スマホ決済

ユニクロ限定で使える「ユニクロペイ」はポイント還元なし!クレカ連携かd払いやauPAYやPayPayなど他のキャッシュレス決済のほうがお得!

 

 

2021年1月19日から、ユニクロの公式アプリに、QRコード決済機能「ユニクロペイ(UNIQLO Pay)」が追加されました。ユニクロペイ(UNIQLOPay)は、ユニクロ店舗内で買い物の決済ができるキャッシュレス決済サービスです。今回は、ユニクロペイの詳細メリットなどみていきましょう。

 

ユニクロペイ(UNIQLOPay)とは

ユニクロペイ(UNIQLOPay)は、ユニクロ公式アプリ内に搭載されたキャッシュレス決済サービスです。

 

  • 登録無料
  • 銀行口座かクレカを登録
  • ユニクロ会員証提示と支払いが同時にできる
  • QRコード決済

 

ユニクロペイを使えば、セルフレジでユニクロアプリの「会員証QRコード」を読み込むだけで、会員情報の読み込みと決済が同時に完了します。すでにユニクロ公式アプリをダウンロードしている場合は、アプリをアップデートすれば利用できます。
ユニクロを運営するファーストリテイリング社は、2019年7月1日に「UNIQLO Pay」の商標を登録しています。また7月23日には、「ユニクロウオレット」という商標も登録されていました。ユニクロペイとユニクロウォレットを合わせた何かがリリースされる可能性もあるかもしれません。

 

 

ユニクロペイの特徴

ユニクロペイの特徴は、以下の3つです。

 

  • 会員登録無料
  • 好みのお支払い方法を選択可能
  • ユニクロ会員証提示と支払いが同時完了

 

スポンサーリンク

ユニクロペイは登録無料

このキャッシュレス決済だらけの昨今ではあたり前ですが、ユニクロペイの登録は無料です。

 

 

ユニクロペイは銀行かクレジットカードを登録

ユニクロペイに紐づけできるのは銀行とクレジットカードだけですが、登録できる銀行は少なくメガバンクのみずほ銀行が入っていません。

 

銀行 クレジットカード
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress

 

ユニクロペイは事前チャージが不要です。銀行を紐づけした場合は、即時引落しになり口座に残高がないと決済できないので注意してください。クレジットカードは主要3つの国際ブランドが入っているのでクレジットカードのほうが利便性がありそうです。クレジットカードを紐づけした場合は、各クレジットカード会社の請求日に請求されます。

 

ユニクロ会員証提示と支払いが同時にできる

ユニクロペイは、QRコードの読み取りだけで「会員証提示」と「決済」が同時に完了します。2つの作業が1回で完了します。これまでのユニクロの支払い時には、会員証提示と支払いが別々だったので、いちいち会員証と現金やクレジットカードを出したり、レジが混みあう原因でしたが、ユニクロペイなら、QRコードの読み取りだけなので簡単でスピーディーに会計ができます。とはいえ、セルフレジでも慣れていないと余計に時間がかかっている印象しかありませんが…。

 

 

ユニクロペイの還元率

「なんとかペイ」と呼ばれるキャッシュレス決済には決済ごとにポイント還元がありますが、ユニクロペイにはポイント還元がありません。還元率は0%です。ポイントが付与されるとしたら、ユニクロペイに紐づけたクレジットカードの還元だけです。メリットとしては、ユニクロでの決済をスピーディーにするだけの機能です。

 

 

ユニクロペイの利用限度額

ユニクロペイの利用限度額は、以下のとおりです。

 

カウント 上限金額(税込)
1回 3万円
1日 5万円

 

 

ユニクロペイのメリット

ユニクロペイのメリットは下記のとおりです。

  • 事前チャージは不要
  • ユニクロ会員証提示と支払いがひとつになってスピーディー
  • サインや暗証番号が不要

ポイント付与がない分メリットと言えるものがかすんでみえます。今や当たり前のメリットしかありません。あえて挙げるとすれば、銀行からわざわざチャージする手間がないくらいでしょうか。他のなんとかペイでは、銀行紐づけしても一旦「チャージ」の手間があるので、「5,000円分しか買わない!」とチャージしても会計が5,500円ならさらに500円をチャージしないといけませんが、ユニクロペイの場合はチャージ不要でデビットカードと同じ仕組みで口座から即時引落しになるので手間がありません。

 

 

ユニクロペイのデメリット

ユニクロペイのデメリットは下記の通りです。

  • ポイント還元がない
  • 登録できる銀行口座が少なすぎる

もう、デメリットというか保身のためとしかいいようがない感じがします。ユニクロには通常の購入ポイント付与がありません。その時点で「は?」という感じですが、ユニクロペイなら決済ポイントが貯まるだろ!と思っていたら「ない…( ;∀;)」実は私自身、勝手にポイントが貯まってると思って使っていましたが、購入履歴が分かるとか、ときどきお得ななんかがあるだけで、実際のところ、店側がデータを集めれるだけの意味のない感じだったんですね…。残念でした。

 

 

他のキャッシュレス決済のほうが便利でお得

ユニクロでは、PayaPayやd払いなどの有名なQRコード決済が利用できます。ポイントも貯まるしどこでも使えるので、ユニクロペイをわざわざ使う理由が今のところ見当たりません…。ユニクロ側は「他社のキャッシュレス決済手数料を削減したい」くらいにしか感じなので今後なんとかしないと大丈夫?という個人的な思いはあります。

 

 

ユニクロペイにおススメのクレカ

一応、ユニクロペイでもポイントを獲得したい場合は、クレジットカードを連携するしかないのでおススメのクレカを紹介しておきます。

 

 Visa LINEPayカード

MAX還元率3%
(2021年4月末迄その後1%)

Visa LINEPayカードは、LINEと三井住友カードが発行するクレカです。初年度年会費無料で、2021年4月末まで還元率が3%で最も還元率が高いクレカです。毎年1回でも利用すれば翌年度の年会費が無料になります。2021年以降も還元率1%なので年会費無料のクレカの中でも、還元率が比較的高いです。VISAカードで最近実装されているVisaのタッチ決済も使えます。

 

LINE Payに高還元すぎる「Visa LINE Payクレジットカード」の全貌を暴く!2020年5月最新情報LINE payを利用している人には、大注目の「Visa LINE payクレジットカード」が申込開始となりました。 高還元率のポイン...

 

 

 Kyash

MAX還元率2%
(リアルカードで通常1%)

Kyashは紐づけたクレカからチャージして利用するプリペイドカードです。還元率1%のクレジットカードからチャージして、Kyashを決済をすれば実質還元率は2%になります。リアルカードは発行手数料で900円がかかります。

 

2020年の新キャッシュ「Kyash Card」衝撃の900円のメリットは?切替る?このまま? デビュー当時還元率2%というメリットでスタートしたものの、現在は最高1%…のKyash(キャッシュ)。そして、2020年...

 

 

 リクルートカード

MAX還元率1.2%

リクルートカードは、大手人材会社のリクルートが発行するクレカです。貯まったリクルートポイントは、1ポイント=1円分でホットペッパー関連のサービスで利用できたり、Pontaポイントにも交換可能です。交換したPontaポイントは、ローソンでの支払いやauPAY残高チャージにも利用できます。月額3万円までのモバイルSuicaへのチャージも還元対象でかなりお得です。

 

年会費永年無料で唯一の高還元クレジットカードとなった「リクルートカード」お得なポイント1.2%のメリットと内容に迫る!電子マネーチャージにおすすめ 年会費無料でとにかくポイントが貯まりやすいクレジットカードとして現存しているといえば「リクルートカード」です。 REX CAR...

 

まとめ

ユニクロ公式ページには「お得なキャンペーンも続々。」と記載されていますが具体的なキャンペーン開催内容は書かれていません。私が経営者ならリリースと同時に開催しますが…。きっと「続々」と発表されるんでしょう。現段階ではユニクロペイはメリットがある!とは言い切れません。ユニクロではPayPayやd払いが使えるので、お得に利用した人にはそちらのほうが今のところお得です。(2021年1月時点)

ユニクロペイで一番得をするのはユニクロ側で、ユニクロペイの導入で「スタッフの削減」「年代別などの購入データ収集」「他社キャッシュレスの手数料削減」などオイシイメリットだらけです。ユニクロの熱狂的なファンなら貢献してあげたい!というレベルです。あまり酷評が書きたくないですが、正直現状はそんな印象しかありません。

 

 

 

スポンサーリンク