログイン
残高補償の申請

スタバカードの補償は、現金での返金ではなく、新しいカードに残高が移された状態で郵送されます。申請した時点で元のカードは使えなくなります。

スタバアプリで「モバイルオーダー&ペイ」ができる

スタバはいつも人気で待ち時間が無駄ですよね?そんな待ち時間を解消してくれるのがスタバアプリです。スタバアプリの「モバイルオーダー&ペイ」を使えば、店舗に行く前に、注文&支払いができるので、出来上がりの時間にスムーズに商品を受け取れます。
例えば、貴重なお昼休みの1時間、ランチのあとに行列に並ぶと考えると「時間が足りない!」とか「小さな子供を連れた行列はちょっと…」など“待ち時間”のリスクのために諦めていたスタバをストレスなく購入できます。

モバイルオーダー&ペイの使い方

①TOPの「オーダーする」をタップ
MAP/近くの店舗で店舗を選択
 ※受取時間が表示されるので、その時間内に取りに行ける店舗を選ぶ
③「持ち帰り」or「店内飲食」を選ぶ
④商品を選び「決定する」をタップ
※カスタマイズできます
⑤決済
⑥Home画面での受取番号を店舗で伝えて商品を受取り

モバイルオーダー&ペイは、現金やクレジットカードでの支払いはできません。
アプリ内の残高で支払うことになります。

スタバアプリで店舗の営業状況を確認できる

スタバアプリでは、スタバ店舗の営業状況を確認できます。リッチ条件で営業時間が違ったりするので便利で現在地からの距離も確認できます。Wi-Fi情報も載っているので、スタバでパソコン作業をしたい人にはとても便利です。

店舗の確認方法

①TOPの「Stores」をタップ
②🔍アイコンをタップ
※店舗名・地名・住所でも検索OK
③候補店舗の吹き出しをタップ
④営業時間が表示される

 

スタバアプリはチケットをプレゼントできる

スタバアプリから、友人などに「eGift(チケット)」をLINEやメールでプレゼント送信ができます。eGiftは、スタバ商品と交換できるチケットで、500円分・700円・1,000円分から選べます。

【eGiftの支払方法
  • 登録しているスタバカード
  • クレジットカード
  • Apple Pay
  • キャリア決済(携帯電話と合算)

登録しているスタバカードで支払いなら、スター(ポイント)も貯まります。

eGiftの送り方

①TOPの「eGift」をタップ
②eGiftの種類を選ぶ
③デザインを選んで「次へ」をタップ
④eGiftの枚数を入力
※eGiftを2人に1枚ずつ贈る場合は、1枚の購入を2回購入
⑤決済方法を選択し「規約に同意の上、決済する」をタップ
⑥eGift購入完了
⑦自分のメールアドレスを入力
⑧「利用規約に同意の上、決済する」をタップ
⑨送る相手を選択して送信

eGiftを利用するときは、お釣りがでません。なので現金追加で金額オーバーするか、端数を諦めるかの2択になります。

お気に入りのメニューが探せる

スタバアプリ内で、定番メニューはもちろん、季節限定メニュー・グッズなどを確認することが可能です。スタバの店内でメニューを渡されても、悩んでレジで焦って、結局いつものメニューを頼んでいることも多いと思います。スタバアプリでは「お気に入りの一杯をさがそう」という機能があって「いまの気分」「お好みのフレーバー」「メニュー」の3種類から、自分好みのドリンクをみつけることができ、新しい一杯を発見するチャンスがあります。

スタバアプリでお得になること

スタバアプリの機能の一部になりますが、“お得”になることにフォーカスした機能を紹介します。会員ランクによってできることがかわってきます。

My
Starbucks
Green Star Gold Star
先行告知
(メール)
プロモーション
メールマガジン
Online Store利用
One More Coffee
108円/110円
(持帰/店内)
Mobile Order
& Pay利用
マイストア
パスポート
マイコーヒー
パスポート
新商品の先行購入
(不定期)
ドリンクチケット
プレゼント
(不定期)
150スターごとの
Reward eTicket
限定プレゼント
(不定期)

 

まずは、スタバのスター(ポイント)の仕組みから確認しておきましょう。

スタバアプリで「スター(ポイント)」が貯まる

スタバアプリで支払いすると、「スター」というスタバポイントが貯まります。一定のスターが貯まるとスタバの商品が700円割引になる「リワードチケット」が貰えます。この仕組みは「スターバック リワード」といわれるポイントプログラムです。

スタバアプリに登録したスターバックスカードで支払いをすると、54円(税込)ごとに1スターが貯まります。ポイント対象となる条件は下記のとおり。

  1. スタバの全商品が対象
  2. Web登録したスタバカードで支払ったとき
スター(ポイント)対象外
  • 残高チャージ
  • Web未登録のスターバックスカード

最初は全員が「Green Star(グリーンスター)」がもらえます。1年以内に「Green Star(グリーンスター)」を250個集めると、「Gold Star(ゴールドスター)」を集めることができます。
「Gold Star(ゴールドスター)」を150個集めると、700円(税抜)の割引券「Reward eTicket」を発行できます。「Reward eTicket」は、スタバ店舗内のドリンク・フード・コーヒー豆と交換できます。(eTicketの使用期限は30日間)

ややこしいですね…(*´Д`)

まとめるとこんな感じ↓

会員 会員登録日~1年で
獲得したスター数
2年目から獲得できる
スターの種類
Green Star ~249個
Green Star
Gold Star 250個~
年間13,500円~
Gold Star

Green Star会員にはGreen Star会員になった日を起点に、1年ごとにStar更新日があります。1年間で250 Stars集められなかった場合は、Starがゼロにリセットされ、その日からまた新しく1年がはじまります。

一番安いドリップコーヒー313円税込/店外)として、5スターとして年間50杯1週間に1杯飲む人ならGold Starになれますね。

会員 会員登録日~1年で
獲得したスター数
獲得商品
Gold Star ~149個 なし
150個~
年間8,100円~
Reward eTicket
(700円割引券)

 

んで、Gold Starになったあとは、30杯ごとに「Reward eTicket(700円割引券)」がもらえる計算ですね。単純計算なので目安程度で参考にしてください。
まぁ、Gold Star会員にならなくても特典はあるので使いこなしましょう。

Reward eTicketの詳細

Reward eTicketの有効期限はStarと交換した日から30日間で、交換できない商品は下記のとおりです。

  • Mobile Order & Payでの利用
  • Online Store
  • コーヒー器具やタンブラー、グッズ
  • スターバックス カードの発行・入金

700円未満の場合はお釣りは出ないのでいつもより贅沢にカスタマイズしたりして金額いっぱい利用してほうがお得です。

スタバアプリ決済ならおかわりが100円で飲める

スタバアプリで支払うと、「One More Coffee(ワンモアコーヒー)」というコーヒーのおかわりが通常150円のところ、特別料金の100円で飲めるサービスが受けれます。

対象のドリンクは「ドリップコーヒー100円(税抜)」と「カフェミストは150円(税抜)」で、購入当日のレシートを持参すると、2杯目のドリンクをおかわりできます。おかわりは、購入した当日のみ有効で、1杯目と2敗目の店舗が違ってもOKです。(一部店舗除く)
しかも、2杯目のコーヒーは、ホットorアイスを変更することができ、追加料金を払えばカスタマイズもできます。

(*’▽’){コーヒー飲めない…

スタバアプリはキャンペーンのお知らせが早い

スタバアプリではさまざまなキャンペーンのお知らせが1番早く届きます。指定された商品に「ボーナススター(ポイント)」がもらえたり、お得なクーポンがもらえたりします。あとは抽選のプレゼント企画みたいな感じです。スター(ポイント)関連は会員登録していないとスター(ポイント)はもらえません。

スタバアプリのメリット

スタバアプリのメリットをまとめてみました。

  • ポイント制度に参加できる
  • キャッシュレス決済ができる
  • おかわりが安く飲める
  • スタバカードの残高補償してもらえる
  • いち早くスタバニュースが分かる
  • チケットをプレゼントできる
  • 事前予約決済ができて待ち時間が省略できる
  • 近くのお店がすぐ探せる

 

スタバアプリのデメリット

スタバアプリのデメリットもまとめました。

  • チャージ後は払い戻しができない
  • オートチャージ機能を有効にして紛失すると面倒
  • スターバックス以外では使えない
  • ポイント制度が難関

 

まとめ

スタバアプリは、スタバのヘビーユーザーやキャッシュレス決済したい人にはかなり便利なアプリです。とくに毎日出勤前やランチに利用する人ならポイント制度でオトクに飲めるのでマストなアプリです。ぜひスタバアプリを使いこなしてスタバを便利に楽しく利用してくださいね!

スポンサーリンク