使えるアプリ

PayPay(ペイペイ)ボーナス運用はお得に稼げるのか?実際にノーリスクで始める方法で試してみた!

投資と運用ってよくわかんないけどやってみたい!でも損するのは嫌だ!という人におすすめなのが、ポイント運用が人気です。今はdポイントやTポイント、楽天ポイントなどでも人気がでています。そして、スマホ決済の代表格のPayPay(ペイペイ)でもポイント運用が可能になりました。新たに始まったPayPay(ペイペイ)でのサービスは「ボーナス運用」です。このPayPay(ペイペイ)ボーナス運用を登録してみたのでメリット・デメリットも合わせて記事にしてみました。

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)のボーナス運用とは

PayPay(ペイペイ)が新たに始めた「ボーナス運用」は、2020年4月15日にPayPayアプリの中のミニアプリとしてスタートしました。スマホ証券のOne Tap BUYと提携して、投資に似た擬似体験ができます。原資はPayPay(ペイペイ)の決済で貯めた「PayPayボーナス」を使うのでポイント運用です。元々なかったポイントを使うと思うとハードルは低めでスタートできますが、あくまでも運用でなので元本は保証されていません。1円から24時間365日運用ができてリアルタイムで価格が変動します。運用コースは「チャレンジコース」と「スタンダードコース」の2種類から選べます。連動する商品は米国を代表する企業500社の株価の動きに連動したETFと連動する仕組みです。
2021年1月時点で180万人のユーザーが利用しています。

「ポイント運用」と「ポイント投資」の違い

PayPay(ペイペイ)のボーナス運用は、あくまでもポイントを利用した投資の疑似体験なので、実際に金融商品を購入するわけではなく、PayPayボーナスを「運用ポイント」として運用してリターンもポイントで返ってきます。PayPayボーナスは「PayPay残高」としてコンビニなどでも利用できるので実質現金同様にといえます。

ポイント運用 ポイント運用は、ポイントカードやクレジットカードを利用して得られるポイントを増やすために行うサービス。現金化せずにポイントのまま運用します。
ポイント投資 ポイント投資は、ポイントカードやクレジットカードを利用して得られるポイントで、株や投資信託などの金融商品を購入できるサービス。

ポイント運用は、リターンを現金で得る実際の投資とは違って運用の仕組みも違います。お得にポイントを増やすためにポイント運用の仕組みについて覚えておきましょう。

PayPayボーナス運用の特徴

PayPayボーナス運用の特徴を詳しく解説していきます。

PayPayボーナスで運用できる

PayPayボーナス運用は、PayPayボーナスで運用するので現金やクレジットカードでチャージしなくてもいいので、元々存在しないポイントなのでリスクなしで運用ができます。
PayPayボーナスは、PayPayの利用・決済で付与されるポイントです。自分の手持ちのお金を使うことがないので(実際使えない)メリットとなります。実際に、PayPayボーナス運用で利益が出たタイミングで引き出しをすれば、そのまま買い物で使えるのでお得です。もちろん、値下がりのリスクもあります。PayPayボーナス運用で還元されたボーナスを増やしてからショッピング利用すれば、還元率と運用を合わせて還元率をupできます。PayPayでは、決済額に対して「0.5%〜1.5%」のPayPayボーナスが還元されるので、月に1万円をPayPay利用すれば、50円〜150円分のボーナスを投資に回せます。

PayPay残高
の種類
特徴 ボーナス運用
の利用
PayPay
マネー
銀行やATMから現金でチャージした金額現金と同様の価値
PayPay
マネーライト
ヤフーカード・ソフトバンクまとめて支払い等からチャージしたPayPay残高
PayPay
ボーナス
PayPay利用時に付与される0.5%〜1.5%の還元ボーナス
PayPay
ボーナスライト
ヤフーショッピングなどのキャンペーン特典で還元されるボーナス

PayPay残高には、PayPayボーナスの他に、マネー・マネーライト・ボーナスライトの3種類がありますが、これらはPayPayボーナス運用で利用できません。

PayPayボーナス運用は手数料無料や口座開設不要

ボーナス運用の手数料は一切かかりません!運用手数料が無料なので、PayPayボーナスを好きな分だけ入れて好きなタイミングで引き出せるので気軽に利用できます。証券口座の開設やID登録なども不要です。ロボアドバイザーや投資信託などでは手数料がかかることも多いので、それに比べるとPayPayボーナス運用は手数料無料なので無駄な経費がかかりません!

PayPayボーナス運用は1円から運用&いつでも出し入れOK

PayPayボーナスは1円分のポイントから好きな金額を運用できすぐに運用を開始できます。端数の使い道がない人などは、増やすチャンスとなります。さらに、運用しているPayPayボーナスは、いつでも引き出しできるのでいざ使いたくなったらPayPayボーナス残高にチャージできるので安心です。ネオモバやフロッギー、SBI証券でのTポイント投資などは、最低でも100ポイントが無いと始められないので、1円から運用が始められるのはメリットといえます。PayPay(ペイペイ)のボーナス運用は24時間365日利用できます。

PayPayボーナス運用は未成年者でも利用できる

PayPayボーナス運用は、本格的な投資ではないので未成年者でも利用できます。投資に興味があっても実際の投資となると未成年の場合は親の承諾が必要になるなど始めるハードルは高く、承諾がおりるかもわかりません。しかしPayPay(ペイペイ)のボーナス運用は親の承諾も一切必要なしで、しかも1円から運用できます。PayPayボーナスなら損失がでたとしてもあくまでもポイントなのでダメージは少ないので投資の練習にもいいかもしれません。若いうちから投資・資産運用の体験ができます。

PayPayボーナス運用の増加分は非課税

PayPayボーナス運用で増やしたPayPayボーナスは、通常の投資と異なり、ポイント扱いのため非課税です。通常の投資の場合、儲かった分が収入とみなされ所得税を払わないといけませんが、PayPayボーナス運用分の利益はあくまでもポイントなので税金の支払いの対象になりません。そう考えるとできるだけ運用にまわして分母を大きくしたほうがオイシイ稼ぎ方ができそうです。

PayPayボーナス運用の仕組み

PayPayボーナス運用は、PayPayボーナスを㈱One Tap BUYの上場投資信託で運用してポイントが増減します。PayPayアプリ内の「ボーナス運用」のミニアプリから、One TapBuyの独自ポイントに自動交換して投資に似た擬似運用を体験することができます。みんなから集めたPayPayボーナスをOne Tap BUYがまとめて、間接的に複数のアメリカ企業の株価に投資信託している仕組みです。そこで利益があるかないかで、PayPayボーナスの金額が増えたり減ったりします。仕組みは少し複雑ですが、ユーザー側は、「PayPayボーナスを運用しているだけ」という感覚なので簡単に運用できます。

 
投資信託とは?
投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する金融商品。
 
 

One Tap BUYは、名前のとおりスマホでワンタップで株の買い付けができるスマホに特化した初心者向けの少額投資サービスです。One Tap BUYは、1,000円から楽天やソフトバンクなどの大手企業へ株式投資ができ初心者でも気軽に楽しめる投資サービスとして人気があります。現在One Tap BUYはソフトバンクの子会社で、2021年1月には「PayPay証券株式会社」に商号変更予定です。

PayPayボーナス運用は2つのコースから選択できる

PayPayポイント運用は、「短期運用向けチャレンジコース」「長期運用向けスタンダードコース」の2種類のコースから選べます。どちらのコースも、投資対象は「米国株式市場」になります。それぞれのコースをくわしくみていきましょう。

 長期運用向けスタンダードコース
 
銘柄:SPDR S&P500 ETF
 
スタンダードコースで運用される「S&P500」は、米国株の上位500銘柄(米国株式市場の80%)から構成される株価指数で、アップル・アマゾン・フェイスブック・ジョンソン&ジョンソンなどアメリカの代表的な株式で構成されています。社名だけで安心感があり、構成銘柄が多いのでリスク分散されているのでチャレンジコースと比較して「中長期投資」向けの運用コースです。リスク分散というメリットがあるので大きな値動きもないので、マイナスにはなりたくない!という安定型の人におすすめです。
 短期運用向けチャレンジコース
 銘柄:DIREXION S&P 500 3X(SPXL)

 
チャレンジコースは、変動が激しい短期運用型のコースで、簡単に言えば「ハイリスク・ハイリターン」な運用です。スタンダードコースの「S&P500」の3倍の値動きを
するコースです。スタンダードコースと比べて、値上がりも「3倍」、値下がりも「3倍」になるので注意が必要です。例えば、スタンダードコースが10%下落した場合、
チャンレジコースは30%下落します。所詮ポイントだから派手に運用したい!という人にはチャレンジコースがおすすめです。

 

どっちのコースがオススメ?

基本的には、スタンダードコースを選ぶのが無難です。どちらもS&P 500と呼ばれる将来有望なアメリカの企業に投資をする銘柄なので長期的な値上がりは期待できますが、チャレンジコースは、うまくいけば短期でがっぽり増えますが、減るときも一気に減るので「賭け」です。リスクを抑えたい人、攻めたい人、基本自由ですが、初心者は少額でスタンダードコースを選んでおくのがオススメです。

途中でコース変更ができない

一度運用したら途中でコースの変更ができません。違うコースに変更する場合は、一度引き出したあとで新しいコースを選択します。

PayPayボーナス運用の評判や口コミやメリット・デメリット

PayPayのボーナス運用の口コミをネットで検索してみると、メリットやデメリットまでさまざまな意見がありましたが、「1円から運用ができる」「出し入れが自由」などの高評価な意見や、「使えるのがPayPayボーナスのみ」という使いにくさのデメリットの声もありました。口コミとともにメリットデメリットをまとめてみました。

PayPayボーナス運用のメリット

簡単にメリットをまとめてみました。

  • 1円から気軽に投資の擬似体験(運用)ができる!
  • 24時間365日出し入れが自由
  • 証券口座を開設する必要なく、気軽に始められる!
  • 増加分は決済で利用可能&非課税
  • 実質元手ゼロで気楽!
  • 未成年者でも利用できる
  • 複数のコースを選択可能

 
PayPayボーナス運用で増やしたPayPayボーナスは、PayPay加盟店で利用できます。PayPayの強みは利用できるお店が断トツ多いことです。PayPayの加盟店は、2020年4月時点で全国で220万カ所あるのでかなりのお店で使えるハズです。PayPayボーナスは、現金として出金はできませんが、PayPay加盟店の支払いや送金に利用できます。どんどん増やしてお得に利用しましょう。PayPayボーナスをもらったらボーナス運用にまわして、必要な時に引き出して使えばOKです。

PayPayボーナス運用のデメリット

次はデメリットも確認しておきましょう。

  • PayPayボーナスしか使えない
  • 途中でコース変更ができない
  • 株式・投資信託の購入(現金化)は不可
  • PayPayステップは対象外
  • PayPayボーナスが減る可能性もある

 
ボーナス運用はPayPayステップの対象外なので、還元率を引き上げることはできません。PayPayステップは、PayPayで決済した金額に付与されるポイントの還元率が変わる特典です。利用状況や条件で還元率が0.5%~1.5%に変動します。PayPayステップは、あくまで買い物での決済のみの対象制度です。そして、PayPayボーナス運用は気軽に始められるサービスですが、あくまでも投資・資産運用なので「ノーリスク」ではありません。運用がマイナスになると、元本(PayPayボーナス)が減る事もあります。減っているときに引き出さないほうが無難です。PayPayボーナス運用のコツは中長期で運用することなのでマイナスなときに引き出してしまうと損なので上がるまで長い目で待ちましょう。

PayPay(ペイペイ)のボーナス運用をノーリスクで行う方法

少ない還元率でやっと貯めたPayPayボーナスを減らしたくない!と思う人に朗報です。実はPayPay(ペイペイ)のボーナス運用をノーリスクで始められる方法があります。
ポイントサイトのような「Quick Point」というサービスでPayPayボーナスがもらえます。このQuick PointでPayPayボーナスを貯めてからボーナス運用をすればノーリスクで利用することができます。PayPayを利用している人ならすぐに登録できます。
【Quick Point公式サイト】から登録すると「最大1万円相当が当たるPayPayボーナススクラッチ」が利用でき、ラッキーな人は1万円分が投資に利用できます。

↓↓↓詳しい手順はこの記事から↓↓↓

Quick PointでポイントをタダでもらってPayPayペイペイボーナス運用をノーリスクでスタートする手順 少ない還元率でやっと貯めたPayPayボーナスを減らしたくない!と思う人に朗報です。実はPayPay(ペイペイ)のボーナ...

PayPayボーナス運用を実践してみた!

実際にPayPay(ペイペイ)のボーナス運用をやってみました。

Quick Pointを使ってPayPayボーナスを19円相当を獲得できたのでそれプラス52円のPayPayボーナスを合わせた合計71円分を「チャレンジコース」で運用してみました。わずか数日ですが、早速2円増えていました!投資とか運用って無知ですが、これ分母が大きければかなりプラスが作れるってことですよね?かなりメリットじゃないですか?普通預金に比べたらとんでもない返還率ですよね!

他のポイント投資との比較

PayPayボーナス運用と似た他のポイント投資との違いを比較してみましょう。まず、ポイント投資系のサービスは、PayPayボーナス運用のようなポイントをポイントのまま運用する「ポイント運用」とネオモバや日興フロッギーのようなポイントで実際に株式やファンドを購入が可能な「ポイント投資」の2種類に大別できます。

※表は横にスライドできます。

項目 ポイント投資 ポイント運用
内容
  • ポイントで株や投信が買える
  • 売却すれば「現金」になる
  • ポイントのまま運用する
  • ポイントとして引き出す
具体的な
サービス
  • ネオモバ
  • 楽天ポイント投資
  • 日興フロッギーなど
  • au PAYポイント運用
  • PayPayボーナス運用
  • dポイント投資など
利用可能な
ポイント
  • Tポイント
  • 楽天ポイント
  • dポイントなど
  • Pontaポイント
  • PayPayボーナス
  • dポイントなど

さらに詳しい内容は
↓↓↓この記事にまとめてあります↓↓↓

PayPayペイペイボーナス運用を他社のポイント運用と比較してみた!ポイント運用とポイント投資の違いも合わせて PayPayボーナス運用と似た他のポイント投資との違いを比較してみましょう。 「ポイント投資」と「ポイント運用」の違い まず...

まとめ

PayPayボーナスの運用は、「PayPayボーナス」を利用して投資の擬似体験ができるサービスで証券口座の開設や手数料も不要で気軽に投資の体験ができます。PayPayボーナスを増やせば、どんどん買い物できる金額も増えるのでお得です。最低運用額が1円からというのはかなりのメリットで、未成年でも利用でき投資に興味がある人にオススメできます。さらに!手数料無料でいつでも出し入れ自由!です。あくまでも投資運用なのでマイナスのリスクはありますが、銀行預金の金利と比べると格段に素晴らしいので無理のない範囲でチャレンジしてみていいかな?という印象でした。

 

【2021年4月最新】あれ…?改悪の嵐!驚異の還元率だった…あのPayPay(ペイペイ)は今…paypayボーナスはまだ稼げるのか?2019年からスマホ決済の種類が爆発的に増え、クレジットカードや電子マネーよりスタンダードになりつつあるスマホ決済ですが、その中でも代表...
設定カオス!PayPayペイペイで5,000円以上使いたいけどもう設定がもはや分けわからん!分かりやすい設定方法の説明付き IT音痴…わかります。 「何?その単語…」 「もうめんどいから使わねーわ!」 「設定の何をどうしたか記憶がない...
PayPay(ペイペイ)マイストア機能で新規顧客を勝ち取る!クーポンやレビューのPayPay for Businessの新機能追加で新たなSNS発信として利用しよう 今回はPayPay(ペイペイ)の「PayPayマイストア」という機能について調べてみました。インスタグラムやTwitterやライ...
スポンサーリンク