スマホ決済の残高を「現金化」できるアプリはどれ?現金化できるQRコード決済の手数料や使い方をまとめてみた!

キャッシュレス決済がだんだん身近なってきましたね。いろいろな決済アプリを試してみて「コレ使わないな」とアプリ精査がされる頃かなーという感じのこの時期、私自信もたくさんのアプリ決済を試してきましたが、使うものは決まってきた感じです。まぁ単に現金のほうが使い勝手がいいや!と現金派の人もチラホラいそうですし。
「これ、もうやめよう!」と思ったときに面倒なのが、残高の後始末…。中途半端な残高を使い切りできればいいですが、一気に残高0円にしたいですよね?

合わせて読みたい参考記事【キャッシュレス決済と現金併用】

そこで!今回は「残高を現金で引き出す機能」(現金化)があるスマホ決済アプリを集めてみたので参考にしてみてください。
以前に紹介した「PayPayマネーライトをジャパンネットバンクに残高移行できるのか?」という記事を深堀りして、「現金化できる」=「出金できる」という意味でのアプリをまとめて解説します。

 

 

 

まず最初に!【前置き】クレカチャージした残高は出金できない

まず最初に「現金化できる」という表現の説明からしたいと思います。
今回紹介する決済アプリでいう「現金化できる」は、「出金できる」=「元の現金に払い戻し」という意味合いです。

 

全アプリ共通ですが、「出金できる」のは、あくまでも「現金でチャージされた残高」「現金でチャージされた残高からの送金受取金」というものに関してです。
「PayPayマネーライトをジャパンネットバンクに残高移行できるのか?」の記事で説明済ですが、クレジットカードからチャージした残高は一切現金として出金ができません。送金はできますが、受け取った人はATMで現金として引き出しできません。アプリ内で決済するしか残高の消化ができません。

 

 

どんな場面で「残高の現金化」ができると便利なのか

上記した単純な理由以外にも、例えば2人でランチに行って一人がまとめてお会計をした、友人数人で1つのプレゼントを購入する分を一人がみんなの分を立て替えて購入した、など「後からお金を渡す」という場面のときに、アプリ決済の「送金機能」が便利です。同じ決済アプリをお互い利用していれば、タップするだけで振込手数料も不要で送金できるので気軽に現金の受け渡しができて、スマホ決済アプリの大きなメリットです。
でも、PayPay残高はPayPayでしか使えないし、LINE Pay残高はLINE Payでしか使えません。なので、一応PayPayは登録しているけど全然使ってないからPayPayに送金されても困るんだよねー、とういうケースも出てきますね。そんなときは、送金してもらった残高が「現金化」できるなら問題解決ですね。

例えば、au PAYをメインに使っているから1万円をチャージした、翌日paypayで20%還元キャンペーンが始まった!paypayのチャージしなおしたい!!!とか、間違ってちがうアプリにチャージしてしまった!というケースで使えます。これ、現金でチャージしていて今回紹介するアプリなら返金できることになるのでセーフですが、クレジットカードチャージの場合はアウトです。使い切るしかありません。

 

 

スマホ決済アプリの出金機能(現金化)とは

まず最初に、スマホ決済アプリの出金機能とは何ぞや?という話です。ま、そのままですが、スマホ決済アプリにチャージした残高を元に戻すという意味です。アプリ決済の中には、一旦チャージしてしまうと使い切るしかない設定のものもたくさんありますが、一部スマホ決済アプリの中に出金できるものがあるのでそれを利用すれば、アプリの加盟店でしか使えない!というしばりが消えて現金としてまた使えるから便利だよね?って話です。じゃあ実際どうやって出金するの?
スマホ決済アプリの出金方法は「銀行口座への振込」と「セブン銀行ATMでの出金」の2とおり。アプリによっては「銀行口座への振込」しか対応できないものもあります。
「セブン銀行ATMでの出金」のみに対応しているアプリはありません。

 

【銀行口座への振込】
ユーザーの銀行口座へ残高が振り込まれる機能で、振込できる銀行・手数料・振り込まれるまでの時間は各アプリによって違います。
※振り込まれた銀行口座から現金を引き出す手数料などは各銀行によります。

 

【セブン銀行ATMでの出金】
アプリ内の残高をセブン銀行ATMから直接現金で引き出す機能です。セブン銀行の口座やキャッシュカードは不用で、スマホがあれば現金を引き出せます。手数料などはアプリによって違います。「セブン銀行ATMでの出金」の操作方法はどのアプリでも同じです。

 

   ①アプリ側で出金操作をして「確認番号」を発行

②セブン銀行ATM側で「カードを使わない番号入力での取引」から操作

 

どちらも画面の指示どおりに必要情報を入力すれば簡単に出金できるようになっています。

 

残高をゼロにしたい!電子マネーと現金併用はできる!使い切りたい場合はコンビニで suica PASMO ICOCA 楽天edy nanaco waon

 

 

出金(現金化)できるアプリの種類

では、たくさんあるスマホ決済アプリのなかで、実際の出金できるアプリは現状下記のアプリです。

 

決済系アプリ ・LINE Pay

・au PAY

・PayPay

・d払い

・メルペイ
(送金機能はなし)

送金系アプリ ・pring

・J-coin Pay

 

 

出金(現金化)できる「決済系アプリ」

まず決済系アプリから紹介します。この決済系アプリの特徴は「決済できる加盟店が多い」ことと「決済のポイント還元がある」ことです。ポイント還元キャンペーンも頻繁に開催されていて、使えば使うほどポイント還元の「お得さ」があります。有名どころの「楽天ペイ」は現在送金機能のみで出金機能は停止中なので今回は対象外扱いしています。

 

LINE Pay(ラインペイ)

チャットアプリ「LINE(ライン)」内の決済機能で人気なのが「LINE Pay(ラインペイ)」です。LINE Money(ラインマネー)は出金できますが、LINE Cash(ラインキャッシュ)は出金できません。
出金機能を使うには、LINE Pay(ラインペイ)上で本人確認を済ませる必要があります。銀行口座を登録すると本人確認されたとみなされます。

銀行口座の登録方法は、LINE Payの「設定」>「本人確認」>口座を選択して画面指示通りに進めるだけです。
銀行口座への出金操作は、LINEアプリ内のLINE Pay画面下部にある「設定」から「出金」で実行できます。
セブン銀行ATMへの出金は「LINE Pay」画面にある「セブン銀行ATM」をタップし、「出金」をタップするだけです。

 

出金機能 銀行口座への振込 セブン銀行ATM
出金できる
金融機関
・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行・イオン銀行・auじぶん銀行・ほか地銀など合計100行以上(2020年3月時点)
【詳しくはココから】
出金可能単位 1円単位 1,000円
1,000円単位
上限金額 10万円/日 1万円/日
出金手数料 220円 220円
出金までの時間 即時 即時

 

現状No,1の還元率!? 新マイランク制度開始のLINE Pay(ラインペイ)でごっそり稼ぐ!

 

au PAY(auペイ)

KDDIが運営する「au PAY」の出金機能は「銀行口座への振込」で「auじぶん銀行」のみ対応しています。「付与されたポイント」「auかんたん決済」「クレジットカード」「au WALLET チャージカード」からチャージした残高も出金できません。
アプリで「じぶん銀行」の口座を連携している人だけメニュー画面から「払出する」が表示されるので、出金したい場合は、そこから案内どおりに操作するだけです。

 

出金機能 銀行口座への振込 セブン銀行
ATM
出金できる
金融機関
auじぶん銀行
(2020年3月時点)
未対応
出金可能単位 1円単位
上限金額 10万円/回
出金手数料 2万円未満:220円
2万円超:出金額の1%+税
出金までの時間 即時

 

auPAY (auペイ)お得すぎる裏技でP最大60倍?Pontaポンタポイントが貯まる基本情報のまとめ

 

PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)で銀行に振込ができるのは「PayPayマネー」のみです。「本人確認後に銀行口座からのチャージ」「ヤフオク!やPayPayフリマの売上金からのチャージ」した残高のみ出
金ができます。これ以外のキャンペーンなどで付与された残高は出金できません。PayPay(ペイペイ)の出金機能は「銀行口座への振込」だけで、出金するには「本人確認」と「口座登録
の2つの条件クリアしないといけません。これはマネーロンダリングなどの不正利用防止のためで、本人確認をしていないアカウントは出金することはできません。
出金方法は「残高」タブの「出金」をタップして案内どおりに進むだけです。本人確認が済んでいない場合は、受取用の銀行口座を登録して本人確認をしましょう。
ジャパンネット銀行口座以外の出金は、翌~4営業日くらいかかるので余裕を持って手続きしましょう。

 

出金機能 銀行口座への振込 セブン銀行
ATM
出金できる
金融機関
・三井住友銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・イオン銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行
※ほか地銀など合計60行以上(2020年3月時点)【詳しくはココから】
未対応
出金可能単位 1円単位
上限金額 50万円/24時間
出金手数料 ジャパンネット銀行:無料
ジャパンネット銀行以外:100円
出金までの時間 ジャパンネット銀行:即時
ジャパンネット銀行以外:翌日~4営業日

 

【2020年4月改定版】驚異の還元率だったPayPay(ペイペイ)ボーナスでまだ稼げる?やるなら今すぐアレを準備して!

 

d払い

ドコモが運営するスマホ決済の「d払い」はドコモユーザー以外でもdアカウントを作れば利用できます。「銀行口座への振込」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応していて出金機能を使うには銀行口座を登録しないといけません。
銀行口座への振込の場合は、「d払い」アプリの「ウォレット」タブにある「出金」をタップして案内どおりに操作します。ドコモユーザーの場合は、セブン銀行ATMで出金することもできますが「ドコモ口座」アプリが必要でそこから出金操作をします。

 

出金機能 銀行口座への振込 セブン銀行ATM
出金できる
金融機関
・三井住友銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・イオン銀行
※ほか地銀など合計19行に対応(2020年3月時点)

【詳しくはココから】

出金可能単位 1円単位 1,000円
1,000円単位
上限金額 2万円/日
※月5回まで
10万円/回
※月10回まで
出金手数料 【みずほ銀行】
初回:110円
2回目~:220円
 *** 
【みずほ銀行以外】
220円
220円
出金までの時間 翌日~2営業日中 即時

 

ドコモなら今すぐ!! d払いの頻繁な10~20%還元で短期&爆発的にdポイントを稼げる!

 

メルペイ

メルカリの売上金で決済できるのが「メルペイ」です。QRコード決済もできますが、基本iD(アイディ)経由の電子マネー決済のカテゴリーになります。
メルカリでの売上金は強制的にメルペイ残高となるので、現金で欲しい場合はメルペイ残高の「振込申請」の手続きをするしかありません。
出金機能は「銀行口座への振込」のみで、金額・回数に関係なく1回につき200円の振込手数料が必要です。出金は201円から可能で、メルペイ残高(売上金)が200円以下の場合は出金ができません。 翌営業日〜翌々営業日に振り込まれる「お急ぎ振込」の場合は400円の手数料がかかります。
なお、振込先口座の情報が間違っていた場合、振込みは行われず、手数料を差し引いた金額が残高に戻されます。

振込申請の操作は、「メルカリ」アプリの「メルペイ」タブ>画面下部の「振込申請」をタップして口座を指定&金額を入力でOKです。

 

出金機能 銀行口座への振込 セブン銀行
ATM
出金できる
金融機関
イオン銀行SBJ銀行、ジャパンネット銀行みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行
※ほか地銀など対応(2020年3月時点)
【詳しくはココから】
未対応
出金可能単位 1円単位
上限金額 なし
出金手数料 通常:200円
お急ぎ振込:400円
出金までの時間 振込スケジュールによる

 

何故に!? 利用ポイントなしのメルペイが支持される理由!?フリマ以外で超お得技ってあるの?

 

 

出金(現金化)できる「送金系アプリ」

「送金系アプリ」は決済系アプリと比べると決済やお得感で比べるとかなり劣りますが、出金機能の手数料が原則無料です。
どちらかというと銀行口座のような使い方をするのに役立つアプリです。ものを買うというよりは、お金を動かす機能にたけた機能です。

 

pring(プリン)

「pring」(プリン)は2018年3月にスタートしたマネーアプリです。お金を「送る、もらう、払う、チャージする、口座に戻す」が基本無料で使えます。
「銀行口座への振込」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応していて、どちらも月1回まで出金手数料・2回目から220円の手数料がかかります。

 

出金機能 銀行口座への振込 セブン銀行ATM
出金できる
金融機関
・三井住友銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行・イオン銀行・auじぶん銀行
※ほか地銀など合計40行に対応(2020年3月時点)【詳しくはココから】
出金可能単位 1円単位 1,000円
1,000円単位
上限金額 50万円/日 10万円/日
出金手数料 1回目:無料
2回目~:220円
1回目:無料
2回目~:220円
出金までの時間 当日~翌々営業日中 即時

 

改悪した?スマホ送金アプリ「pring(プリン)」とは?手数料や出金上限の改定もまとめて解説!新機能「投げ銭」スタイルも

 

J-Coin Pay(Jコインペイ)

J-Coin Pay(Jコインペイ)は、みずほ銀行が運営するスマホ決済サービスです。ポイント還元や大型キャンペーンはないですが、銀行口座からのチャージや口座への出金が無料です。
出金機能は「銀行口座への振り込み」のみです。1日あたりの出金金額の上限は3万円ですが、本人確認の手続きをすると1日50万円まで増やすことができます。

 

出金機能 銀行口座への振込 セブン銀行
ATM
出金できる
金融機関
・みずほ銀行
※ほか地銀など合計90行に対応(2020年3月時点)
【詳しくはココから】
未対応
出金可能単位 1円単位
上限金額 3万円/日

本人確認後:50万円/日

出金手数料 無料
出金までの時間 当日~翌営業日中

 

J-coinPAY(Jコインペイ)は1円から上限なし手数料無料のATM!ポイント還元はないがメリットあり

 

上記アプリ比較まとめ

各アプリの詳細はメリット・デメリットがありますが、スマホ決済アプリで何を重要視するかで選んだハズです。
今回は出金にフォーカスしているので、解約や出金の事まで考えて選ぶとここまでチェックしておいたほうがいいということになります。

 

LINE Pay au PAY PayPay d払い
ポイント還元
あり あり あり あり
出金方法
・銀行口座へ振込
・セブン銀行ATM
銀行口座へ振込 銀行口座へ振込 ・銀行口座へ振込
・セブン銀行ATM
対応金融機関数
100以上(銀行) じぶん銀行のみ 60以上(銀行) 19(銀行)
手数料
銀行振込 220円 2万円未満:220円
2万円以上:出金金額の1%+税
100円
※ジャパンネット銀行は無料
220円
※みずほ銀行は1回目110円
セブン銀行
ATM
220円 220円
出金までの時間
銀行振込 原則即時
※平日9-15時
即時 翌~4営業日中 翌~2営業日中
セブン銀行
ATM
即時 即時
出金上限
銀行振込 10万円/日 10万円/回 50万円/日 2万円/回
セブン銀行
ATM
1万円/日 2万円/回

 

メルペイ pring
(プリン)
J-Coin Pay
(Jコインペイ)
ポイント還元
なし なし なし
出金方法
銀行口座へ振込 ・銀行口座へ振込
・セブン銀行ATM
銀行口座へ振込
対応金融機関数
70以上(銀行) 40(銀行) 90(銀行)
手数料
銀行振込 通常:200円
お急ぎ振込:400円
銀行:無料
※楽天銀行は4回目以降220円
無料
セブン銀行ATM 無料
※1日2回目以降220円
出金までの時間
銀行振込 ゆうちょ銀行以外:1〜2日
ゆうちょ銀行:3〜4日
当日~2営業日中 当日~翌営業日中
セブン銀行ATM 即時
出金上限
  なし 10万円/日
10万円/日
50万円/日(最大)
         

 

 

全国25,000か所にあるセブン銀行ATMで出金できる

今回の比較で「セブン銀行ATM」の使い方を新たに知った人も多いかと思います。口座やキャッシュカードなしで出金できるシステムはかなりのメリットです。
セブン銀行ATMは全国に約25,000か所あります。(2019年3月期)メガバンクでATMが1番多いみずほ銀行で約7,000か所(みずほ銀行ATMと同機能が使えるイオン銀行ATMを合わせた数)なので数の多さが一目瞭然です。

 

 

自分の複数口座間のお金の移動にも使える

今回の「現金化」という話から少しズレますが、アプリを使って「自分の複数の銀行口座間のお金の移動」も無料でできます。
たとえば、給与振込口座と生活費の引落口座が違う場合、両方の口座をアプリに登録しておけば、アプリを介して「チャージ→出金」で、実質無料で口座間のお金の移動もできます。(金額の上限あり)

最後に、メガバンク3行の振込手数料を記載しておきます。「他行宛ての振込」で「3万円以上」の場合、スマホ決済アプリのほうが安い手数料で利用できる場合もあるので(みずほ銀行の場合は3万円未満でも同じ)。細かい金額でもチリツモで節約にはつながります。

 

三菱UFJ銀行の振込手数料
三菱UFJ銀行宛て 3万円未満 0円
3万円以上 0円
他行宛て 3万円未満 220円
3万円以上 330円

 

みずほ銀行の振込手数料
みずほ銀行宛て 3万円未満 220円
3万円以上 220円
他行宛て 3万円未満 330円
3万円以上 440円※いずれもATMでみずほ銀行キャッシュカードを利用の場合

※いずれもATMでみずほ銀行キャッシュカードを利用の場合

 

三井住友銀行の振込手数料
三井住友銀行宛て 3万円未満 0円
3万円以上 0円
三井住友銀行本支店宛て 3万円未満 110円
3万円以上 110円
他行宛て 3万円未満 220円
3万円以上 440円

※いずれもATMで三井住友銀行キャッシュカードを利用の場合みずほ銀行の振込手数料

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「出金できる機能がついたアプリ」の紹介をしました。現金化という言い方は厳密には語弊がありますが、わかりやすく言えば「払い戻し」ですね。今後のアプリの終焉に向ける人、送金する際に相手に迷惑がかからないように、現金でのチャージ分は「引き出しできる」ということを念頭に使ってみましょう。
便利なスマホ決済も調べていくと奥が深いですね。

 

【2020年最新】キャッシュレス決済と現金併用クレカ併用はできるのか?一覧まとめ

残高をゼロにしたい!電子マネーと現金併用はできる!使い切りたい場合はコンビニで suica PASMO ICOCA 楽天edy nanaco waon

できる?できない?PayPayマネーライトをジャパンネットバンクに残高移行できるなら助かるんだけど

【裏技】ジャパンネット銀行へ3万以下でも手数料無料で入金する方法

 

Follow me!