格安ホテル予約サイト「agodaアゴダ」の口コミはホントに大丈夫?危ない?トラブル回避方法をまとめてみた!

 

 

海外ホテル予約サイトの「agoda(アゴダ)」の口コミやレビューをみてみると結構ネガティブな表現が多く目立ちますが、実際のところはどうなんでしょうか?利用者が気を付ければトラブル回避できる話なのか調べてみました。

 

↓↓↓ agodaの全貌記事はこの記事で読めます ↓↓↓

アジア圏最強の安さ!格安ホテル予約サイト「agoda/アゴダ」を口コミどおりなのか徹底調査!GO TOトラベル対象

 

 

agoda(アゴダ)の口コミ

agoda(アゴダ)の口コミを見てみると下記のような意見が多いです。

 

  • 予約したのに現地で予約になっていなかった
  • キャンセル料が有料だった
  • リクエストが伝わっていない
  •  予約と違うグレートの部屋にされた
  • 表示料金が分かりにくい
  • トラブルがあったが連絡が取れない

 

「悪質」「詐欺」「2度と利用しない」というかなりネガティブな表現が多いですが、Booking.com、エクスペディア、Trip.comなども同じ感じです…。
説明済ですが、予約サイトとして不親切な面もあるので、サイト内でのトラブルと、海外ホテルは日本のホテルに比べていい加減なのでホテル自体のトラブルの場合もあります。本当に慣れない海外でトラブルがあった場合パニくりますよね。海外旅行に慣れている人にはわかると思いますが、あくまでも海外のサイトであるということを忘れてはいけません。感覚も考え方も日本人とは違います。JTBのような対応は正直無理です。ちゃんとした対応が欲しい場合は、5つ星ホテルに直接予約して正規価格で泊まってください。としかいいようがないのが海外だということです。そう考えると、国内ホテルを予約する場合はトラブルが少ないと思われます。予約をした後に本当に予約できているか直接確認するくらいはしておいたほうがいいでしょう。

 

 

agoda(アゴダ)のトラブルの解決法

上記でのトラブルの事前に解決する方法を紹介していきます。

 

キャンセル料が有料だった

「agoda(アゴダ)のキャンセルは無料だと思っていたが有料でだった。」という意見も多くあります。これはアゴダのサイトがわかりにくいせいです。
ホテル単位での一覧には「キャンセル無料」と記載されているのでここで無料だと勘違いしてしまいます。

 

 

このホテルは「キャンセル無料なんだ!」と勘違いするこの画面ですが。
クリックして次の画面をみてみましょう。
↓↓↓

 

 

実際には…次の詳細ページで、そのホテルの全プランが表示されて各プランごとに「キャンセル無料」かそうでないかが決まっています。
キャンセル料無料のプランは基本的に「2020年◯月◯日の【前日】までキャンセル無料」と表示されているのでそれ以外はキャンセル有料です。ドタキャンできる話ではありません。

キャンセル可能日の表記の仕方もトラブルになりがちです。画像の場合、

 

「12月23日までキャンセル無料ね?」

 

となりがちですが、実際は

 

「12月22日までがキャンセル無料」です。

 

【前日】という書き方がトラブルの元なので
必ず確認しておきましょう。

 

【トラブル回避方法】
予定がどうなるか分からない場合は、
必ず「キャンセル無料」のプランを
選択しておきましょう!

 

キャンセル料無料のプランは、「返金不可」に比べて少しだけ料金が高いということも覚えておきましょう。1泊分払うより全然安心な金額の差なので貧乏根性で最安を予約して、得する以上の損害を払うハメになるリスクもあるので注意してください。

 

リクエストが伝わっていない

リクエストとは、予約の際に「追加のベッド希望」や「送迎希望」などのことです。予約画面にボタンや備考欄がありますが、リクエスト内容がホテルに反映されていないトラブルがあります。このようなトラブルは多く、アゴダ側のミスとホテル側のミスと両方あるようです。事前にリクエストした内容がちゃんとホテル側に伝わっているか確認したい場合は、アゴダの予約フォームからホテルに直接コンタクトできるので、心配な人は直接ホテル側にメールを送って宿泊前に確認しておきましょう。

 

【トラブル回避方法】
直接ホテル側にメールや電話で
宿泊前に確認しておきましょう。

料金表示が分かりにくい

agoda(アゴダ)のサイトに限ったことではないですが、料金表示がわかりにくいです。他の海外のホテル予約サイトも同じ感じです。料金表示の「税」と「手数料」が加算されるのが最終画面なので「高っっ!」となってしまう現象ですね。これはエクスペディアやホテルズドットコムなども同様です。予約の際は、『最終ページの料金』をしっかりと確認してから決済しましょう。

【トラブル回避方法】
最終ページの総額を必ず確認してから確定する。
最初から10%くらいプラスして金額を見る。

 

 

トラブルがあっても連絡が取れない

「agoda(アゴダ)のサポートの対応が悪い」という書き込みが目立ちますが、これもagoda(アゴダ)限った話ではなく、海外のホテル予約サイトの書き込みにも一定数存在します。agoda(アゴダ)だけが多いわけではないのでネガティブな判断材料にはならない感じです。agoda(アゴダ)の日本語電話サポートは(09:00〜21:45)限定でフリーダイヤルもないので、他の24時間体制サポートの予約サイトと比べるとデメリットになります。agoda(アゴダ)の日本支社は東京や大阪など5箇所で、日本語のカスタマーサポート(09:00〜21:45)もあり予約自体は安心できます。現地でトラブルが起きる時間帯によっては通じないリスクは考慮してください。

【日本語電話サポート】

03-5767-9333

年中無休/9:00〜21:45

 

【トラブル回避方法】
24時間体制のサイトで予約する。

 

 

agoda(アゴダ)をトラブル回避する方法

「安全に楽しく海外旅行をする」ためにagoda(アゴダ)の利用でおさえておくポイントをチェックしておきましょう。トラブル回避には是非このプランがオススメです。

 

必ずキャンセル無料プラン + 後払いor現地払いプランを選ぶ

agoda(アゴダ)の良い所は「普通に使えば最も安い」ので手間が少ないです。「キャンセル無料・現地払い」と書かれたプランを選ぶだけです。デメリットとして「若干高くなる + ポイントが付かない」場合もありますが、そんな事よりも「安全に楽しく海外旅行をする」方が絶対的に優先です。トラブル回避には是非このプランがオススメです。

 

お問い合わせ先は必ずメモして出発する

何かあった時のために前もって必ず問合先をメモしておきましょう。アカウント画面からチャットでの問い合わせもできます。

 

受付時間 日本時間9:00 ~ 21:30
(年中無休)
日本から 03-5767-9333
海外から  +81-3-5767-9333
問合せページから 【ココ】から

 

 

貴重な海外旅行の時間を無駄に使わないように、できるだけ自分で回避しておくようにしましょう。
サイトも宿泊先も日本とは違う感覚の海外が相手です。キチッキチッとした日本の感覚は無い!!!と思って事前に動いておきましょう。

 

アジア圏最強の安さ!格安ホテル予約サイト「agoda/アゴダ」を口コミどおりなのか徹底調査!GO TOトラベル対象

超絶お得!ホテル予約サイト「agoda/アゴダ」のクーポンの種類のまとめと使い方

格安ホテル予約サイト「agodaアゴダ」を他社と比較!1番安く予約する方法はどれ?

Follow me!